1. トップ
  2. コナミスポーツクラブ オリジナル
  3. フィットネス&トレーニング
  4. コナミスポーツクラブフィットネスポール

コナミスポーツクラブフィットネスポール

コナミスポーツクラブ インストラクター おすすめ
簡単・手軽にセルフ・ストレッチ

「フィットネスポール」は、体軸を整え形成するというフィットネスのコンディショニングトレーニングで使われるツールです。
円柱状の「フィットネスポール」を利用して、バランスをとりながらエクササイズを行うことで体軸を整えます。

カラー
4色(ブラック、アイボリー、ピンク、ラベンダー)
メーカー
コナミスポーツライフ
メーカー希望小売価格
6,980円(税抜)

ご購入はこちら

二足歩行をしている人間は、カラダの中で一番重い頭を支えているため、脊柱とその周りの筋肉群が長時間緊張し、
人によっては脊柱起立筋が凝ってしまいます。この状態になると一般的なストレッチではなかなかほぐしきれません。
そこで役立つのが「フィットネスポール」です。姿勢を整えたり骨盤の調整や肩こりの予防など誰でも簡単・手軽に行え、
一般の方だけでなく、トップアスリートが体幹を鍛えるためのトレーニングとしても使用されています。

INSTRUCTOR’S VOICE

身体は、使いすぎたり偏った使い方をすると硬くなります。
その際に、ストレッチや筋膜リリースが必要になります。

ストレッチとは、筋肉を伸ばして柔軟性を高めることです。
筋膜リリースは全身を包んでいる筋肉の膜ををほぐし、筋肉の動きや伸張性を改善することです。
体が柔らかくなり、腕、脚の動きが大きくとれるようになると、身体が硬いときより運動効率を上げることができます。
広い可動範囲でスムーズに体を動かす事ができれば、運動のパフォーマンスアップにつながり、ケガの予防にもなります。

コナミスポーツクラブのフィットネスポールは適度な硬さで作られていますので、各部位をピンポイントで押さえることができます。

適度な硬さがコンディションを整える

「フィットネスポール」は、ストレッチや体幹トレーニングにも適した硬さとなっています。
適度な硬さにより、各部位に当てた際の面積が小さく、適度に圧がかかるために、筋膜リリースの際により奥の組織へアプローチがし易くなります。
また背中で乗った際に面積が小さいことで、バランスを取ることが要求されるため、体幹を固定させようとする筋肉がより働きやすくなります。

コナミスポーツ 体操競技部 愛用

コナミスポーツ 体操競技部も、練習時のウォームアップやクールダウンなどで使用。
トップアスリートが選ぶ本格クオリティ。

コナミスポーツクラブ インストラクターによる使い方講座

コナミスポーツクラブのインストラクターが、使い方からエクササイズ方法まで動画で解説。 
動画を見ながらおうちで楽しくセルフストレッチ!

フィットネスポールとは?
フィットネスポールの動作動画を見る
フィットネスポールの動作 〜肩(1)〜
フィットネスポールの動作動画を見る
フィットネスポールの動作 〜肩(2)〜
筋膜リリース動画を見る
フィットネスポールの動作 〜股関節〜
筋膜リリース動画を見る
筋膜リリース 〜背中〜
筋膜リリース動画を見る

商品仕様

サイズ 長さ98.5cm×直径15.5cm
本体質量 約680g
カラー ブラック・アイボリー・ピンク・ラベンダー
材質 カバー:ポリウレタン
芯材:発泡オレフィン樹脂
生産国 日本

ご購入はこちらから

コナミスポーツクラブフィットネスポール

カラー
4色(ブラック、アイボリー、ピンク、ラベンダー)
メーカー
コナミスポーツライフ
メーカー希望小売価格:
6,980円(税抜)

この商品の関連商品

    この商品が気になった方はこちらもチェック

      一覧へ戻る

      フィットネスポールとは?

      偏った筋肉の使い方は、筋肉の硬化を招き姿勢を崩す原因となります。
      身体を柔らかくすることにより、肩こりの予防にもつながります。

      この動画をシェア

      フィットネスポールの動作 〜肩(1)〜

      偏った筋肉の使い方は、筋肉の硬化を招き姿勢を崩す原因となります。
      身体を柔らかくすることにより、肩こりの予防にもつながります。

      この動画をシェア

      フィットネスポールの動作 〜肩(2)〜

      偏った筋肉の使い方は、筋肉の硬化を招き姿勢を崩す原因となります。
      身体を柔らかくすることにより、肩こりの予防にもつながります。

      この動画をシェア

      フィットネスポールの動作 〜股関節〜

      関節の可動範囲を広げてスムーズに身体を動かすことが出来るようになると、運動のパフォーマンスアップや腰痛の予防につながります。

      この動画をシェア

      筋膜リリース 〜背中〜

      背中の筋肉を緩めることにより、猫背などの姿勢改善や肩こり予防につながります。

      この動画をシェア