社会Social

コナミスポーツが「スポーツエールカンパニー」に3年連続で認定
~従業員の健康増進への積極的な取り組みが評価~

コナミスポーツ株式会社(以下、コナミスポーツ)は、地域と連携した従業員の健康増進に向けた取り組みや、オンラインを活用したコロナ禍における運動機会の創出が評価され、スポーツ庁より「スポーツエールカンパニー」に3年連続で認定されました。

コナミスポーツは、全ての従業員が心身共に健康な状態で働くことのできる企業を目指す取り組みの一環として、スポーツや運動に取り組む環境づくりを積極的に行っています。

■コナミスポーツの従業員に対する健康増進に向けた近年の取り組み

従業員の運動と地域社会との連携

走る、ごみを拾う際にひざの屈伸をするなどの運動をしながら清掃活動を行う「プロギング」への参加を社員に呼び掛け、地域の清掃活動と併せて運動に取り組む機会を設けました。


「プロギング」活動の様子

コロナ禍における従業員への運動機会の創出

外出自粛による運動不足解消を目的に、以前より公開している無料動画「コナミメソッド」に加えて、スタジオプログラムやサッカー・テニス・体操・ダンスの練習のポイント紹介動画をコナミスポーツクラブ公式YouTube・Instagramに配信し、社内掲示板などを利用して、従業員にも利用を促進しました。


コナミスポーツクラブ公式YouTube動画

■「スポーツエールカンパニー」認定とは

「働き盛り世代」のスポーツ実施を促進し、スポーツに対する社会的機運の醸成を図ることを目的として、「Sport in Lifeコンソーシアム」に加盟している企業のうち、従業員の健康増進のためにスポーツ活動の促進に積極的に取り組む企業をスポーツ庁が認定する制度です。
※2021年度末までに国民のスポーツ実施率65%(スポーツ実施者を新たに1,000万人増加)の達成に向け、地方自治体、スポーツ団体、経済団体などオールジャパンでスポーツ振興に取り組んでいく、という趣旨に賛同した関係団体で構成されている

コナミスポーツはこれからも、スポーツ振興を社会における当社の重要な役割と捉え、社員の運動促進を図るとともに、良き企業市民として「スポーツを通じたまちづくり」に貢献し、より多くの人々がスポーツに親しめる環境整備やサービスの提供に努めていきます。