eFootball™ 2023 Season 1 Patch Notes

サッカーを愛するみなさん、こんにちは。
今回は、いよいよ新シーズンが開幕した『eFootball™ 2023』のv2.0.0アップデートの内容についてお伝えします。

【PlayStation®5、PlayStation®4、Xbox Series X|S、Xbox One、Windows、Steam®、iOS、Android】

※以下に記載されている変更内容の一部は、モバイル版『eFootball™ 2022』v1.1.4で実装されているものも含みます。

ゲームプレイに関する調整、修正

新たなシーズンを迎える今回のアップデートでは、よりリアルで納得感のある対人対戦をお楽しみいただくため、特に「選手の操作性の向上」と「個性表現」、さらに「適正なゲームバランス」を大きなテーマに、多数の調整を行いました。
ここでは、その内容をいくつかピックアップしてご紹介します。

操作性の向上

攻守における選手の移動レスポンスを向上しました。
守備時はダッシュから停止や方向転換をするときに過度に慣性がかかっていた箇所を軽減し、ドリブルする相手の切り返しや、反転して相手を追いかけるようなときに、レスポンスよく反応できるようになりました。
攻撃においても、ドリブルに関するアニメーションやボールをタッチするスピードを見直し、ボールコントロールの操作性が向上しています。
これらの調整により、ボールをめぐる1vs1の攻防はさらに白熱するでしょう。

個性表現の進化

選手個性の表現についても見直しを行いました。

守備時の加速力について、これまでは瞬発力のパラメータのみが影響していたため、ディフェンス能力の高いディフェンダーの能力が十分に表現できておらず、反対にそれほど守備を得意としないフォワードの選手が、前線でボールを奪いやすすぎる問題がありました。 これらを改善するため、守備時の加速力にディフェンスセンスとGKセンスのパラメータも影響するように変更しました。 これにより、ディフェンスセンスの高いディフェンダーやGKセンスの高いGKは、守備時のボールへの寄せがより速くなり、反対にディフェンスセンスが高くないフォワードの選手は、これまでより守備時の加速が下がります。

トラップについても、パラメータの影響を見直しました。 これまではトラップのすばやさは瞬発力のパラメータをベースにしていましたが、ボールコントロールのパラメータが影響するように変更しました。 また、身長が高いほど動きが遅くなっていましたが、その影響を緩和しました。 これにより、身長が高くてもボールコントロールのパラメータが高い選手は、すばやくトラップして次のプレーに移ることができるようになります。

フェイントも同様にパラメータの影響を見直し、ドリブルのパラメータの影響を大きくして、身長の影響を緩和しました。 これにより、身長が高くてもドリブルのパラメータが高い選手は、これまでよりすばやくフェイントできるようになります。 一方、不自然に連続でフェイントを繰り返すことができたり、試合終盤の疲労している状態でもキレのよいフェイントができてしまう点には不自然さがありました。 そこで、スタミナが減少するとフェイントのスピードが下がり、連続でフェイントを行うと、一時的な疲労によりフェイントのスピードが低下するよう調整しました。 また、フェイントを繰り返した場合の試合を通したスタミナの減少も、より大きくなるよう変更しました。

上記に挙げた以外にも、選手の個性がより反映されるさまざまな調整を行っています。
これまでその個性がうまく表現できていなかった選手たちが、その強みを発揮できるようになったことで、新たな戦術や選手起用の可能性も広がるでしょう。

ゲームバランスの調整

コーナーキックにおける攻守のバランス調整

現実のサッカーにおいてコーナーキックは重要な得点チャンスですが、これまでのバージョンでは、得点パターンに非現実的なものが見られたため、キックの弾道と精度を調整しました。 また、ディフェンスとゴールキーパーのポジショニングや反応も調整しました。

キックオフ時のディフェンス

現実と比較して、キックオフ直後のゴールが多すぎる点も課題でした。 これについても、キックオフ時の守備側のマークとディフェンスラインの高さを調整し、不自然にマークが外れてフリーで相手選手が抜け出してしまう状況を改善しました。

ゲームプレイチームでは、定期的に実施させていただいているアンケートはもちろん、日々の膨大な数の試合から得られる統計データ、SNSに投稿される動画、弊社に直接お寄せいただいたご意見などを参考に、より適正なバランスで対人対戦をお楽しみいただけるようチェックと調整を行っています。
ゲームバランスについて、今回のアップデートで行った調整をいくつかご紹介します。

チームスタイル「ロングボール」に関する調整

チームスタイル「ロングボール」は、長身の選手をターゲットにロングボールを送り、競り合って落としたボールを味方がキープして攻撃に繋げる戦術です。 しかし、ロングボールをキックした際に中盤の選手が想定より前方に飛び出しやすくなっていたため、ターゲットの選手が競り合ったボールをキープしづらく、さらにロングボールを跳ね返された場合にはカウンターを受けるリスクが高くなっていました。 この課題に対して、中盤の選手のポジショニングを調整し、前線の選手が競り合ったボールをキープしやすくなりました。

ワンタッチシュートの精度調整

クロスボールやゴール前でのパスをワンタッチシュートする際に、体勢が悪くないにもかかわらず、大きくゴールをそれるミスキックが発生する頻度が高くなっていました。 そこで、体勢が良い状況でのワンタッチシュートは、これまでよりミスせずシュートできる確率が高くなるよう調整しました。 なお、”ワンタッチシュート”スキルを所持している選手は、さらにゴールマウスをとらえる確率が上がります。

進化したゲームプレイで迎える『eFootball™ 2023』の新シーズンをぜひお楽しみいただき、フィードバックをお寄せください。 ゲームプレイチームは、みなさまの声を反映してさらに面白いサッカーゲームを目指します。

[iOS、Android]

遊びやすさの向上

ボタン位置のカスタマイズ

「操作タイプ:クラシック」の際に、ボタン位置を自由にカスタマイズ可能になりました。
端末の形状や手の大きさに合わせて、プレーしやすい配置をお試しください。
※ゲーム内メニューの[Extras] > [ゲーム設定]> [プレイ環境]> [ボタンコンフィグ]から設定する事ができます。

不具合の修正、または現象の発生を軽減する対策の実施

[PlayStation®5、PlayStation®4、Xbox Series X|S、Xbox One、Windows、Steam®]
・アプリケーションのエラーにより、ゲームが終了してしまうことがある。
・クロスに対してダイレクトでシュートを打とうとした際に、胸でトラップしてからシュートすることがある。
・インパクトシュートの操作を行った直後にコントロールシュートの操作を行うことで、シュート速度の早いコントロールシュートが発動してしまう。
・オンライン対戦において、キックフェイントの操作を行ったにも関わらず、タイミングによってはキックフェイントが発動しないことがある。
・ゴールキックの際に弾道をコントロールする操作が反映されない。
・ゴールキーパーでボールを拾い上げる操作が意図したとおりに行えない場合がある。
・ゴールキーパー操作で特定の手順の操作を行うと、ゴールキーパーの動きが遅くなってしまうことがある。
・ゴールキーパーがシュートをセーブした後、倒れたまま起き上がらないことがある。
・特定のゴールキーパーに関して、ゴールキック前にボールパーソンからボールを受け取る際、腕が交差した状態でボールを受け取ってしまうことがある。
・守備側の選手に当たったルーズボールがゴールに入りそうなタイミングで試合終了となってしまう場合がある。
・シームレスにスローインから試合を再開する際に、ボールが非表示のまま試合が再開されてしまうことがある。
・コーナーキックから試合が再開される状況のとき、ラインアウト直後に試合が再開されてしまう場合がある。
・選手の表情のアニメーションが唐突に切り替わることがある。
・一部の観客の肩が不自然な動きをすることがある。
・オンライン対戦で回線遅延がある状態の場合、トラップ後に操作をしてなくても選手が勝手に動いてしまうことがある。
・オンライン対戦中に特定の操作を行うことで、試合結果が無効試合になってしまう場合がある。
・一部のスタジアム、一部の演出シーンにおいて、観客席の一部が過度に発光しちらついてしまう。
・一部のスタジアム、一部の演出シーンにおいて、屋根付近の照明部分がちらついてしまう。
・一部の大会で優勝した際の演出シーンにて、スタジアムの一部が表示されない状態になってしまう。
・一部のスタジアムにおいて、リプレイ再生時に手前側に柱のようなグラフィックが映り込んでしまう。
・試合後に経験値を獲得しない場合でも経験値獲得画面が表示されてしまう。
・[リーグ・クラブチーム]のチャレンジイベントにて、参加資格のないイベントのみが開催されていると、イベントの一覧画面から進行する際にエラーとなってしまう。
・eFootball™ ポイント交換でアイテムを交換した後、カーソルがリストの先頭に戻ってしまう。
・選手の詳細情報画面において、本来、チームスタイル適性の情報を示す項目名が、[チームスタイル]と記載されている。
・[契約] > [スタンダード選手リスト]にて、絞り込みを行わずにリストの選手表示を増やし続けると、画面の動作が徐々に重くなってしまう。
・選手のレベルが最大になり、選手カードの写真が変わっても、小さい選手サムネイルの写真が変わらない。
・スタンダード選手リストでPlayerValueと選手価格で条件を少し変えつつ絞り込みを繰り返すと、エラー表示され選手リストが正常に表示されない。
・特定の画面、一部の設定言語において、テキストの末尾が表示しきれていないことがある。
・[ゲーム設定] > [サウンド] > [オーディオ] > [カスタム] にて、[スタジアム]を0に設定しても、試合中の環境音が再生されてしまう場合がある。
・一部の言語で表示テキストの語順がおかしいことがある。
[iOS、Android]
・アプリケーションのエラーにより、ゲームが終了してしまうことがある。
・ディフェンス時に相手のパスやフリーキックの際にマッチアップ操作が継続的に発動せず途切れてしまうことがある。
・[操作タイプ:クラシック]、[守備操作タイプ:スタンダード]に設定した状態で、セットプレイの守備時にプレス&ダッシュボタンを押してもダッシュしない。
・キックフェイント操作の直後などにコントロールシュートの操作を行った際、インパクトシュートが発動してしまうことがある。
・ショートコーナーで近寄ってきた選手にパスを出した際、トラップが入力した通りに発動しない場合がある。
・オンライン対戦で回線遅延がある状態の場合、トラップ後に操作をしてなくても選手が勝手に動いてしまうことがある。
・ゴールキーパーがシュートをセーブした後、倒れたまま起き上がらないことがある。
・バックパスに対してゴールキーパーが不自然な対応を行うことがある。
・スローインを行う際、特定の操作を行うと、無操作でスローインフェイントが連続して発動してしまう。
・コーナーキックを行う際、[視点切替]ボタンを連打すると、連続で視点切り替えが行われてしまう。
・守備側の選手に当たったルーズボールがゴールに入りそうなタイミングで試合終了となってしまう場合がある。
・バックパスをゴールキーパーがトラップせずにオウンゴールになってしまうことがある。
・試合中に画面に触れている状態でポーズメニューのボタンをタップしても反応しない。
・強い弾道のゴールが決まった際、ボールがゴールネットを貫通してしまうことがある。
・インプレイカメラで初回フリーキックを行う際、[視点切替]ボタンを連打すると、インプレイカメラで試合操作説明が表示されてしまう。
・オフラインの試合中、端末バックキーが機能しないタイミングがある。
・オンライン対戦で制限時間が切れたタイミングで、ゲームプラン自動設定が表示されたまま試合が開始されてしまうことがある。
・試合中のゲームプランから選手の[種別]を確認することができない。
・オンライン対戦を行なった際に、設定していたのとは異なるカメラに変わってしまうことがある。
・[カメラ設定]にて、[戻る]を連続でタップすると、[カメラ設定]画面と青色の背景が連続で切り替わる。
・ゴールパフォーマンスのシーンにて、片方の指で画面を押しっぱなしにしていると、もう片方の指で画面をタップしてもスキップすることができない。
・試合後に経験値を獲得しない場合でも経験値獲得画面が表示されてしまう。
・フレンドマッチの対戦履歴に編集したチーム名が表示されない。
・フレンドマッチの試合設定にて、[ケガ]をなしに設定していても試合でケガが発生する。
・フレンドマッチで相手のユーザー詳細を確認すると、自分のユーザー詳細が表示されてしまうことがある。
・ゲームプランでベンチ外メンバーが一人もいない場合でも、ベンチ外メンバーのメニューがアクティブになってしまっている。
・ゲームプランでベンチ外選手の選手詳細を確認すると、ベンチ外メンバーリストのスクロール位置がリセットされてしまう。
・[マイチーム] > [選手]の選手カード表示にて、最上部、または最下部にスクロールした後、一定時間[回転]のメニュー操作が機能しない。
・[マイチーム] > [選手]にて、[残り契約期間]で並び替えを行っている時に契約更新した選手の選手カードが別選手の表示になってしまう。
・選手の詳細情報画面において、本来、チームスタイル適性の情報を示す項目名が、[チームスタイル]と記載されている。
・4名以上監督を所持している状態で監督をロックした際、後ろに表示されている別の監督にも一瞬ロックアイコンが表示される。
・[契約] > [スタンダード選手リスト]、および[監督リスト]にて、絞り込みの条件で[国籍・地域]を選択する際、地域の名前と表示されている画像が一致してない。
・アクティブでないメニューをタップした際に、メニューのSEが再生されてしまうことがある。
・画面タップにより画面遷移が発生しない場合に、不要なメニュー操作用のSEが再生されてしまうことがある。
・[ゲーム設定] > [サウンド]にて、[スタジアム]を0に設定しても、試合中の環境音が再生されてしまう場合がある。
・特定の表示言語にて、[操作タイプ:クラシック]に設定している場合、[Extras] > [ヘルプ] > [操作一覧]の[ディフェンス]の項目で、[ゴールキーパーの飛び出し]の説明文に[プレスボタン]に該当する記載がない。
・[操作タイプ:スタンダード]に設定している場合、操作チュートリアル[プレス]の説明動画内の操作ボタンの表記が間違っている。
・チュートリアルの試合でイエローカードを受けた際、選手名の横にイエローカードが表示されない。
・[マッチアップ]の操作チュートリアルにて、自身の操作内容とアクションフィードバックの表示テキストの内容が相違している。
・フリートレーニングの際に、UI表示以外が真っ黒のまま何も表示されなくなってしまうことがある。
・[ドリブル]や[プレス]の操作チュートリアルにて、自分、または相手のゴールにボールが入れた際、「相手選手が得点」という、状況に則していないアクションフィードバックが表示されてしまう。

調整

[PlayStation®5、PlayStation®4、Xbox Series X|S、Xbox One、Windows、Steam®]
・ゲームプランに登録された所有選手を放出する場合に、「ゲームプランに登録されている選手」ということをアラートで示したうえで、直接放出できるように仕様を変更しました。
・オンライン対戦を不正な手段で終了させ、勝敗の判定を操作できないように様々な対策を行いました。
・試合や各種モードをより快適に遊んでいただけるように様々な箇所で仕様の調整を行いました。
[iOS、Android]
・操作タイプを[クラシック]に設定している場合に試合画面で表示されるボタンの位置の調整を行いました。
・ゲームプランに登録された所有選手を放出したい場合に、「ゲームプランに登録されている選手」ということをアラートで示したうえで、直接放出できるように仕様を変更しました。
・オンライン対戦を不正な手段で終了させ、勝敗の判定を操作できないように様々な対策を行いました。
・試合や各種モードをより快適に遊んでいただけるように様々な箇所で仕様の調整を行いました。