社会活動

被災地の復興を引き続き支援 ~コナミグループ社員一同からの義援金を活用 運動教室を開催~

2016年7月13日

コナミグループは、東日本大震災の復興支援を目的に、コナミグループ社員一同から寄せられた義援金を活用した運動教室を、7月13日から宮城県気仙沼市で開始しました。
コナミグループではこれまで、義援金の寄付やコナミスポーツクラブの運動教室の開催に加え、社員一同に向けた義援金の募集を毎年実施するなど、東日本大震災の復興を継続的に支援してきました。
今回は、2012年から運動教室の開催などで連携してきた宮城県気仙沼市で、コナミグループ社員一同から寄せられた義援金を開催予算として活用し、被災者の健康づくりをサポートしていきます。
東日本大震災から5年。
被災地では、災害公営住宅の建設と入居が進み、復興への道のりを着実に歩んでいます。
しかし、住民の高齢化や一人暮らしの増加等に加え、災害公営住宅の周辺地域では、空き地や整備中の土地が目立つなど、コミュニティの復活に向けた、新たな課題も浮かび上がっています。
更に、一人暮らしの高齢者には、健康管理やストレス対策も大きな課題です。
今回コナミグループが取り組む運動教室は、運動を通じて地域住民の皆さんの健康を支えると共に、運動をきっかけに、新たなコミュニティーや地域の絆づくりにも寄与する事を目的に開催するものです。
7月13日の午前中には、気仙沼市役所で、9月から開催する男性の高齢者を対象とした運動教室を前に、地域で高齢者を支援している方々に向けて、運動ノウハウを指導しました。
参加頂いた皆さんには、この日に学んだことを生かして、地域の方々に、運動教室への参加を促して頂きます。
午後からは、気仙沼市内の「みやぎ生協」の集会所を訪れ、シニア向けの運動教室で指導を行いました。
この運動教室は、2012年にコナミスポーツクラブが、経済産業省の「平成23年度東北復興に向けた地域ヘルスケア構築推進事業」として運動教室を実施して以来、
地元のボランティアの方が中心となり、継続して開催しているものです。
今回は、当時とは異なる、新たな運動プログラムを中心に指導を行います。

公開:
2016.07.21

関連サイト
被災地の復興を引き続き支援、「シニア向け運動教室」開催
コナミグループの東日本大震災における支援・対応
被災地で健康づくり支援
災害被災者に義援金を寄付

権利表記について

RELATED MOVIE 関連動画

PAGE TOP

KONAMI News Channel