KONAMI
Language
遊戯王 デュエルリンクス

シリーズ/キャラクター紹介

デュエルワールドを進めていくと歴代の遊戯王のキャラクターが続々登場!
イベントやミッションをクリアすることで使えるようになるぞ!
キャラクターのレベルを上げることでカードを入手したりスキルを覚えたりするのだ!

「かっとビング」
それはどんな困難にもチャレンジし続けること!

どんな困難にも立ち向かう勇気と互いを信じあう心を持つ遊馬とアストラルのW主人公を描いたストーリー。
また、これまでの『遊☆戯☆王』では珍しく、デュエル初心者の等身大が描かれている。 エクシーズ召喚初登場シリーズ!

原作ストーリー

デュエルチャンピオンを目指す九十九遊馬は、奪われた友人のデッキを取り返すため学校一の不良・神代凌牙に勝負を挑む。しかし初心者の遊馬ではまったく歯が立たず、凌牙の猛攻も増すばかり。窮地に追い込まれたその時、遊馬が夢で見た謎の扉が出現して輝きを放つ。ハッと隣を見上げると、そこに「アストラル」が現れた・・・!

キャラクター紹介

九十九遊馬/アストラル
デュエルチャンピオンを目指す少年「九十九遊馬」は、アストラル世界からやってきた謎の生命体「アストラル」と出会い、アストラルの記憶の欠片である「ナンバーズ」を集めるため、「かっとビング」の精神で様々なデュエルにチャレンジする。エースモンスターは「No.39 希望皇ホープ」。
神代凌牙
「シャーク」の異名を持つ“札付き”デュエリスト。その実力は高く、かつて全国大会の決勝戦に出場したほどだが、不正を行ったため表舞台を追われてしまった過去を持つ。エースモンスターは「No.32 海咬龍シャーク・ドレイク」。
武田鉄男
遊馬のクラスメイトで幼い頃からの腐れ縁。デュエルの腕はなかなかのもので「ナンバーズ」を持たなかった頃の遊馬には負け知らず。口は悪いが友達思いで、仲間達と共に「ナンバーズクラブ」を結成し遊馬とアストラルの闘いをサポートする。エースモンスターは「ブリキの大公」。
観月小鳥
遊馬のクラスメイトで幼なじみ。「ナンバーズ」をめぐる闘いに巻き込まれた遊馬を誰よりも心配している。遊馬の助けになるべく「ナンバーズクラブ」に参加するが、デュエルの知識はあまり豊富ではない様子。エースモンスターは「フェアリー・チア・ガール」。
天城カイト
ある目的のためにナンバーズを狩る「ナンバーズ・ハンター」。同じくナンバーズを集める遊馬の前に圧倒的な実力で立ち塞がった。アストラルのことは互いにライバルと認めており、遊馬にとっては超えるべき壁として意識されている。エースモンスターは「銀河眼の光子竜」。
トロン一家の三男。真面目で温厚な性格だが、父「トロン」の命令に忠実であったがゆえに、遊馬とは道を違えてしまう。父の研究テーマでもあった「先史遺産」には強い思い入れがあり、「No.6 先史遺産アトランタル」を始めとした先史遺産カードを操る。
トロン一家の次男で極東エリアのデュエルチャンピオン。普段はファンサービスを欠かさない紳士的なデュエリストなのだが……。凌牙が表舞台を追われた原因を作った張本人。「紋章」の力を使い「No.15 ギミック・パペット-ジャイアントキラー」を始めとした強力なナンバーズを操る。
神月アンナ
遊馬のかつてのクラスメイト。ひょんな勘違いから遊馬を復讐相手とつけ狙うが、それが誤解と分かった後も、たびたび遊馬に絡んでくる。思い込んだら止まらない本人の性格に合わせてかどうかは分からないが、「超弩級砲塔列車グスタフ・マックス」を軸にした「列車」デッキを豪快に操る。