社会活動

被災地の復興を引き続き支援 ~コナミグループ社員一同からの義援金を活用 「子どもダンス教室」を開催~

2016年8月28日

コナミグループは、東日本大震災の復興支援を目的に、社員一同から寄せられた義援金を活用した「子どもダンス教室」を、8月28日から岩手県陸前高田市(りくぜんたかたし)で開始しました。
1,500人以上が亡くなる等、岩手県で最も大きな被害を受けた自治体の1つ、陸前高田市。
震災から5年が経過した今もなお、空き地や整備中の土地が目立つ被災地ですが、災害公営住宅の建設と入居が進むなど、復興への道のりを着実に歩んでいます。
一方、公園や学校の校庭に仮設住宅が建設されることで、特に、低学年や未就学の子どもたちが運動できる場所は以前より少なくなっており、運動不足とそれがもたらす健康面への影響が新たな課題となっています。

~特命課長 小國 大作 氏(岩手県政策地域部 政策推進室)コメント~
被災地では身体を動かす場所とかそういったところを含めて減少しています。あらゆる機会を捉え(運動を支援する)活動していますが、(自治体だけでは)一定の限界があるのも事実です。コナミグループにご理解いただけて、こうした活動をご提供いただけるのは、我々としては感謝しています。

今回コナミグループが取り組む「子どもダンス教室」は、コナミスポーツクラブの子ども向けダンススクール「ダンシングスターズ」で培ってきたノウハウを活用し、被災地の子どもたちの運動不足の解消と、心のケアを目的に開催するものです。
当日は陸前高田市内の施設で、4歳から6歳の子どもたちを対象としたダンス教室を開催。
コナミスポーツクラブのインストラクターがレッスンを行い、子どもたちに音楽に合わせて身体を動かす楽しさを体感いただきました。

~小児科医長 森山 秀徳 氏(岩手県大船渡病院)コメント~
ダンスは音楽に合わせて身体を動かすので、子どもの発達を促すという意味でもすごく大事なので、コナミさんがすごく良い支援をしてくださるのでありがたいと思っています。

今後1年間、2ヶ月に1回のペースで、陸前高田市で開催していく予定の「子どもダンス教室」。
コナミグループは他にも、コナミスポーツクラブ スポーツ競技部の選手が参加するイベントなども開催する予定です。
コナミグループは今後も、良き企業市民として持続可能な社会の発展に貢献できるよう、グループ全社でCSR活動に取り組んでいきます。

公開:
2016.08.31

関連サイト
被災地の子どもの健康づくりに協力、「こどもダンス教室」開催
コナミスポーツクラブ|キッズ|ダンス
コナミスポーツクラブ|キッズスクール「運動塾」

権利表記について

PAGE TOP

KONAMI News Channel