カードの種類

ラッシュデュエルで使うカードは「モンスター」「魔法」「罠(トラップ)」の3種類だ。

モンスターカード

キミの剣となり盾となって戦ってくれるモンスターだ。効果を持たない「通常モンスター」と、特別な効果を持った「効果モンスター」がいるぞ。

  1. カード名  
  2. 属性 の6種類の属性に分かれている。
  3. レベル レベルが大きいほど強力なモンスターだ。
  4. ATK/DEF ATKは攻撃力、DEFは守備力を表しているぞ。
  5. 種族 色々な種族がいるぞ。
  6. モンスター情報 効果モンスターにはデュエルに役立つ特別な条件や能力が書かれている。

魔法カード

手札からすぐに使えて、デュエルを有利にする効果を持つカードだ。

  1. カード名  
  2. アイコン 通常魔法にはアイコンがなく、フィールド魔法にはアイコンがあるぞ。
  3. 効果 その魔法カードを使った時に発揮される能力が書かれている。

罠カード

相手ターンでも発動できる特別なカードだ。相手を妨害するような効果が多く、フィールドに裏側で置いてから使うぞ。

  1. カード名  
  2. 効果 その罠カードを使った時に発揮される能力が書かれている。

デュエルフィールド

カードはデュエルフィールドに置いてデュエルするぞ!

  1. モンスターゾーン モンスターを召喚・特殊召喚・セットする場所
  2. 魔法&罠ゾーン 魔法・罠カードを発動・セットする場所
  3. フィールドゾーン フィールド魔法を発動・セットする場所
  4. エクストラデッキゾーン デッキに入れない特別なカードを裏側で置く場所
  5. 墓地 破壊されたり使い終わったカードを表側で置く場所
  6. デッキゾーン 自分のデッキを裏側で置く場所

デュエルの流れ

デッキ(カードを40枚~60枚集めたもの)をシャッフルしたあとに裏側でデッキゾーンに置いて対戦!お互いにデッキの上から4枚引いてスタート!!

自分のターン(順番)に以下の流れで進めるぞ!

交互にターンをくり返し、相手のライフポイント(8000)を0にしたほうが勝ち!! ※先攻の1ターン目はバトルフェイズがないので注意!

1.ドローフェイズ

自分のターンで最初に行うのが「ドローフェイズ」だ。デッキの上からカードを引いて手札に加えることを「ドロー」と言うぞ。 ラッシュデュエルでは毎ターン手札が5枚になるようにドローする。また手札が元々5枚以上あった場合は1枚だけドローする。手札枚数に上限はないぞ。

2.メインフェイズ

メインフェイズではバトル前に準備をしよう。

モンスターの通常召喚

自分のメインフェイズに手札のモンスターを自分フィールドの「モンスターゾーン」に通常召喚できる。 通常召喚には2つの方法があり、モンスターを表側攻撃表示(表側縦向き)で召喚するか、裏側守備表示(裏側横向き)でセットするかのどちらかを選べるぞ。 ラッシュデュエルでは、手札のモンスターを1ターンに何体でも通常召喚できるんだ。

アドバンス召喚

レベル5以上のモンスターを通常召喚(召喚・セット)することをアドバンス召喚と言う。アドバンス召喚する場合は、自分フィールドにいるモンスターをリリースする(墓地へ送ること)必要があるぞ。 レベル5・6の場合は1体、レベル7以上の場合は2体のモンスターをリリースしよう。

表示形式の変更

前のターンからフィールドにいたモンスターは、1ターンに1度ずつ表示形式を変更することができる。 攻撃表示の場合は表側守備表示に、守備表示の場合は表側攻撃表示にできるぞ。また裏側表示のモンスターが表側表示になることを「リバース」と言う。

モンスターの【効果】

書かれている【条件】を満たすことで発動する効果が多いぞ。

通常魔法カードの使い方

手札から自分フィールドの「魔法&罠ゾーン」に表側で出して発動したり、裏側でセットしておき後から表側にして発動することもできるぞ。 使い終わった通常魔法カードは墓地へ送るんだ。通常魔法カードは1ターンに何枚でも使えるぞ。

フィールド魔法カードの使い方

自分フィールドの「フィールドゾーン」にのみ表側で出して発動したり、裏側でセットすることができるぞ。 表側で置かれている限り【効果】が発揮され続ける。古いフィールド魔法を墓地へ送って、新しいフィールド魔法を発動・セットすることもできる。フィールド魔法カードは1ターンに何枚でも使えるぞ。

罠カードの使い方1

自分フィールドの「魔法&罠ゾーン」に裏側でセットしておき、セットした次の相手ターンから使える。 発動できるタイミングが書かれていて、メインフェイズだけでなく、バトルフェイズや相手ターンに使えるカードもあるぞ。使い終わった罠カードは墓地へ送るんだ。罠カードは1ターンに何枚でも使えるぞ。

罠カードの使い方2

同じタイミングで発動できる罠カードが2枚以上ある場合発動できるのは1枚だけ。 まずは非ターンプレイヤー(そのターンのプレイヤーではない側)から罠カードを発動するかどうかを決められるぞ。 発動しなかった場合、そのターンのプレイヤーが罠カードを発動するかどうかを決められるぞ。

3.バトルフェイズ

モンスターカードで相手を攻撃するのがバトルフェイズだ。自分の攻撃表示モンスターは、それぞれ自分のバトルフェイズ毎に1回攻撃できるぞ。(ただし先攻の1ターン目はバトルフェイズがない)

自分のフィールドから"攻撃を行うモンスター1体"と、相手のフィールドから"攻撃対象となるモンスター1体"を選んで、攻撃宣言を行おう。

直接攻撃

相手フィールドにモンスターがいない場合は相手プレイヤーに直接攻撃(ダイレクトアタック)だ。 自分モンスターの攻撃力の数値分、
相手にダメージを与えるぞ。

攻撃表示のモンスターに攻撃

自分モンスターの攻撃力と相手モンスターの攻撃力を比べよう

自分モンスターの攻撃力が相手モンスターの攻撃力より高い場合
相手モンスターを破壊する。さらに差の数値分、相手にダメージを与える。
自分モンスターの攻撃力が相手モンスターの攻撃力と同じ場合
お互いのモンスターを破壊する。お互いにダメージ無し。
自分モンスターの攻撃力が相手モンスターの攻撃力より低い場合
自分モンスターを破壊する。さらに差の数値分、自分がダメージを受ける。

守備表示のモンスターに攻撃

自分モンスターの攻撃力と相手モンスターの守備力を比べよう※相手モンスターが裏側守備表示の場合は、表側守備表示に変更(リバース)してから守備力を確認しよう。

自分モンスターの攻撃力が相手モンスターの守備力より高い場合
相手モンスターを破壊する。ただし相手にダメージを与えることはできない。
自分モンスターの攻撃力が相手モンスターの守備力と同じ場合
お互いのモンスターは破壊されない。お互いダメージ無し。
自分モンスターの攻撃力が相手モンスターの守備力より低い場合
お互いのモンスターは破壊されない。ただし差の数値分、自分がダメージを受ける。

バトルの例

攻撃表示vs攻撃表示

お互いのモンスターの攻撃力を比べよう!自分のモンスターの攻撃力が高い場合、相手モンスターを破壊するぞ。

さらに、その差の数値だけ相手にダメージを与えるぞ!同じ場合は、どちらのモンスターも破壊されるがダメージは発生しない。

ただし、お互いのモンスターの攻撃力が0の場合は、どちらのモンスターもはかいされずダメージも発生しないぞ!

攻撃表示vs守備表示

攻撃表示モンスターの攻撃力と守備表示モンスターの守備力を比べよう!

攻撃力が高ければ相手モンスターを破壊できるが、相手にダメージを与えることはできないぞ。

守備力が高ければ、その差の数値だけ自分がダメージを受けるぞ!攻撃力と守備力が同じ場合はダメージは発生せず、どちらのモンスターも破壊されないぞ!

4.エンドフェイズ

ターンの最後はエンドフェイズだ。自分のメインフェイズやバトルフェイズで、できることが無くなったら「ターンエンド!」と言って、自分のターンを終了することをハッキリ伝えよう。

その他

同名カード/レジェンドカードの枚数

同じ名前のカードはデッキに各3枚まで入れられる。ただし「LEGEND(レジェンド)」アイコンが付いているレジェンドカードは、デッキに合計1枚しか入れられない。

モンスターの【効果】が使える回数

フィールドのモンスターの【効果】は、そのモンスターがフィールドに表側でいる限り1ターンに1度だけ効果を発動できるぞ。

モンスターの特殊召喚について

カードの効果など、通常召喚以外の方法でモンスターをフィールドに出すことを「特殊召喚」と言う。

デッキの枚数が足りなくなったら

デッキの枚数が足りなくなり、ドローするはずの枚数を引くことができなくなったら、そのデュエルは負けてしまうぞ。(例:デッキが4枚以下の状態で、手札が0枚のときにドローフェイズを迎えた場合など)

モンスターゾーンにモンスターが3体いる場合

自分のモンスターゾーンに3体のモンスターがいる場合、手札のレベル4以下のモンスターを通常召喚することはできないぞ。

魔法&罠ゾーンに魔法・罠カードが3枚ある場合

自分の魔法&罠ゾーンに魔法・罠カードが3枚ある場合、手札から通常魔法・罠カードの発動・セットを行うことはできないぞ。

【条件】【効果】のタイミングについて

カードの【条件】【効果】の処理は全て同一のタイミングで行われた扱いとなります。(直前に使用されたカードの【条件】【効果】の中に、罠カードの発動条件を満たす内容が含まれていれば、その罠カードはタイミングを逃すことなく発動することができます)