Visual

eFootball ウイニングイレブン 2020
Visual
フォトリアリズムを追い求めて——
細部に宿る、突きつめた映像美。

ふと画面に映ったスタジアムを見てみる。

高性能3Dスキャンで忠実に再現されたスタンドと、沸く観客の姿。 目前のピッチには角度により表情を変える柔らかな芝が描かれ、頭上には試合開始時刻に連動した情緒ある空の色が広がる。 躍動する選手のうごめく肉体、そのユニフォームには自然な皺と張りがある。

フォトリアリズムのさらなる追求により、今作の映像美はウイニングイレブン最高の域に達した。

Visual

試合時刻を忠実に再現するライティング

スタジアムはいくつもの顔を持っている。 1日の中で移りゆく太陽が届けてくれる光は、スタンドや芝に色とりどりの表情を与えるからだ。

強い日差しが照らすスタンド。それはやがて夕暮れの柔らかな光に包まれる。 夜空の下、輝く照明の中で繰り広げられるナイトゲームがもたらす高揚感——

今作で実現したのは、世界中のスタジアムにあるそんな当たり前の姿だ。 キックオフ時刻にあわせ太陽の位置は変わり、フィールドに伸びる影が臨場感を加える。

ウイニングイレブンの景色が、また美しくなった。

Visual

選手フォルムの向上

皺と質感。 今作の選手フォルムに表れているのは、ディテールを追い求めた末にたどり着いたクオリティだ。

サッカー選手として理想的な体型のモデルの全身3Dスキャンを行い、質感を向上させる皺や動きに注目。 大きなものから細かいものまで複雑に、あえて不規則に。 自然で精細な選手フォルムが完成した。

Visual

演出の強化

ドキュメンタリー映画を思わせるコントラストや色使い、モーションブラーの品質向上により、試合中のデモシーンやハイライトの臨場感がさらに増幅された 。

Visual

芝生へのこだわり

スタジアムを彩る芝生にも新たな革新が 。

ゲームプレイ視点においても芝生の立体感と”やわらかさ"が表現されるように。 さらに、画面手前の密度を感じさせる芝生の描写と遠方との対比が、プレー中もピッチの"広さ"を伝えてくれる 。

New Features