ボディフェイントを使おう

ボディフェイントを使い、周りと差をつけよう!

作成:

ボディフェイントを使おう

皆さん、こんにちは。コナミスポーツクラブ サッカースクールのボスコーチです。
今回は私が小学生の試合や、プロの試合を見ていて感じた中からボディフェイントについてお伝えします。
まず、上手な選手ほどボディフェイントを多く使っているということです。相手との間合いや空間を認識する能力が高い証拠です。
小学生のスクールでもボールを触ってドリブル技術を教えることが多く、ボールを扱う技術やコントロールは上手な子が多い中、ボディフェイントは使う子、使わない子がハッキリ分かれているのではないか、と感じました。
フットワークや身体の重心移動を生かしたボディフェイントを使えるようになって、スケールの大きいプレーヤーになりましょう。

目次

ボディフェイントとは

身体の上半身を使ったフェイントのことを総称してボディフェイントといいます。特徴はボールに触ることが少なく、相手の逆を取るようなフェイントが多いです。代表例としてはキックフェイントやマシューズ、シザースなどがあり、小学生からプロまで幅広く使用するフェイントです。
対称として、ダブルタッチやVフェイクなどはボールを動かすタッチフェイントといいます。

キックフェイント

シュートやパスをするふりをして、ドリブルに切り替えるプレーをキックフェイントといいます。これは、いかに相手に「本当にキックする」と思わせるかがポイントです。
1つ目のポイントは目線です。シュートであればゴール、パスであれば味方(スペース)を見ないと、相手は騙されません。特に、見るタイミングが大切で、フェイク直前だけでなく、事前に見ることも大切です。
2つ目はボールを置く位置です。ボールが身体の下にある状態ではキックはできません。ある程度身体から離すことで相手はキックを警戒します。特にシュートの場合は踏み込みの際、歩幅が大きくなることも特徴です。

シザース

足でボールをまたぐフェイントです。スピードに乗りやすく相手の逆を取ることに長けたフェイントです。また、シザースは相手とボールの間に身体を入れたりすることでブロックやファールを誘うような使い方もできます。
ポイントの1つ目はボール置く位置です。キックフェイントとは対照に身体の下(少し前でも可)にボールを置くことで、高速でボールをまたぐことができます。
2つ目は相手との間合い(距離)です。近づいた状態で行うと相手にぶつかってしまい、遠すぎると逆を突く効果が薄れます。個々でスピードや身体の大きさが異なります。自分に合った距離を掴むため、コーンドリブルや、1対1の練習を反復して行いましょう。

応用編

ボディフェイントはタッチフェイントと合わせて使用することで、より効果を高めます。
シザースの前に足裏ロールを入れたり、シザース後にダブルタッチ、キックフェイント後にプルプッシュを入れたり・・・
組み合わせを変えるだけで、フェイントの種類も多種多様に。
ぜひ自分だけのオリジナルフェイントを作ってみよう!もしかしたら、自分の名前が入ったフェイントができるかも!

まとめ

今回は、ボディフェイントについてお伝えしました。ボディフェイントは練習ではできるのだけど、試合中ではあまり使わないという子どもが多いです。使うためには「見る」能力が求められるからです。「見る」とは相手、味方、スペース、ゴールを情報として入れ、その情報をもとに瞬時に予測や空間認識を行うことです。普段のドリブル練習で「顔を上げて」「周りをみながら」、ルックアップに取り組んでいると思います。周りを見ながらドリブルができれば、必ずボディフェイントはできます。試合中に意識的に使うことで、身体がオートでボディフェイントができるよう、反復して取り組んでいきましょう。

体験申し込み受付中

申し込む

スクールを探す

検索する

保護者の皆様への
お願い

詳しく見る

各スクール
入会受付中

詳しく見る

運動塾子ども向けスクール一覧

関連情報

バナーはありません

エラー発生

タイムアウト

再読み込み