Winning Eleven 2019

NEW FEATURE

ピッチ上での革新

ピッチ上で起こるあらゆるプレーがドラマチックに。

「ライジングシュート」、「ドロップシュート」「エッジターン」、「ノールックパス」、「コントロールループ」など、新たに11のスキルを追加し、全39種のスキルにより選手の特徴ある動きを再現。
トレンドのプレースタイル「インナーラップサイドバック」も採用。
選手の個性が際立ち、ボールをめぐる1対1の攻防も、チームの戦術を駆使した駆け引きも、さらに楽しく熱くなる。

ディフェンスラインでのゆったりしたボールキープ、相手に体を寄せられながらの必死のターン、サイドを突破する切れ味鋭いフェイント。ピッチ上のあらゆるシチュエーションで、これまで以上にリアルでスムーズなドリブルによる駆け引きが生まれる。

新たなキックシステムは、必死に伸ばすGKの手を弾き飛ばす強烈な弾道から、うまくボールを捉えられずにゴールマウスをかすめて天を仰ぐ様まで、ゴール前の緊迫感と歓喜をさらにバリエーション豊かに描き出す。

試合のペースがさらにリアルに。
選手のスタミナがプレーに与える影響を徹底的に分析、再現。キックオフ直後の高いテンションでの攻防、徐々にスペースが空き始める試合中盤、タイムアップが迫り疲労の色が濃くなる中、交代選手が作り出すチャンスシーンの連続。
90分間の試合の流れを読み、勝利をつかみ取ろう。

アウト オブ プレー時の“クイック Subs(交代)”を追加。ポジションや疲労状況などに応じて、交代候補が表示される。
試合の流れを妨げることなく、戦局を変える采配が可能に。

より自然なボールの挙動を実現。選手の体勢や蹴り方によるキックの弾道はもちろん、シュートブロックやGKが体に当てたボールのバウンドにも、さらにリアルな物理挙動を再現。

体のあらゆる部位を使いトラップを行う”フルボディタッチ”も進化。ボールのバウンドや周囲の状況に応じて、自然でスムーズなトラップが可能に。一瞬の判断で相手の裏を付くプレーを生み出せる。