コナミスポーツマスターインストラクター大石鉄也のサッカーコラム SOCCER COLUMN by Tetsuya Oishi

FIFAワールドカップ2014開幕

vol.15 | 2014/06

いよいよFIFAワールドカップ2014が開幕します。今回はサッカー王国ブラジルでの開催。現地に留学経験のある私としては、個人的に思い出がある国での開催ということもあり、非常に楽しみな大会です。
ご存知だとは思いますが、ワールドカップは4年に1度開催されるサッカー世界一の国を決める大会で、今回は20回目となる記念大会です。日本代表は初出場した98年フランス大会から5大会連続での出場。日本代表は回を重ねるごとに、チームとしても個人としても、確実に実力を付けてきています。

98年当時の日本代表には海外クラブに所属する選手は1人もいませんでしたが、今回は23名中半分以上となる12名が海外でプレーする選手たちです。とにかく海外に行けばいいという話ではないですが、海外のトップチームでプレーする選手が多くなったことは非常に素晴らしいことであり、日本人選手の実力が海外でも認められている証拠。海外で結果を出している選手たちは、うまくなりたいという気持ちを常に持って挑戦(チャレンジ)し続けているのでしょう。

うまくいかない時期や調子が上がらない時期、コンディションが上がらない時期は誰しも必ずあります。しかし、そこであきらめたら夢や目標は叶いません。どんな状況でもあきらめず、向上心を持って挑戦し続けることが大切です。皆さんも調子が良いとき・悪いときはあるでしょうが、どんな状況でも満足しすぎず落ち込まず、目標に向かって挑戦し続けてください。

皆さんは今回のワールドカップで、どこの国が優勝すると思いますか?
そして日本代表はどこまで勝ち進むことができると思いますか?

あくまで私の個人的な予想ですが、優勝はブラジル、日本代表はベスト16ではないかと思っています。ぜひ皆さんも、友達や家族の方と一緒に優勝国などを予想してみてください。大会前からワクワクしますし、観戦する楽しさが増すと思いますよ。

ワールドカップは多くの試合がテレビ放送されますから、ぜひ時間がある限り世界トップクラスの選手たちのプレーを見てください。子どものときに一流のプレーを見て学ぶことは、非常に大きな財産になります。映像で見たプレーにチャレンジしてみる、そのイメージを持って試合をしてみるなど、印象に残った良いプレーを頭に焼き付けて、実際に自分でチャレンジしてください。ワールドカップ期間中は「見て、学び」「やってみて、学び」を繰り返し、自分のレベルアップにつなげていきましょう。そして、日本代表をみんなで応援しましょう!!

プロフィール

大石 鉄也

1979年11月26日生まれ。静岡学園高等学校から川崎フロンターレ入団。(在籍8年)川崎フロンターレ在籍時代に1年間、ブラジルグレミオに留学。2004年に現役を引退。現在は、子どもたちへの指導を行いつつサッカースクールカリキュラム開発及び指導者の育成にあたる。