Now Loading...
採用情報
Career Information

Jobs

仕事・社員紹介

お客さまに最高のサービスを提供するために。
一人ひとりの社員が自分の仕事に対する誇りと責任を持ち、 心から仕事に向き合っています。

プログラマー

6年目

裏方の技術者にとっても、
主体的に仕事に取り組める環境が整っている。

多くの人に喜んでもらえるゲームの仕事で
尊敬する父と同じ技術者として成長したい

技術者である父をずっと尊敬していて、情報工学を研究していた大学院生の頃は、卒業後は技術者として就職したいと漠然と思っていました。私はゲーム以外にもギターや麻雀など、色々な趣味に手を出していたこともあり、興味を持ったのがエンタテインメント業界。ゲームの仕事は人に喜んでもらえて、かつ技術者としても活躍できるところが魅力的でした。
入社後は『ウイニングイレブン』を制作している部署に配属されました。メニュー制作のプログラム作業などを経て、その後はシステム・グループで働いています。アーティストの仕事がはかどるように便利なプラグインを制作したり、アーティストの効率的なワークフローを構築したりする仕事を担当していました。アーティストとプログラマーとの橋渡し橋的な存在といえる、テクニカルアーティストと呼ばれる職種の仕事です。他にもバージョンを管理する仕組みを制作したり、ゲーム内で再生する動画を制御するためのプログラムを作成したりする業務もしていました。近年においてはシステム・グループにDBシステムというチームが発足し、リーダーを務めています。私を含めた4名のスタッフでデータベースメインの仕事を行っています。

自分たちで考えて問題を解決していく
裁量に任されていることがやりがいに

システム・グループというのは、ゲームそのものを制作しているというよりは、どちらかといえば裏方のような存在です。ゲームの基礎となる部分、あるいは制作環境を改善していく仕事を担う部門で、そこでモチベーションを保ちながら仕事ができるのは、主体的に行動して貢献できる環境だからです。現状問題視していることを上司に提案し、それに対してどういった技術を用いて解決するかを検討し、設計して実装する。勿論、具体的な依頼から始まる業務もありますが、基本的に技術面においては多くの裁量を与えてもらえるので、私はこの仕事がとても好きです。
一方で、システム・グループは全く異なる技術を持ったチームの集合体のような組織でもあります。例えば、サウンドに特化したチームもあれば、ゲームコンソールと連動するシステムをつくるチームもあります。チームごとに専門領域が異なるので、ノウハウが共有できないこともあります。なので、何かあれば自分たちで解決方法を考えて対応しなければなりません。

会社全体でワークライフバランスを重視
働きやすい企業風土は今後も大事にしたい

上司からよくいわれたのは、「問題を解決するためには、手段を選ばずに考えなさい」ということです。こういう風に解決しなければいけないといった答えはないので、苦しみながらいろいろな発想やさまざまな方向から手段を考えることが大切だと言われました。他にも、「特化した考え方に固執すると、さまざまな事例に対応できない。物事を抽象的に考えることも大切」といったことも教わりました。こうした考え方をいろいろと教えていただいたおかげで、自分自身で考えて解決することも自然に身につくようになったと思っています。
私はもともと技術的な解決スキルをもっと高めて会社に貢献したいという思いから、システムの仕事を志望しました。そこで制作したもの、あるいはその過程で得た知識には、部門を超え、社内という枠組みにおいても有用なものが存在すると思っています。今後は社内全体に還元できることをやっていきたいですし、さらには社外に対しても何らかの貢献ができるようになれると嬉しいです。例えば、成功事例をカンファレンスで発表できるような、そんなレベルの人材を目指したいです。
コナミグループの社風はフラットで、気兼ねなく意見を交わせる環境だと思います。また、ミスをしても怒られるというよりも、じゃあ今後はこうして対策していこうと提案して行動していく人が多いです。会社全体でワークライフバランスを意識して、職場環境を改善していこうという動きになっていますし、実際に私はここ数年、長時間残業をしたといった記憶はほとんどありません。休日などの勤務時間外に部署内で活動しているフットサルにしても、飲み会にしても自由参加ですし、こうした企業風土は大事にしていきたいです。

ある日の1日《プログラマー》

  • 9:00

    出社

    メール確認。この時間帯はまだ人が少なくて非常に静かなため、特に集中して開発しやすい。

  • 10:00

    チームで朝会

    チームの朝会で、テクニカルディレクターより連絡事項の共有がされる。朝会後、同じチームの方々と仕事やプライベートに関する雑談等もよくしている。

  • 11:30

    昼食

    コミュニケーションスペースを利用して、同期と食事。

  • 13:00

    ミーティング

    大規模なデータベース改修に向けて、データ管理チーム及びその他関連するチームの方々とミーティング。

  • 14:00

    データベース開発及びデータ制作のためのツール対応

    『ウイニングイレブン』では毎週データ更新を行なっている。これを実現するため、データ制作を補助するためのツール保守、また何かデータに問題が起きた際は調査を行なっている。並行して次回作に向けた データベース開発、ツール整備を行なっている。

  • 17:45

    退社

    帰宅して家事。学生時代と比較して体力が落ちてきた(というか太ってきた)ので、最近は週2回プールに通っている。たまに部署の方々と一緒にフットサルもやる。(以前は幹事をやらせて頂いたこともあり、普段仕事ではあまり関わらない職場の方とも交流するきっかけになったりした。)

先輩ってどんな人?ひとことメッセージ

  • あなたを構成している「要素」って何ですか?

    広く浅く趣味を楽しんでいます。噛じった程度のものも多いです。唯一子供の頃から噛み続けているのは健康イカくらいでしょうか。大好物です。また会社の先輩、後輩とのプライベートな交流として、全自動雀卓を購入して自宅に設置し、月1ペースでその卓を囲んでいました。(今は引っ越した関係で雀荘を利用)

  • 好きな言葉は?

    イデアの世界に近づきたい
    自分の師匠にあたる会社の先輩が物事を抽象的に突き詰めて考えようとしていることを表現する際に、恍惚の表情で放った言葉です。今も私の心に深く残っています。

    元気があれば何でもできる
    歳を重ねる度に健康であることの有り難みをよく感じ、同時にこの言葉を思い出します(健康は元気の一部と捉えています)。自分にとって健康こそ最も大きな資産だと思っています。

  • 尊敬する人物は誰ですか? その理由

    両親
    父は他業種ではありますがエンジニアをやっていて、活躍している姿を見てきました。父としてもエンジニアとしても尊敬しています。母は好き嫌いの多かった自分を根気よく育ててくれて、またよくゲーム等で遊び相手になってくれました。二人には頭が上がりません。

  • 自分の得意とするところは?

    アクセルを踏むのは得意な方だと思います。多少臆するような場面だとしても、目的達成のために邁進する、納得できないことは退かずに粘り強く話し合う等です。この性質が、周りが見えなくなるといった短所にならないように、客観視していけるよう努力していきたいと思っています。

  • 使用しているアプリケーションや開発ツールは?

    VisualStudio, Emacs, VirutalBox, Redmine 等
    以前は Maya, Photoshop, Flash等のDCCツールをプラグイン開発のために良く使っていましたが、現在はMayaを少し利用する程度です。

  • 将来の夢は何?

    ゲーム制作そのものというよりは裏方の仕事と言える部分を担ってこそいますが、ゲーム制作環境を改善していくということにモチベーションを持って働いています。いずれは、部署内は勿論のこと、社内外の開発現場に何かの形で貢献できるような人材になっていきたいです。
    そのために日々技術を学び、より良い設計について考えていきたいですね。その上で必要であれば、私もイデアの世界に近づきたいです。