KONAMI

エリア選択

北海道エリア

※記事内のデータは2020年11月現在のものです。掲載後に料金、メニュー等の内容が変更になることや、臨時休業等で利用できない場合があります。また、各種データを含めた掲載内容の正確性には万全を期しておりますが、おでかけの際には電話等で事前に確認・予約されることをお勧めいたします。
  • 稚内


    タコしゃぶ屋

    車屋・源氏

    くるまや げんじ

    北海道の郷土料理と日本酒を満喫できる店。道内各地の海鮮が味わえるが、なかでもおすすめは稚内名物の「タコしゃぶ鍋」。まずはレタスとえのきだけを鍋に投入。その後、薄くスライスされたミズダコを軽く”しゃぶしゃぶ”し、特製の味噌ダレでいただく。新鮮なタコのプリプリとした食感と甘みが口いっぱいに広がり、レタスとの相性も抜群。締めにはタコの旨味が染み込んだダシにラーメンを投入して、つけ麺を楽しもう。

    車屋・源氏
    • 住所

      :〒097-0022 北海道稚内市中央2-8-22

    • アクセス

      :JR稚内駅→徒歩5分
      :北海道稚内空港から国道238・40号経由10km15分

    • TEL

      :0162-23-4111

  • 旭川


    旭川ラーメン屋

    らーめん山頭火


    らーめんさんとうか

    昭和63年(1988)創業、らーめん山頭火の本店。スープは最後まで飲める、チャーシューは肉の味がするなど「わかりやすく、誰にでも末永く食べ続けてもらえるラーメン」が基本。創業当時から愛されている「塩ラーメン」は、最後の一滴まで飲める白濁の豚骨スープが自慢で、口のなかにやさしい味わいとコクが広がる。行列の絶えない店だが、ラーメン好きなら並んででも食べたい逸品。

    らーめん山頭火 旭川本店
    • 住所

      :〒070-0031 北海道旭川市1条通8-348-6 MANNY BLD 1F

    • アクセス

      :JR旭川駅→徒歩2分
      :道央道旭川鷹栖ICから道道146号・国道12号・道道20号経由7km16分

    • TEL

      :0166-25-3401

    • URL

      https://www.santouka.co.jp/shop-jp/hokkaido/area01-001

  • 砂川


    メロンゼリー屋

    株式会社ホリ

    おみやげ売り場や各地の催事場に並ぶ北海道銘菓や洋・和菓子を販売する菓子メーカー。イチ押し商品は、北海道みやげの定番として知られる「夕張メロンピュアゼリー」。北海道を代表するフルーツ、夕張メロンの完熟果肉をたっぷり使ったゼリーは、芳醇な香りと濃厚な甘みが口いっぱいに広がり、夕張メロンそのものを食べているかのよう。ゼリーを越えた「新食感果実」として、北海道のお中元やギフトとしても人気の一品だ。

    株式会社ホリ
    • 住所

      :〒073-0198 北海道砂川市西1条北19-2-1

    • アクセス

      :JR砂川駅→車6分
      :道央道砂川SA(スマートインター)から道道1027号経由2km4分

    • TEL

      :0125-54-2231

    • URL

      https://www.e-hori.com/

  • 砂川


    とうきびチョコ工場

    株式会社ホリ

    昭和22年(1947)創業の、北海道の銘菓を提供する菓子メーカー。代表的な銘菓「夕張メロンピュアゼリー」のほか、近年人気が出ているのが「とうきびチョコ」。北海道の大地で育ったとうきびをホワイトチョコでコーティングしたお菓子で、サクッとした歯ごたえととうきびの香り、やさしい甘さがお茶請けにピッタリ。ハイチョコミルクやチョコプレミアム、キャラメル、夕張メロン、北海道いちごなど、豊富なバリエーションも楽しい。

    株式会社ホリ
    • 住所

      :〒073-0198 北海道砂川市西1条北19-2-1

    • アクセス

      :JR砂川駅→車6分
      :道央道砂川SA(スマートインター)から道道1027号経由2km4分

    • TEL

      :0125-54-2231

    • URL

      https://www.e-hori.com/

  • 砂川


    おかき屋

    北菓楼

    きたかろう

    樹木が生い茂り、季節の花々が咲く北菓楼の森と洋風庭園が併設された緑豊かな北菓楼砂川本店。良質な北海道産の素材にこだわり、7日間かけてひと粒ひと粒ていねいに作られた「北海道開拓おかき」440円〜は、北海道土産の定番。えりも産の昆布や函館産のいか、標津産の秋鮭など味のラインアップが豊富なので、好みの味を探すのも楽しい。

    北菓楼 砂川本店
    • 住所

      :〒073-0197 北海道砂川市西1条北19-2-1

    • アクセス

      :JR砂川駅→車5分
      :道央道砂川SA(スマートインター)から国道12号経由2km5分

    • TEL

      :0125-53-1515

    • URL

      https://www.kitakaro.com/

  • 砂川


    バウムクーヘン屋

    北菓楼

    きたかろう

    樹木が生い茂り、季節の花々が咲く北菓楼の森と洋風庭園が併設された緑豊かな北菓楼砂川本店。菓子職人が北菓楼独自の釜で一本一本ていねいに焼き上げた「バウムクーヘン 妖精の森」は、口溶けがよくしっとりとした味わい。北海道産の卵や小麦粉、生クリームなど、材料にもこだわっている。ホールタイプのほか、個包装のミニサイズもあり、お土産としても人気。

    北菓楼 砂川本店
    • 住所

      :〒073-0197 北海道砂川市西1条北19-2-1

    • アクセス

      :JR砂川駅→車5分
      :道央道砂川SA(スマートインター)から国道12号経由2km5分

    • TEL

      :0125-53-1515

    • URL

      https://www.kitakaro.com/

  • 札幌


    ちくわパン屋

    どんぐり

    地下鉄大通駅に直結した商業施設「ル・トロワ」内にあるベーカリー&カフェ。店内には常時150種以上のパンが並び、目移りしてしまいそう。特に具材から手作りの調理パンの種類が豊富で、サイズが大きく値段も手ごろなのがうれしい。穴にツナマヨサラダを詰めたちくわをパン生地で包んだ「ちくわパン」をはじめ、定番商品のほか、同店オリジナルメニューも提供。パンのほかにスイーツやサラダも扱う。カフェスペースは36席。

    どんぐり 大通店
    • 住所

      :〒003-0022 北海道札幌市中央区大通西1丁目13ル・トロワ1F

    • アクセス

      :札幌市営地下鉄大通駅直結

    • TEL

      :011-210-5252

    • URL

      https://www.donguri-bake.co.jp/

  • 札幌


    ジンギスカン屋

    サッポロビール園

    ビール園の象徴、赤レンガの大ホールは、開拓使館とポプラ館の名物キングバイキングが好評。中庭の奥ではライラックにて特製タレをもみこんだ味付けジンギスカンが楽しめる。ガーデングリルでは大きな窓から四季折々の表情を見せる赤レンガの建物を見ながら料理が楽しめる。

    サッポロビール園
    • 住所

      :〒065-0007 北海道札幌市東区北7東9丁目2-10

    • アクセス

      :JR札幌駅北口→直行バス(188番)サッポロビール園アリオ線で8分、終点下車、徒歩すぐ
      :札樽道札幌北IC(北区)から国道5号経由5km15分

    • TEL

      :0120-150-550

    • URL

      https://www.sapporo-bier-garten.jp/

  • 釧路


    勝手丼屋

    釧路和商市場


    くしろわしょういちば

    海産物や青果店など約50の店舗が軒を連ねる、釧路市民の台所ともいうべき市場。おすすめは、市場内の海鮮屋や魚卵専門店で好きなネタを選んでご飯の上にのせてもらい、仕上げに醤油をかけてもらうと完成する「勝手丼」。イクラやウニ、鮭、イカ、サーモン、甘エビ、ホッキ貝などいろいろな具材を組み合わせて、自分だけのオリジナル丼が楽しめる。

    釧路和商市場
    • 住所

      :〒085-0018 北海道釧路市黒金町13-25

    • アクセス

      :JR釧路駅→徒歩3分
      :北海道たんちょう釧路空港から40分

    • TEL

      :0154-22-3226

    • URL

      https://www.washoichiba.com/

  • 函館


    鰊みがき弁当屋

    駅弁の函館みかど

    昭和11年(1936)創業の老舗で、函館の山と海の恵みを生かし、伝統の味や郷土の味を伝える駅弁屋。北海道産和牛やカニ・ウニ・イクラなどの海鮮を使った多彩な駅弁がそろっている。中でも「鰊みがき弁当」は、昭和41年の販売当時から変わらない製法で作り続けているみかどの駅弁の代表作。甘じょっぱく煮た身欠きニシンは骨まで柔らかく食べられる。付け合わせの味付数の子と歯ごたえを比べながら味わいたい。

    駅弁の函館みかど
    • 住所

      :〒040-0063 北海道函館市若松町12番13号 JR函館駅構内

    • アクセス

      :JR函館駅→改札口外
      :函館新道函館ICから国道5号経由8km17分

    • TEL

      :080-3609-7954

    • URL

      https://www.hkiosk.co.jp/mikado/

  • 函館


    塩ラーメン屋

    新・函館ラーメン
    龍鳳

    りゅうほう

    店主が試行錯誤の末に完成させた黄金塩ラーメン750円が、地元で絶大な支持を得ている。このラーメンの一番の特徴であるスープには、十勝の赤鶏1羽からわずか100gしかとれない鶏油から作る、自家製黄金鶏油を使用。透き通っていながら深みのあるコクと旨みが凝縮しており、玉子麺との相性が絶妙だ。コーンバターのトッピングをプラスして味わうとさらにコク深い味わいが満喫できる。また、黄金塩ラーメンは3食スープ付き1050円で販売もしている。

    新・函館ラーメン 龍鳳 大門横丁店
    • 住所

      :〒040-0035 北海道函館市松風町7-5大門横丁

    • アクセス

      :JR函館駅→徒歩3分

    • TEL

      :090-2073-0207

  • 函館


    お寿司屋

    はこだて鮨金総本店

    すしきんそうほんてん

    海に囲まれた函館ならではの海の幸を堪能できる寿司店。カウンターのケースには、朝水揚げされたイカ、函館近海で獲れたウニなど、新鮮で多彩な魚介がズラリと並ぶ。寿司・サラダ・茶碗蒸し・椀物・アイスクリームが付くランチセットが1300円~とリーズナブルなメニューもそろっているのがうれしい。巻物や刺身、一品料理も充実している。ネタの説明や函館訛りなど、職人との会話も楽しみたい。

    はこだて鮨金総本店
    • 住所

      :〒040-0035 北海道函館市松風町7-18鮨金総本店ビル

    • アクセス

      :JR函館駅→徒歩5分
      :函館新道函館ICから国道5号経由9km15分

    • TEL

      :0138-22-4944

    • URL

      http://sushikin.jp/honten/

  • 松前


    海苔だんだん屋

    レストラン 矢野

    昭和26年(1951)創業、松前の老舗宿に併設したレストラン。津軽海峡の希少な寒海苔を2段にぎっしりと敷き詰めた「のりだんだん」は、磯の香りが楽しめるぜいたくなお弁当。取れたてのアワビをアワビ飯や踊り焼き、味噌汁で味わえるほか、生きたまま殻を割って食べられる松前産ウニも楽しめる。ほかにも、丸ごと1本解体した松前産のマグロのコース(期間限定)や、松前藩14代藩主の婚礼の祝膳を再現したお膳など、松前を存分に堪能できる料理が充実。

    レストラン 矢野
    • 住所

      :〒049-1512 北海道松前郡松前町福山123

    • アクセス

      :JR木古内駅→バス1時間40分、バス停:松城下車、徒歩5分
      :北海道函館空港から道道63号、国道278号、道道100号、国道228号経由100km2時間

    • TEL

      :0139-42-2525

    • URL

      http://www.matsumae-yano.com/

top