現在マスターリーグにおいて、一部選手(※)の獲得と、自チームからの選手放出を同じ日程で行った場合、日程進行できなくなることを確認しています。

※[選手情報]の[チーム]が下記いずれかの選手
 ・未所属
 ・エディット選手
 ・その他

この不具合は、以下のいずれかの方法で回避できます。

1.該当選手を獲得した場合、同じ日程で自チームの選手の放出交渉を「成立」させない。
2.自チームからの選手の放出交渉を「成立」させた場合、同じ日程で該当選手を獲得しない。

本現象が発生した状態で保存したセーブデータは、日程進行できない不具合を回避することができません。
本現象が発生する以前のセーブデータからやり直していただけるようお願いいたします。

本件については今後配信予定のパッチファイルにて修正予定です。

お客様にはご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。