1. トップ
  2. KONAMI WELLNESS MODELS
  3. 正しい泳ぎ方で、スイミングをもっと楽しく!

2018年4月11日

  • #運動

正しい泳ぎ方で、スイミングをもっと楽しく!

「ダイエットをしたい」、「体力をつけたい」、「肩こり・腰痛を緩和したい」など、
スイミングはさまざまな目的で、多くの方が取り組んでいるスポーツです。

しかし一方で、「上手に泳げない」、「苦手意識がある」といった方も多いのではないでしょうか?

スイミングを行う時には、正しいフォームで行うことがとても重要です。
正しいフォームで行うことで、より効率のよい運動効果が得られます。

ここでは、代表的な泳法である、クロールと平泳ぎについて解説いたします。

正しいクロールの泳ぎ方

「クロール」は水泳の中でもっとも基本となる泳ぎ方です。 他の泳ぎ方にもクロールのコツがとても役に立ちます。クロールのコツを覚えて、さらにいろんな泳ぎが出来るようになると、どんどん水泳が楽しくなっていきます。

正しい平泳ぎ方法

手足を交互に動かす「平泳ぎ」は、ほかの泳法とは違った要素が多く、難しいと感じる人も多いようです。 ここでは、簡単にできる足の蹴り方、手のかき方のコツと、ポイントとなる蹴り方の練習方法をご紹介します。

コナミスポーツクラブ選りすぐりのブランド商品コナミスポーツクラブ セレクションコナミスポーツクラブ選りすぐりのブランド商品 コナミスポーツクラブ セレクション

この記事が気になった方はこちらもチェック

    一覧へ戻る

    この記事の関連商品

      フィットネスポールの動作 〜股関節を緩める〜

      関節の可動範囲を広げてスムーズに身体を動かすことが出来るようになると、運動のパフォーマンスアップや腰痛の予防につながります。

      この動画をシェア

      手軽に腰痛を予防・軽減したい!腰痛対策1 〜ハムストリングスのストレッチ〜

      「太ももじゃなくて腰なのに……」と思いがちですが、特に太ももの裏側のストレッチは腰痛の予防と軽減の両方に効果的です。
      ただし、痛みがあるときはこの運動は避け、下部でご紹介しているドローインを行ってください

      この動画をシェア

      腰に不安をお持ちの方はこの運動から腰痛対策2 〜ドローイン〜

      「腰痛なのに腹筋のトレーニング?」と思われるかもしれませんが、腹筋が落ちていると正しい姿勢がキープできず、腰痛の原因になってしまいます。
      また寝転びながらできるので、腰に不安をお持ちの方はまず、このドローインからチャレンジしてください。

      この動画をシェア

      筋肉つけて美姿勢キープ! 腰痛対策3 〜スクワット〜

      足腰周りだけでなく、お腹周りの筋肉までアプローチできるのがスクワット。身体を支えるための筋肉を鍛えられる、基本運動といっても過言ではありません。
      だし間違ったやり方で続けてしまうと、効果が出るより先に身体を痛めてしまうことも。
      動画を通して正しい運動を覚え、美しい姿勢を保てるようになりましょう。

      この動画をシェア