SEASON1

eFootball™ Worldに、”シーズン”という新たな要素が加わった。
一定期間のシーズンごとにフットボールのトレンドを反映したテーマが設定され、様々なコンテンツが搭載されていく。
シーズン1のテーマは"New Gameplay Approach, Team Building & Licenses"。
機能や操作が追加されて新しくなったゲームプレイを通じ、現在のサッカーシーンで繰り広げられている熱い攻防を体感して欲しい。
新チームビルディング ”ドリームチーム”では選手の獲得、育成方法などのゲームシステムを刷新。自分だけの理想のチーム作りを、より自由に、そしてより戦略的に行えるようになった。
そして新ライセンスも追加され、遊びの幅が更に広がっていく。
「eFootball™シーズン1」の開幕とともに、あなたのeFootball™ Worldが始まる。

New Gameplay Approach

■パス

・インパクトキック
狙い澄ました鋭いパス「インパクトキック」が、攻撃のリズムを変える。
足元への「インパクトパス」は、そのボールスピードと反発力により、次のワンタッチパスを加速させ、狭い局面を打開するパスワークの起点となる。
「インパクトクロス」は、鋭く落ちる弾道でディフェンスラインとGKの間の決定的なスペースをピンポイントで狙い、ワンタッチゴールを演出する。
インパクトキックは狭いスペースにラストパスを通すだけのものではない。自陣深くから、逆サイドに開いたウイングに鋭いサイドチェンジを通せば、そこからはドリブルを得意とする彼の見せ場だ。
スペシャルなスキルを持つパサーがフリーでボールを持つ。振り上げた足から放たれる鋭いボールは、どのようなインパクトを与えるのか。スタジアム全体が息を飲む。

eFootball video

・パス&クロスラン
サッカーにおいてダイアゴナル(斜め)の動きは非常に重要とされる。マークを外してパスを受けるチャンスを作るだけでなく、敵を引きつけてボールホルダーにパスやシュートの選択肢を増やすことにも繋がるからだ。新操作「パス&クロスラン」はこれを実現する。
ピッチのサイドで、ゴール前で、ダイアゴナルな動きが新たな攻撃パターンを生み出す。

eFootball video

・フリックプレー
パスセンスのある選手に高い位置でパスが出る。観衆が息を吞む瞬間だ。慌てて寄せるディフェンダーの眼前で、彼は右足のアウトサイドを丁寧にボールに合わせ、ペナルティエリアに走り込んでいた味方の足元にピタリとパスを落とす。あとはゴールへ流し込むだけだ。
今作ではフリックプレーのバリエーションとレスポンスが向上した。ふわりとした浮き球や鋭いインパクトパス、さまざまな弾道のパスをワンタッチで味方へ繋ぎ、多彩なコンビネーションを演出できる。

■シュート

・インパクトシュート
「インパクトシュート」は、ボールに対して通常より大きく踏み込み、強いシュートを放つことのできる新操作だ。 自我の強いフォワードは、シュートの弾道でも個性を主張する。鋭く落ちるドロップ、揺れ動く無回転、ゴールネットを突き破らんとするライジング。これらの多彩な弾道も、インパクトシュートから放つことができる。
トラップしたボールに向かって強く踏み込み始めるとき、ストライカーには自らのシュートが描く軌跡と、降り注ぐサポーターの歓喜の声を浴びる姿がすでにイメージされている。

eFootball video

・叩きつけシュート
クロスの名手がサイドから鋭いボールを供給する。マークに付くディフェンダーより一瞬早く空中に躍り出たフォワードが、キーパーの足元に力強くヘディングシュートを叩きつける。
空中のボールに対するインパクトシュートは、ヘディングやボレーシュートを地面に叩きつけることができる。ゴールキーパーにとっては対応の難しいボールとなり、こぼれ球を狙うチャンスも増える。

eFootball video

・多彩なゴールシーン
打点の高いヘディングを狙えるハイクロスから、ゴールキーパの目前で触ってコースを変える高速クロス、逆サイドに走り込む味方の足元を狙ったショートバウンドなど、様々な弾道のクロスボールを狙えるようになり、合わせるストライカーたちは個性が光るシュートで攻撃を完結させる。
多彩なゴールシーンが、新たなゴールを求める原動力となる。

■ドリブル

・チョップタッチ
ドリブルの緩急はディフェンダーと対峙するときの基本であり、有効な駆け引きだ。ゆったりしたリズムに合わせてステップを踏む相手を見ながら、一瞬の隙を突いてスペースへ大きく蹴り出して突破する。このときに有効なのが「チョップタッチ」だ。
チョップタッチはスペースがあるときだけでなく、寄せてきたディフェンスの反対方向にボールを逃がしてかわしたり、股抜きや裏街道を狙うこともできる。ドリブラーの武器がまた1つ増えた。

eFootball video

・オーバーテイク
スピードを警戒するディフェンダーには、ダッシュすると見せかけて相手を手玉にとる「オーバーテイク」が有効だ。ステップに惑わされて腰が引けた相手は、次の動きへの対応が遅れる。必死で伸ばしたタックルをかわし、ドリブラーはゴールへ突き進む。

eFootball video

・シールディング
ドリブルはそのスピードや華麗なフェイントに注目が集まるが、巧みに身体を使いながらボールを保持し、味方に繋げるプレーも求められる。「シールディング」を使えば、相手とボールの間に身体を入れてボールを守り、次のプレーのスペースと時間を作り出すことができる。

■ディフェンス

・マッチアップ
右へ左へ揺さぶりをかけてくるドリブラーには、腰を落として細かいステップで対峙する「マッチアップ」で対応できる。ゴールを守る身体の向きを保ちながら相手をサイドへ追いやれば、スペースをなくした相手からボールを奪い返すことはたやすい。
マッチアップはパスやシュートに対しても有効だ。クロスに足を合わせて、時には身体を投げ出して、決定的なピンチを防ぐ防波堤となる。

eFootball video

・ショルダーチャージ
屈強なディフェンダーはただボールを奪うだけでは満足しない。自慢のフィジカルで相手を弾き飛ばし、「こいつにはかなわない」と思わせることで、自分の価値をさらに高めるのだ。
ボールを蹴り出したドリブラーと並走したら「ショルダーチャージ」でボールを奪える。無防備なトラップ際やキック体勢に入ったときもチャンスだ。何度も地面に転がされた相手は、パスを受けるのが怖くなる。

eFootball video

・チームプレス
ハイスピードの展開が連続する現代のサッカーでは、個の力でゴールを守ることは至難の業だ。ボールホルダーにプレッシャーをかけ、パスコースを塞ぎ、ラインを押し上げて組織的にボールを奪う。
新操作「チームプレス」によりこのディフェンスが可能になる。チーム全体で圧力をかけてボールを奪い、カウンターアタックを狙え。

eFootball video

New Team Building "Dream Team"

選手や監督を獲得し、オリジナルのチームを組み上げて、世界中のプレイヤーとの対戦を楽しむ遊び。

「ドリームチーム」では、自分の理想のフットボールに必要な選手や監督を、指定して獲得することができる。さらに、獲得した選手を自分のプレースタイルに合わせて育成し、強化することも可能。

試合を重ねて獲得できるゲーム内アイテムを活用し、選手の獲得と育成を通してチームを編成して、自分に合うチームスタイルを見つけながら「あなただけの夢のチーム」を作りあげよう。

そして世界中のプレイヤーそれぞれの「夢のチーム」との熱い戦いを存分に楽しもう。

詳しくチェック

New Licences

新たに日本と北米のライセンスを搭載。
シーズン中には新規ライセンスを使ったゲーム内イベントも開催予定。
J.League

eFootball video

MLSPA

USLC