爽やかな新緑の季節も終盤に入り、これから湿度が高くなる梅雨の季節を迎えます。梅雨の時期はお出かけしても服や靴が濡れてしまったり、洗濯物がちゃんと乾かなかったりと普段の生活の中でストレスを感じることも多い季節と言われています。
今回は、そんなストレスの解消に関わる脳内物質(ホルモン)についてご紹介したいと思います。

アドレナリン

まずは、良く聞き慣れた名前だと思われますが、アドレナリンがあります。このホルモンは興奮状態の時や、大きな声を出した時にも分泌され、同様にストレスと戦う作用を持ちます。ハンマー投げの選手などが競技中に大きな声を出すのも、このアドレナリンを活性化させるためだといわれています。このアドレナリンの分泌は、カラオケで大声を出すことなどによっても期待出来ます。

セロトニン

次に、セロトニンです。このセロトニンは分泌されるとすっきりした気分になるもので、ジョギングや自転車、階段の昇り降りなどのリズム運動を行うことにより、分泌が促されます。
梅雨の長雨が続くと外での運動は億劫になりがちですが、室内でも手軽にストレス解消につながるアイテムをオンラインショップにご用意しております。 また、セロトニンは運動以外でも、朝食をよくかんで食べる、朝起きてからカーテンを開けて日光を浴びることでも活性化されるといわれています。 梅雨の晴れ間は積極的に外出するなど日光を浴びることを心がけてみては如何でしょうか。

ドパミン

目標の設定、達成を繰り返すことによって分泌されるドパミンというホルモンも、幸福感を高め、ストレスを軽減する作用があります。これから運動を始めようという方、すでに取り組まれている方も、まずは小さな目標設定から、その達成に向けて取り組まれてみてはいかがでしょうか?カロリDietはそんな皆さまの目標設定をお手伝い致します。

/a>

雨が続き湿度の高くなる梅雨の季節は何かと憂鬱な気分になりがちですが、
自分に合った解消方法でストレスと上手に付き合っていきましょう。