事業領域

デジタル
エンタテインメント事業

(日本・米州・欧州・アジア・豪州・アフリカ)
デジタルエンタテインメント事業

新しいユーザー体験の創出

KONAMIのデジタルエンタテインメント事業は、これまで50年以上にわたり、時代の変化をとらえ、常に独創的で新しいゲームコンテンツとその楽しみ方を提供してきました。
1970年代初期のアミューズメント機器(アーケードゲーム)の製造販売を始めとして、1980年代以降は家庭用ゲームの制作、2010年代以降はモバイルゲームの制作・配信をいち早く開始しました。
近年は、モバイル端末や家庭用ゲーム機器などの各種デバイスが高性能化し、ネットワークを通したエンタテインメントの提供が急速に普及する中、それぞれのデバイスの特徴に合わせた遊び方の提案やマルチデバイス展開、クラウドゲームプラットフォームでのタイトル提供なども行っております。
また、ゲームを競技としてとらえる「eスポーツ」のリーディングカンパニーとして、eスポーツに対する取り組みにも早くから注力しており、新しいユーザー体験の創出に取り組んでいます。
これからも、「AI」や「5G/6G」、「VR/AR」などの新たな技術を活用して、次なるイノベーションへのチャレンジを続けていきます。

『プロ野球スピリッツA』 モバイルゲーム
『eBASEBALL
パワフルプロ野球2022』
家庭用ゲーム
『遊戯王 マスターデュエル』 モバイル・家庭用ゲーム
『遊戯王
オフィシャルカードゲーム
デュエルモンスターズ』
カードゲーム
『eFootball™ 2023』 モバイル・家庭用ゲーム
『桃太郎電鉄
~昭和 平成 令和も定番!~』
家庭用ゲーム
『ときめきメモリアル
Girl's Side 4th Heart』
家庭用ゲーム
『CRIMESIGHT』 家庭用ゲーム

eスポーツのさらなる
拡大・活性化に注力

KONAMIは、2001年から「eFootball™」シリーズの世界選手権、2003年から「遊☆戯☆王」シリーズの世界選手権、2016年から「パワフルプロ野球」シリーズの日本選手権など、多様なゲームコンテンツを活用してeスポーツ大会を開催しています。
さらに、2020年には「コナミクリエイティブセンター銀座」に、eスポーツの配信に特化した施設「esports 銀座 studio」、eスポーツデバイスの体験型ショールーム「esports 銀座 store」、eスポーツ界で活躍できる人材を育成する「esports 銀座 school」を開設し、eスポーツのさらなる拡大・活性化に向けて、さまざまな新しい取り組みを行っています。

「eBASEBALLプロスピAリーグ」
2021シーズン
2021年12月-2022年1月 モバイルゲーム「プロ野球スピリッツA」を競技タイトルとした、プロ野球eスポーツリーグ。プロ野球12球団の球団代表選手が、セ・リーグとパ・リーグに分かれて競い、日本一の座を決定。
一般社団法人日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメントが共催。
「プロ野球 "バーチャル"開幕戦 2022」 2022年3月 家庭用ゲーム『eBASEBALLパワフルプロ野球2022』を使用し、2022シーズンのプロ野球開幕カードで対戦。
一般社団法人日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメントが、文化放送とニッポン放送の協力のもと開催。
「eオールスター2021」 2021年9月 家庭用ゲーム『eBASEBALLパワフルプロ野球2020』を使用したバーチャルイベント。
"プロ野球 現役チームvsレジェンドOBチーム"をテーマに、ゲームならではの夢の対決が実現。
一般社団法人日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメントが共催。
「eFootball™ Championship 2022」 2022年6月-8月 『eFootball™ 2022』公式のeスポーツ。
欧州プロサッカークラブと契約するeスポーツプロ選手が参加する「eFootball™ Championship Pro 2022」と全てのプレーヤーが参加可能な「eFootball™ Championship Open 2022」の2つを開催。
「明治安田生命eJリーグ
ウイニングイレブン 2021シーズン」
2021年4月-8月 モバイルゲーム『eFootball ウイニングイレブン 2021』を競技タイトルとした、J1・J2の全42クラブが代表メンバーを選出して行うクラブ対抗戦。
公益社団法人 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)とコナミデジタルエンタテインメントが共催。
「KCグランドトーナメント2022」 2022年5月-8月 モバイル・PCゲーム『遊戯王 デュエルリンクス』にて、『遊戯王 デュエルリンクス』世界一を決定する大規模オンライン大会。

最新技術を用いた
コンテンツを展開

KONAMIは、これまで、最新技術を用いた数多くのコンテンツを展開してきました。
『eFootball™ 2022』では、選手のボディスキャンや、実在するスタジアムの高精度3Dスキャンをはじめとした技術に加えて、独自のサッカーゲームエンジンの開発・導入により、選手の細かいステップやグラフィックなどが再現可能になりました。
また、「プロ野球スピリッツ」シリーズでは、3Dスキャン技術で12球団の選手の360°撮影を行い、選手の顔やフォームを忠実に再現し、シーズンごとの実績データを基に選手ごとのAIを搭載することで、本物さながらの試合の臨場感を再現しています。
その他にも、『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』『eBASEBALLパワフルプロ野球2020』でのVR対応や、『遊戯王オフィシャルカードゲーム』世界選手権でのARデュエルなど、最新技術を用いて「新しいユーザー体験」を創出する取り組みを続けています。

国内外で知名度の高い
ブランドを数多く展開

全世界でシリーズ累計販売本数1億1,250万本を超える「eFootball™」(旧シリーズ名「ウイニングイレブン」)シリーズ、 5,930万本を超える「メタルギア」シリーズ、 2,430万本を超える「パワフルプロ野球」シリーズなど、KONAMIは、国内外で知名度が高いタイトルを数多く保有しています。また、モバイル端末・ゲーミングプラットフォームに向けたゲームの制作・配信も積極的に推進しており、全世界で多くのお客さまに楽しんでいただいています。

家庭用ゲーム
タイトル名 発売開始
時期
累計販売本数
「eFootball™」
シリーズ
1995年 1億1,250万本
「メタルギア」シリーズ 1987年 5,930万本
「パワフルプロ野球」
シリーズ
1994年 2,430万本
(注) 2022年9月末時点
モバイルゲーム
タイトル名 配信開始
時期
累計ダウンロード数
「eFootball™」シリーズ 2017年5月 5億2022年2月時点
遊戯王 デュエルリンクス 2016年11月 1.5億2022年3月時点
実況パワフルプロ野球 2014年12月 4,700万2022年5月時点
プロ野球スピリッツA
(エース)
2015年10月 3,000万2022年3月時点

事業会社

グローバル展開

日本、北米、欧州、アジアの各地域で独自性の高いコンテンツを
創出し、国境を越えて、さまざまな地域で展開しています。

お知らせ [ 一覧 ]