TOPページ土肥 亜也子コーチ(元コナミスポーツ水泳競技部 選手)インタビュー

土肥 亜也子コーチ
(元コナミスポーツ水泳競技部 選手)

日本代表を経験し、現在は少人数制スイミングスクールのコーチを務める土肥 亜也子コーチに、子どもの頃の思い出や、教える立場となった現在の思いなどを聞いてきました!

好きがキッカケで積み重ねた努力が自信につながる

水泳を始めたキッカケは?

兄が習っていたので、私も小学校1年生の時からはじめました。本当は幼稚園の頃からはじめたかったんですけど、親に「1年生になってからね」とお預けされていました。昔から水が好きで、幼稚園の小さなプールでも積極的に顔をつけるくらい水遊びが好きだったんですよ。

その頃の思い出など教えてください。

とにかく週に1回の水泳のレッスンが楽しみで。いろんな小学校から子どもが集まっていたので、そこでお友達が増えたのも楽しかったですね。

水泳に関してご両親からは何か言われました?

中学校に入った時に一時期、学校の友達と遊ぶことを優先して行かなかったことがあるんです。最初は「行きなさい!」って言われていたんですけど、途中からあまりしつこく言われなくなったんです。
今考えると親は、私がもう一回やりたいって言いだすまで待ってくれてたんだと思います。しばらくして、また通いたいと思うようになり、そこでやっぱり私にとって水泳が大切なんだということを気づかせてくれました。もしもあの時に強制させられていたら、やめていたかもしれないですね。

その頃の「できた!」という成功体験で
特に印象に残っているのはありますか?

練習の中で、少しずつ上達していくことが自信につながり、1つの泳法を習得した時の「できた!」という達成感は今でも覚えています。その「できた!」を積み重ねて4泳法を習得しました。そうした「できた!」の積み重ねは選手になってからも続いていったと思います。

選手時代の楽しかった・嬉しかった思い出を教えてください。

仲間と同じ目標に向かって切磋琢磨して、全国にいる友達と世界を目指したのは楽しかったですね。

逆に辛かった・大変だった思い出を教えてください。

特にはないんですけど、自己ベストが出ないときは途方に暮れていましたね。ただやっぱり積み重ねが自信に繋がると思うので、コーチたちとどうしたらいいか考えて、分析したりして、そうした積み重ねを試合にぶつけていくという感じでした。

幼少期から水泳をやっていたことで、その後の人生に役立ったということはありますか?

小さい頃から続けていたので、コツコツ積み重ねる大切さを学んだり、目標を達成しようと工夫する気持ちや姿勢は持っていると思います。

小さな「できた!」を積み重ねて、
次へのやる気を引き出す指導

コーチとして何を一番意識・心がけていますか?

子どもたちの笑顔を引き出すことを一番に考えています。毎週水泳の日が不安なのか、楽しみなのかでかなり違うと思うんですよ。なので、まずは水泳の日は楽しい日だということを知ってもらって、それが上達に繋がればいいなと思っています。

幼少期・現役時代にはわからなかったことが、
コーチになってわかったということはありますか?

子どもたちってものすごく繊細で、大人が想像する以上にひとつの言葉で傷ついたりも喜んだりもします。子どものがんばりも「できたね!」「やったね!」とほめることによって、可能性を広げるお手伝いができたらと思います。

子どもたちが伸びる瞬間というのはやっぱりわかりますか?

子ども自身に「できた!」という実感が湧いた瞬間です。それに出会えると嬉しいですね。コーチをしているとどうしてもこちらから「これをやってね」とお願いすることも多いんですけど、そうすると子どもの意欲が下がってしまうこともあるんですよ。

なので、少し頑張ればできるくらいのことをやってみて「できた!」という経験を積み重ねると、自然と「じゃあ次はこれやってみたい!」と言うので、それを見ると「伸びてるな」と思います(笑)

保護者の方には、お子さまたちにどのように接してほしいですか?

ご自宅で「プール楽しかった?」など楽しい会話をしてもらえるとと子どもたちのモチベーションにもつながると思います。

数多くあるスクールの中でコナミスポーツクラブを選んで頂く理由は?

例えば、子どもが失敗した時に「なんでできないの?」と言われてもどうしようもないですよね。コナミスポーツクラブの場合は少しでも「できた!」を子どもたちが実感し、それを積み重ねて大きな「できた!」に繋げていくことを大切にしています。子どもたちのやる気を引き出す方法は私たちの大きな強みだと思っています。

あとは安全面を大切にしているのもポイントです。ひとりのコーチが一度に見る子どもの数も制限していますし、全員に目が届くようにしているのが特徴です。

今教えている、またはこれからコナミスポーツクラブで水泳を習おうとしている子どもたちにはどんな大人になってほしいですか?

いつまでも水泳を続けてほしいというのはもちろんですけど、水泳が楽しいということをいろんな人に伝えてほしいですね。

お子さまをコナミスポーツクラブに通わせようか悩んでいる保護者の方にメッセージをお願いします。

コナミスポーツクラブのスイミングスクールは生後4カ月からはじめられます。水が怖いお子さまもいると思いますが、プールに入る楽しさから教えていくので、ぜひお気軽に体験にいらしてください。

水泳
土肥 亜也子
生年月日 :1980年6月29日
出身地 : 富山県富山市
過去の戦歴

2005年 世界水泳モントリオール 日本代表
2006年 パンパシフィック水泳ビクトリア大会 100mバタフライ5位
2007年 世界水泳メルボルン 400mメドレーリレー6位
2013年 マスターズ大会 200mメドレーリレー世界新記録樹立




  • 秋の入会キャンペーン