【レポート】24年3月30日開催 東京・千葉エリア対抗戦2023/幼児フェスティバル2023

皆さん、こんにちは!なすコーチです。今回は3月30日(土)に行われた「東京・千葉エリア対抗戦2023」「幼児フェスティバル2023」についてお話しいたします。

作成:

【レポート】24年3月30日開催 東京・千葉エリア対抗戦2023/幼児フェスティバル2023

目次

今年度最後のエリア対抗戦・幼児フェスティバル

Vol.34でも掲載しましたが、今大会が今年度最後の大会でした。今年度最後だからこそ、私は3つのことを意識してほしいということを書きました。大会が終了し、それらのことができていたのかを振り返ってみます。

失敗を恐れずチャレンジできていたか?

当日は、どの選手もたくさんチャレンジできていました。もちろんうまくいかずにミスをしてしまったシーンもありましたが、失敗をしなければ次にはつながりません。私も試合の中でたくさん失敗しましたし、失敗をしたことの方がよく覚えています。適当なプレーで失敗はダメですが、頑張った中での失敗は、次につながります。これからも積極的にチャレンジしていってほしいです。

全力を出し切ること!最後まで戦い抜くこと!

子ども達は全力を出し切っていたと思います。最後まで全力でボールを追っていたシーンなどが随所に見られました。試合の中で全力を出すことで、「勝ったうれしさ」「負けた悔しさ」や「できたプレー」「できなかったプレー」などいろいろな発見ができると思っています。
今回の大会を振り返って普段の練習に生かしていってほしいです。

たくさんのいいプレー!観客を魅了するプレー!

見ている観客から歓声を浴びるプレーが何回かありました。やはり技術が高いプレーや、あっと驚くプレーが出れば見ている方も楽しく大きな歓声が出ます。歓声を浴びるということは自分が活躍しているということです。活躍すればするほどサッカーは楽しくなってきます。普段の練習から技術練習を行い、活躍できる選手になれるようにしていきましょう。

MVP受賞選手紹介

小学1・2年生の部

ながはま いつき君

所属
コナミスポーツクラブ 西船橋

積極的なドリブルで多くのゴールを奪い、最後までチームに勇気をもたらすプレーができていたため選出しました。

小学3・4年生の部

やない ゆうほ君

所属
コナミスポーツクラブ 本店

後ろからの守備、自ら得点を奪うプレーなどオールラウンダーな活躍でチームの勝利に貢献していたため選出しました。

小学5・6年生の部

たかはし はるま君

所属
コナミスポーツクラブ 西船橋

高い技術で自らゴールを奪うだけでなく、チャンスメイクなどもできていたため選出しました。

まとめ

まず初めに、2023年度のイベントに参加してくれた子どもたち、普段のスクールに通ってくれた子どもたちにお礼の言葉を伝えます。ありがとうございました。
今大会は、総勢100名の子どもたちに参加し、たくさんのいいプレーが見られました。大会を通して「思い通りにプレーができた子」「思い通りにできなかった子」がいると思いますが、みんな一生懸命プレーをしていました。保護者の皆様は、子どもたちにぜひ労いの言葉をかけてあげてください。
コナミスポーツクラブ サッカースクールでは、引き続き普段の練習やこのようなイベントの開催を通じて、子どもたちが成長できるようサポートしていきます。
2024年度もさまざまなイベントを行いますので、引き続きよろしくお願いいたします。

体験申し込み受付中

申し込む

スクールを探す

検索する

保護者の皆様への
お願い

詳しく見る

各スクール
入会受付中

詳しく見る

運動塾子ども向けスクール一覧

関連情報

バナーはありません

エラー発生

タイムアウト

再読み込み