KONAMI

「LAUGH DiAMOND」ディレクション講座

コナミデジタルエンタテインメントでもっとも「LAUGH DiAMOND」の調整…つまりディレクションに詳しい「こーじD」が、「LAUGH DiAMOND」での歌唱制作をもっと楽しくするノウハウを公開していきます。
「こんな事をやりたいがどうやったらいい?」「どうしてもこれが上手く行かない!」など、皆さんのお悩みは 「LAUGH DiAMOND」公式X にお気軽にお寄せください。
問い合わせの多いお悩みやノウハウは、どんどんこの講座に追加していきます!


Tips05. ケーススタディ02 "恋愛裁判/あさひ" から見る調整方法

対象:歌唱調整が思ったように上手く行かない初心者~中級者向け

あさひは強弱の効きが良く、1フレーズ間の波を作り出すことが得意です。
使い方も多岐にわたるため、普通の歌声からパワフルな歌声までいろいろな顔を持っています。
それを再現するためには装飾記号を使うことが必須で、普通に調整しただけでは本来の実力を100%発揮できません。
ぜひこのTipsを参考にして、あさひの流れるような高パフォーマンスを試してみてください。

フレーズの強弱を考える

どこを一番良く聞かせたいか決め、それ以外を弱くすることで、あさひの歌唱にメリハリができ、より人間らしくなります。

メロディラインを波のように描くと効果的です。
すべてを強く歌う必要はありません。エディットする時に流れをある程度考え調整すると、あさひは良い感じに歌ってくれます。
ここは人それぞれ流れを作りたい箇所が違います。自分なりで良いので、まずは試してみましょう。

下の画像のフレーズでは結構思ったとおりに歌ってくれたので、調整は程々です。
山のトップでは強弱「f」に、フレーズが下がるところでは「p」に移行し、トップの次のデータに裏声処理をして弱めに調整しました。
うまくいかないこともあるので聴きながらトライアンドエラーすることが必要ですが、とても人間っぽく面白いのでおすすめです。
このようにあさひはフレーズ情調を効果的に表現できます。

前述で少し触れましたが、力を抜くポイントを作ってあげると、よりリアルな歌声になります。
皆さんも実際に歌ってみればわかると思いますが、フレーズ最後は弱くなりがちです。同じようにしてあげてください。

下の画像のように、フレーズラスト(息を吸う前)に、本来は使うことのないファルセット装飾「※」を使ってみてください。
あさひは低い音に対してファルセット装飾を入れると「弱く歌おう」という気持ちが入り、pを使うよりも優しい歌声を出してくれてます。
裏技のようですが非常に効果的ですので、いろんなところで使ってみてください。

  • フレーズラストにファルセット装飾「※」を使用

今回紹介した装飾ファルセット「※」はショートカット設定するととても便利です。
たとえば私はファルセットオンをキーボード「U」、オフを「J」としました。
ノートを選んでキーを使うだけで簡単にファルセットをオン・オフしてトライアンドエラーができ、非常に時短でおすすめです。

フレーズに新しい表現を出せるコンボ技「跳ね上げ下降アタック」

「LAUGH DiAMOND」4名全員、個性的な奏法がありますが、中でもあさひのコンボ技「跳ね上げ下降アタック」は魅力を一層出してくれる唯一無二の技です。
フレーズが下がっていくときに使うと効果的です。

アタックをつけて歌おうとしたときに少し裏返ってしまうという特殊奏法で、とってもテクニカルな歌唱です。
この場合は「さ」から「ね」に移行する際に、「さ」を跳ね上げて「ね」で上げたピッチを落とすことで小さな山を作っています。

使いすぎると、しつこさが勝り特別感がなくなるので逆効果です。注意して使いましょう。1曲に2-3回位が適度です。

  • 跳ね上げ下降アタックなし

  • 跳ね上げ下降アタックあり

今回もCCSファイルを公開しますので、いろいろな違いを確認してみてください。