環境Environment

太陽光発電の活用

コナミキャンパスでは、地球環境への配慮として、2007年から太陽光および風力による自家発電システムを取り入れています。
この自家発電システムによって、年間102,969 kgのCO2排出量を削減できます(注1)。
これは、7,355本のスギの年間CO2吸収量に相当します(注2)。

(注1)2007年から2022年3月までの自家発電システムによる総発電量3,464,045 kW/hに、電力会社別に設定されたCO2排出係数を掛け合わせ、年間平均のCO2排出量を算出。 (注2)50年生のスギが1本当たり1年間約14 kgのCO2を吸収するものとして算出。(環境省/林野庁資料「地球温暖化防止のための緑の吸収源対策」より)
太陽光発電の活用 太陽光発電の活用

神戸テクニカルセンターでは、地球環境への配慮として、1997年4月から太陽光による自家発電システムを取り入れています。
この自家発電システムによって、年間2,503 kgのCO2排出量を削減できます(注1)。
これは、176本のスギの年間CO2吸収量に相当します(注2)。

(注1)1997年から2022年3月までの自家発電システムによる総発電量164,250 kW/hに、電力会社別に設定されたCO2排出係数を掛け合わせ、年間平均のCO2排出量を算出。 (注2)50年生のスギが1本当たり1年間約14 kgのCO2を吸収するものとして算出。(環境省/林野庁資料「地球温暖化防止のための緑の吸収源対策」より)
太陽光発電の活用 太陽光発電の活用