トップメッセージ

株主の皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

2015年度の当社グループの業績につきましては、デジタルエンタテインメント事業が好調に推移したことにより、当初計画を上回る成果を上げることができました。日頃のご支援に感謝申し上げます。

さて、世界経済を見渡しますと、新興国経済の減速等の影響を受け、先進諸国には慎重な姿勢が広がりつつあります。そして日本経済は、海外経済の余波や地震・円高の影響から、不透明感の強い状況にあり、景気停滞を回避する財政施策による需要促進が求められております。

当社グループが事業展開する娯楽市場におきましては、世界中でスマートフォンやタブレット端末が普及するとともに、バーチャルリアリティーや人工知能といった新しい技術開発が進んでおり、ビジネスチャンスは拡大しております。

また、健康市場におきましては、特にシニア世代を中心とした健康志向の高まりにより、当社グループに寄せられる期待は、ますます大きくなっていると考えております。

当社グループは持株会社体制により、各事業会社が市場のニーズやユーザーの変化に的確に対応し、社会的な責任を果たすための体制構築に日々努めております。

引き続き「コナミグループ」を競争力ある企業グループとし、価値向上を目指してまいりますので、株主の皆様におかれましては、今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2016年6月
代表取締役社長 上月拓也