文化・学術・スポーツ

東京都の「夢・未来プロジェクト」に協力
当社社員のメダリストを講師として派遣

コナミスポーツクラブは、東京都教育委員会から協力依頼を受け、2017年9月2日に行われた平成29年度「夢・未来プロジェクト」に、当社社員で、アテネオリンピック競技大会とシドニーオリンピック競技大会に2大会連続で競泳競技の日本代表として出場し、シドニーオリンピック競技大会400mメドレーリレーで銅メダルを獲得した大西順子を、東京都文京区の公立小学校に講師として派遣しました。

「夢・未来プロジェクト」は、東京都教育委員会及び東京都生活文化局が主催し、オリンピアンやパラリンピアン等を学校に派遣するプロジェクトです。幼児・児童・生徒がオリンピアンやパラリンピアン等と直接交流することにより、オリンピック・パラリンピックの理念や価値を理解し、スポーツへの関⼼を高め、夢に向かって努力したり困難を克服したりする意欲を培い、進んで平和な社会や共生社会の実現に貢献できるようにすることを目的に実施されています。平成29年度は実施校数を昨年度の230校から310校に増やし、より多くの子どもたちがオリンピックやパラリンピックへの理解を深める機会になっています。

当日は、当社社員・大西が約150名の児童を対象に水泳の実技体験会と講演を行い、子どもたちとの交流を通じて、スポーツの素晴らしさや、夢や希望を持ち続けることの大切さを伝えました。

コナミスポーツクラブは、今後もこのような活動を通じて、スポーツの普及と発展に貢献します。

東京都の「夢・未来プロジェクト」に協力 東京都の「夢・未来プロジェクト」に協力
東京都の「夢・未来プロジェクト」に協力