Season2 v1.1.4(Mobile) Patch Notes

サッカーを愛するみなさん、こんにちは。
今回は、モバイル版 バージョン 1.1.4アップデートの内容についてお伝えします。

6月のアップデートで新たなエンジンに更新したモバイル版のゲームプレイについて、数々のフィードバックをいただきました。今回のバージョンアップでは、特に多くのご意見をいただいたものを中心に、操作方法も含めた改善を行いました。
また、友達との気軽な対戦を楽しめるフレンドマッチも、今回のバージョンアップでお楽しみいただけるようになりました。
それでは、今回のアップデート内容をお伝えします。

iOS、Android

ゲームプレイに関する調整、修正

お客様のプレイデータにおける得点率や守備スタッツ、お寄せいただいたフィードバックから、特に守備に課題があることを制作チームは認識しました。
そこで、下記の機能追加や修正を行いました。

新たな守備操作の導入

操作タイプ:クラシック
守備時の操作タイプに、新たな操作方法である [スタンダード]を追加しました。 また、この操作を既定のものとするため、操作タイプを[クラシック]に設定されているすべてのお客様の守備時の操作設定を、[スタンダード]に変更させていただきました。
『eFootball™ 2022』の守備において、細かいステップで相手と対峙してドリブル突破を防ぎ、パスやシュートをブロックする「マッチアップ」は重要な操作です。 従来の操作方法では、プレスボタンを左右にスライドすることでマッチアップを行うことができましたが、この操作をより容易に行えるように、独立したボタンに割り当てることにしました。
なお、従来と同じボタン配置の操作方法もご用意しています。 従来の操作方法は [プレススタイル] という名称になり、下記の手順で切り替えることができます。
守備時の操作タイプを従来の操作方法に変更する方法:
[Extras]>[ゲーム設定]>[プレイ環境]>[守備操作タイプ]で[プレススタイル]を選択する。
スタンダード
プレススタイル
操作タイプ:タッチ&フリック
タッチ&フリックでは、守備時の移動中に画面右側を押すと「ダッシュ&マッチアップ」操作になりますが、マッチアップは細かいステップで相手選手に体を向けて移動しようとするため、たとえば相手のチャンスで自陣ゴール前に急いで戻りたい場合などに、思うように操作できない場面がありました。
この問題を解消するため、守備時に画面左側を大きくスライドするだけでダッシュできるようになりました。 また、通常の移動とダッシュ移動のしきい値は、下記の設定で調整できます。
なお、この操作は守備時のみ有効です。攻撃時は右側を押すとダッシュドリブルになります。
通常移動とダッシュ移動のしきい値を調整する方法:
[Extras]>[ゲーム設定]>[プレイ環境]>[移動入力範囲] を[狭い]にすると、小さなスライドでダッシュになります。[広い]にすると、より大きなスライドが必要です。

守備バランスの調整

上記の操作変更と同時に、適切な攻守のバランスになるよう、プレス時のボール奪取率を向上する調整や、味方選手の守備時のポジショニング、チームプレス時の挙動などの調整を行いました。

レスポンスの向上

選手の移動レスポンスを向上する調整を行いました。
代表的な例として、ダッシュから停止や方向転換をするときの、慣性のかかり具合を軽減しています。

[移動入力範囲]設定に関する調整と補足

[プレイ環境]の項目に、[移動入力範囲]という設定があります。
この設定では、移動方向入力の感度を調整できます。[狭い]、[普通]、[広い]の3段階があり、[狭い]に設定すると入力に対して敏感になり、[広い]にすると方向転換などでより大きなスライドが必要になります。 今回のバージョンアップでは、お客様の好みに応じて操作できるよう、各段階のしきい値を調整しました。
なお、[方向キー表示]を[OFF]に設定されていたお客様は、これまで本設定が正常に反映されず[狭い]が設定された状態になっていたため、今回のバージョンアップで修正しました。 また、プレイ感が変わることのないよう、該当のすべてのお客様の設定を[狭い]に変更させていただきました。 バージョンアップ後に移動方向入力が敏感すぎると感じるお客様は、他の設定をお試しください。
なお、本設定は上述のとおり、タッチ&フリック操作において、スライドによるダッシュのしきい値になります。

フレンドマッチ

多くのお客様よりご要望をいただいていた、友達との対戦を楽しめる「フレンドマッチ」がお楽しみいただけようになりました。
対戦部屋を作成し、部屋ごとに振られた番号を対戦相手に伝えると、検索して入室することができます。入室時のパスワードを設定したり、試合形式や試合時間を好みに合わせて選択することもできます。
育て上げたドリームチームでの友達との対戦を、ぜひお楽しみください!

【補足】
家庭用ゲーム機版のフレンドマッチは、今後配信されるアップデートで追加される予定です。申し訳ありませんが、もう少々お待ちください。

不具合の修正、または現象の発生を軽減する対策の実施

PlayStation®5, PlayStation®4, Xbox Series X|S, Xbox One, Steam®, Windows
・アプリケーションのエラーにより、ゲームが終了してしまうことがある。
・ドリームチームのゲームプランにおいて、スターティングメンバーを任意のベンチメンバーと交代させたときに、設定済みの[試合中の役割]が最適な選手に引き継がれない。
・ドリームチームのゲームプランにおいて、[試合中の役割] > [攻撃参加をする選手]に指定した選手を試合中に交代させた場合、交代後も指定されていた選手の名前が表示され続けてしまう。
・特定の手順で操作を行うことで、[試合中の役割] > [攻撃参加をする選手]にゴールキーパーを指定できてしまう。
・[ドリームチーム] > [オンラインクイックマッチ]でマッチング後の選手の[契約期間]が正常に表示されない。
・ゴールパフォーマンスをスキップできない状況の時に、[スキップ]の操作ガイドが表示されてしまうことがある。
・一部のゴールパフォーマンスにおいて、身体の一部が不自然に地面にめり込んでしまうことがある。
・カードデザインが異なる選手を多く保有して、[eFootball™ World] > [マイチーム]で選手カードを表示すると、カードの光る演出がなくなる場合がある。
・eFootball™ リーグのフェーズ終了時に試合を行っていた場合、試合後の画面遷移時に数十秒間画面が進まないことがある。
・[プレミアムアチーブメント]内に掲載している[開催期間]という文言が、一部言語において適切な表現になっていない。
・メニューの操作中に意図しないタイミングで画面操作のSEが再生されることがある。
・フリートレーニングにおいて、特定の条件を満たした状態で、AIが操作している選手がボールを奪取すると処理負荷が高くなり画面再生がスローになってしまう。
・ドリームチームのチーム名編集にて、設定されていたチーム名を同じ綴りで大文字から小文字、または小文字から大文字に変更した場合に、変更内容が反映されない。
・試合中のカメラにて[スカイ]を選択している際にも、[ゲーム設定] > [試合中の画面設定]からレーダー表示を設定できるように変更しました。
・試合や各種モードをより快適に遊んでいただけるように様々な箇所で仕様の調整を行いました。
iOS, Android
・攻守のバランスを再検討し、守備時のDFとMFの基本的なポジションを調整しました。
・適切なポジションからボールを保持する相手にプレスした際に、適切にボールを奪うことができるよう調整しました。
・マッチアップ中に、相手に対応しやくするため、ボールを持っている相手に背を向けずに移動するよう調整しました。
・横方向からのパスに対して、ブロックできる状況にもかかわらず、ボールをブロックできない場合がある問題を修正しました。
・チームプレスの誤発動を防止するため、チームプレスを発動する判定に必要なスライド量を従来の1.5倍に変更しました。
・チームプレスを発動した際に、最終ラインの味方選手が相手選手のマークを外しにくくなるよう調整しました。
・カーソルプレイヤー以外の味方選手がボールを保持する相手選手の近くにいる場合に、より適切に相手との距離を縮めるよう調整しました。
・ダッシュを含む選手の移動中に停止やターンをする際に、過度に慣性がかかっていた場面のかかり具合を軽減しました。
・ドリブルやトラップで過度にボールを蹴り出してしまう場合がある問題を修正しました。
・ドリブルでターンしている最中に、キックを入力したときのレスポンスが向上するよう調整しました。
・特に低速でのドリブル中に、ターンやキックを入力したときのレスポンスが向上するよう調整しました。
・トラップ可能なボールに対して、適切にトラップできない場合がある問題を修正しました。
・トラップする際に、入力していないにもかからず前方向にトラップしてしまったり、方向を入力しているにもかかわらず停止してトラップしてしまう場合がある問題を修正しました。
・トラップする際に、意図せずダッシュしてしまったり、過度に減速してしまう場合がある問題を修正しました。
・トラップ時にフェイント操作を入力すると、ボールをトラップできない場合がある問題を修正しました。
・クロスボールに対して、ワンタッチでシュートできない場合がある問題を修正しました。
・速いパスをワンタッチシュートする際に、意図せず精度が下がっていた場合に精度が向上するよう調整しました。
・タッチ&フリック操作において、パスやシュートを入力した際に、意図せずダッシュドリブルしてしまう場合がある問題を修正しました。
・タッチ&フリック操作において、画面左側をダブルタップした後のパス操作でインパクトパスの判定になってしまう場合がある問題を修正しました。
・選手スキルの「シャペウ」が発動しない問題を修正しました。
・パスゲージが最大となるスローインを行った際、適切な選手がターゲットにならない場合がある問題を修正しました。
・その他、全般的に移動に関するレスポンスが向上する調整を行いました。
・アプリケーションのエラーにより、ゲームが終了してしまうことがある。
・報酬を獲得した告知ダイアログが意図せず複数回表示されてしまうことがある。
・操作タイプが[クラシック]に設定されている際に、キックオフ時に操作ボタンが表示されるタイミングが遅い。
・[方向キー表示]が[OFF]に設定されている際に、[移動入力範囲]の設定が正常に反映されない。
・特定の手順で操作を行うことで、[試合中の役割] > [攻撃参加をする選手]にゴールキーパーを指定できてしまう。
・オンライン対戦で回線切断が発生した際に、特定の条件を満たすと、画面が暗転したまま進行不能になってしまうことがある。
・オンライン対戦中にプレーが切れた際、ポーズボタンが表示されるよりも前に対戦相手がプレーを再開することができてしまう。
・[ゲームプラン] > [試合中の役割] にて、[キャプテン任命]、及び[攻撃参加をする選手]の設定時に表示される数値が正しくない。
・ゲームプランで選手交代の操作をする際、出場選手のアイコンをベンチ外メンバーのリストに重ねた際のスクロール速度が一部の端末において速すぎる。
・ゲームプランにて選手役割を変更した際に、ゲームプランを開き直すまでフォーメーションの表記が変更されない。
・一部の端末において、ゲームプランのスタメン選手のアイコンを素早くドラックさせて離すように操作すると、操作していた選手アイコンが消えてしまうことがある。
・ゲームプランにて、ベンチ外選手のリストから選手を選択してスターティングメンバーと交代させた後、ベンチ外選手のリストが先頭に戻ってしまう。
・一部の端末にて、ベンチ選手またはベンチ外選手をドラッグして入れ替えようとした際、入れ替えができなくなる。
・カーソルチェンジを[オート]に設定している場合でも、カーソルが自動で切り替わらない場合がある。
・一部のゴールパフォーマンスにおいて、身体の一部が不自然に地面にめり込んでしまうことがある。
・ゴール後の自動リプレイやハイライトの際、カメラがゴールしたのとは反対のサイドを映してしまうことがある。
・実況データをダウンロードしているのに、実況が再生されないことがある。
・[ドリームチーム] > [オンラインクイックマッチ]でマッチング後の選手の[契約期間]が正常に表示されない。
・契約期間が切れている選手を選択し、契約更新を行った際、[レベルトレーニング]や[タレントデザイン]のメニュー項目が一時的に選択できない状態になる。
・[マイチーム]の選手リスト上で[選手カードタイプ]が[トレンド]の選手をロック、またはロック解除した場合に、操作メニューのテキストが正しく更新されない。
・カードデザインが異なる選手を多く保有して、[eFootball™ World] > [マイチーム]で選手カードを表示すると、カードの光る演出がなくなる場合がある。
・[プレミアムアチーブメント]内に掲載している[開催期間]という文言が、一部言語において適切な表現になっていない。
・特定のメニュー操作において、意図したSEが正しく再生されない。
・特定の画面、一部の設定言語において、テキストの末尾が表示しきれていないことがある。
・[Extras] > [トレーニング] > [操作チュートリアル]にて説明映像中に画面をタップした際、画面右下に[スキップ]ボタンが表示されない。
・KONAMI IDとデータ連携を行ったアカウントにて、異なるKONAMI IDとデータ連携を行おうとした時のエラーメッセージが適切なものでない。
・[ゲーム設定] > [サウンド]にて、すべての設定を最小にしていても、ゲーム起動時のモーションロゴ、及びタイトル画面で音が鳴ってしまう。

調整

PlayStation®5, PlayStation®4, Xbox Series X|S, Xbox One, Steam®, Windows
・試合中のカメラにて[スカイ]を選択している際にも、[ゲーム設定] > [試合中の画面設定]からレーダー表示を設定できるように変更しました。
・試合や各種モードをより快適に遊んでいただけるように様々な箇所で仕様の調整を行いました。
PlayStation®4, Xbox One
・試合中の処理負荷を軽減する対応を行いました。
iOS, Android
・タレントデザインのUIを使いやすくしました。
・試合や各種モードをより快適に遊んでいただけるように様々な箇所で仕様の調整を行いました。