ベビースクールとは

ベビースクールとは

ベビースクールは生後4ヶ月(スイミング):8ヶ月(体操)〜のお子様を対象に、
保護者の方と一緒に行う運動スクールとなります。
この時期はお子様の発育において、とても大切な期間となり、適した指導のもと、
さまざまな運動体験を行うことで、神経系の発育が期待できます。

ベビースイミング

ベビースイミング
    • 対 象

    • 4ヶ月〜

    • 内 容

    • 親子で一緒に行うスイミングです。

ベビースイミングとは?

  • ベビースイミングとは?
  • ベビースイミングとは、
    お子様と保護者が一緒にプールに入り、
    水中で運動を行うことです。

    もともとベビーは生れながらにして水に順応する能力を持っていますので、ベビーの習い事をスイミングがおススメできるのは、それが理由の1つとなります。
    運動内容は、『水遊び』や『水慣れ』を中心に行います。お子様の体調やご機嫌、体力に合わせて楽しく水に慣れることができるようにすすめます。
    また保護者と子の肌と肌のスキンシップがはかれることや、日中に身体を使うことで1日のリズムが作りやすくなるメリットもあります。

期待できる効果

  • 機能の発育

    水の刺激により発育発達を促すことにより皮膚を鍛え、浮力による平衡感覚を養い、水の中での呼吸調整によって心肺機能の働きを向上させることができます。

  • 機能の発育
  • 本能を活かし水慣れを育む

    ベビーは水中で浮く、バランスをとる、手足を動かす、呼吸調整をするなどいくつかの水に対する本能・感覚を持っています。
    水に対する恐怖心をもたない時期から、繰り返し練習することにより水の性質を知り、正しく理解させることにより水に慣れてきます。

  • 本能を活かし水慣れを育む
  • 水中での呼吸方法

    水中で呼吸調整を身につけ、自らの身を守る危険時の呼吸を確保することができるようになります。

  • 水中での呼吸方法

スポーツベビー(ベビー体操)

スポーツベビー(ベビー体操)
    • 対 象

    • 8ヶ月〜

    • 内 容

    • 親子で一緒に行う体操教室です。

スポーツベビーとは?

  • スポーツベビーとは?
  • スポーツベビーとは、お子様と保護者が
    一緒に、体育器具を使って、
    体育運動を行うことです。

    歩くことができるようになると、探究心旺盛なベビーの動きは活発さが増してきます。この成長過程で重要な時期に、歩く、走る、とぶ、まわる、のぼる、握るなどの基礎感覚を体操器具を活用することで脳を刺激し体得していきます。
    外では暑さ・寒さ・雨風などの影響を受け、習慣的な活動が難しいところですが室内での活動は習慣化した活動が可能となり、お子様と保護者ともに家庭ではできない経験ができます。

期待できる効果

  • 運動能力の基礎作り

    鉄棒や跳箱、マット等の器具を使ってのぼったり、くだったり、まわったり、重力を感じながら行う運動で、自分の体をコントロールする力を養います。縄やボール、フープなどの手具プログラムでは、物の動きをつかみ操る能力が刺激され、道具を使った運動の基礎作りとなります。

  • 運動能力の基礎作り
  • 体つくり

    歩く、支える、ぶら下がる等、あらゆる器具を使った陸上運動プログラムで、全身の筋力をバランスよく刺激することができます。
    自分の体をコントロールする力とバランスのよい筋力は、今後の運動能力発揮に大きな差がでてきます。

  • 体つくり
  • 危険を回避する能力

    転倒したときにきちんと手が出せるようになるなど、大きな怪我を回避することができるようになります。
    運動経験が少ないと、とっさの対処ができずに衝突などにより大怪我につながりますが、これを自然な形で訓練することができます。

  • 危険を回避する能力

ベビースイミング 体験申し込み受付中

体験料1,080円(税込)/1回

必要な持ち物:水着・キャップ・バスタオル・濡れた水着を持ちかえる袋

スポーツベビー 体験申し込み受付中

体験料1,080円(税込)/1回

必要な持ち物:動きやすい服装・上履き・飲み物(ペットボトルまたは水筒)・タオル
※2017年08月30日現在
運動塾子ども向けスクール一覧

体験申し込み受付中

申し込む

スクールを探す

検索する

保護者の皆様への
お願い

詳しく見る

とっても便利な
WEB振替

詳しく見る

各スクール
入会受付中

詳しく見る