Master League

eFootball ウイニングイレブン 2020

新しいMaster Leagueが開幕する。
クラブ内部で日々起きている多くの事象を、よりリアルに体感できるようになったMaster Leagueをお楽しみください。

Master League

監督モデルの進化

自らの分身となる監督アバターは、総勢18名から選択可能。レジェンド監督は、クライフ、マラドーナ、ジーコ、ロマーリオ、ベベト、ロベルト カルロス、マテウス、フリットの8名。
選手として輝かしい実績を残した往年の名選手を、監督としても“レジェンド”にしよう。

プレシーズンでの戦力の見極め

プレシーズンに開催される“International Champions Cup”。
ここで、期待の若手や新戦力を起用し、クラブに勢いを生みだそう。

ダービーマッチ

宿命のライバルクラブとのダービーマッチは、長いシーズンの単なる1試合ではない。 ダービーに向けたクラブに張り詰める緊張感、メディアとのやり取り、ダービー当日のロッカールームの臨場感を体感できる。
激しく向かってくる宿敵を倒し、サポーターと歓喜の瞬間を迎えよう。

ターンオーバー

ビッグクラブであれば、国内のリーグ戦やカップ戦に加えて国際大会もスケジュールに組み込まれる。
過密日程を乗り切るには、主力に休養を与えてサブメンバーを起用する決断も必要だ。
試合経験の浅い若手や経験豊富なベテランによる、大胆なターンオーバーができるか。

リアルデータ

最新の移籍市場をリサーチし、移籍金や給与の金額がよりリアルなものになった。
若く才能にあふれる選手は高額の移籍金が要求され、経験豊かであってもベテランは安価な傾向に。
クラブの規模に応じて予算も現実的なものが設定されるので、チームの将来性を考慮した戦略的な動きが求められる。

獲得交渉

選手の獲得交渉もより現実的なものとなり、相手の代理人から年俸の増額や出場オプションの追加といったカウンターオファーが要求されることもある。
ステップアップを狙っている選手は契約解除金の引き下げを求めることも。
スポーツディレクターのコメントをふまえた決断が求められる。

移籍思考の強化

現実の国籍や所属リーグ、チーム間の移籍傾向を分析し、各チームの移籍動向に反映されるようになった。
ライバルチーム同士の「禁断の移籍」を狙うのであれば、よほどの好条件でなければ相手を納得させることはできないだろう。
また、資金力の乏しいチームや期待の若手を所持しているチームは、レンタル移籍を活用することもある。

自分だけの物語を。 この夏、Master Leagueが変わる。