KONAMI
Language
遊戯王 デュエルリンクス

シリーズ/キャラクター紹介

デュエルワールドを進めていくと歴代の遊戯王のキャラクターが続々登場!
イベントやミッションをクリアすることで使えるようになるぞ!
キャラクターのレベルを上げることでカードを入手したりスキルを覚えたりするのだ!

「リアル(現実)」と「バーチャル(仮想)」
今、2つの世界が交差する

アニメ『遊☆戯☆王』6作品目となる今作は、VR空間の演出やサイバー空間でのデュエルなどデジタル色が強く押し出された作品だ。 ネットワークと現実、それぞれに隠された謎や、巻き起こる事件によりストーリーが進んでいく。 リンク召喚初登場シリーズ!

原作ストーリー

ネットワークシステムが発達した都市、Den City。その街の大企業「SOLテクノロジー社」が作り上げたVRスペース「LINK VRAINS」での新たなデュエル体験に、人々は熱狂していた。しかしそんな「LINK VRAINS」にハッキングを仕掛ける「ハノイの騎士」が現れる・・・!

キャラクター紹介

プレイメーカー&Ai
10年前に起こった「ロスト事件」の被害者であり、復讐のため「LINK VRAINS」で 「Playmaker(プレイメーカー)」を名乗り、事件を起こした「ハノイの騎士」に人知れず闘いを挑んでいた。闘いの中、ハノイに追われる謎のAI「Ai(アイ)」を助けたことにより、彼の闘いは人間とAIのそれぞれの未来を懸けたものへ変化していった。本名は「藤木遊作」。デンシティ・ハイスクールに通う高校生にして凄腕のハッカー。
ソウルバーナー
プレイメーカーと同じく「ロスト事件」の被害者。長年事件のトラウマに苦しんでいたが、ハノイの騎士に立ち向かったプレイメーカー達の活躍と、炎のイグニス「不霊夢」との出会いにより、自身の運命に立ち行かうことを決意する。本名は「穂村尊」。遊作と共に闘うために、デンシティハイスクールに転校してきた。炎のサイバース「転生炎獣(サラマングレイト)」を操る炎のデュエリスト。
Go鬼塚
リンクヴレインズのカリスマデュエリスト。プレイメーカーと共にハノイ事件の解決に尽力したが、世の関心がプレイメーカーに移っていることを知り、あらゆる手段を用いて強くなろうとした。その果てに全てを失った彼を待っていたのは、本当に守りたかった施設の子供たちの笑顔だった。カリスマデュエリストとしての彼は「剛鬼デッキ」を用い、相手の実力を引き出したうえで叩き潰すというストロングスタイルのデュエルを得意とする。