TOPページコナミスポーツ体操競技部 星野 力維選手インタビュー

コナミスポーツ体操競技部 
星野 力維選手

幼少期から運動塾に通い、現在はコナミスポーツ体操競技部に所属する星野 力維選手ですが、実は当初習っていたのは体操ではなくスイミングだったそう。そんな星野選手に、子どもの頃から様々なスポーツに触れることの大切さ・魅力を聞いてきました!

なんでもトライできる環境と、それを後押しするコーチたち

いつから体操を始めましたか?

小学1年生からです。もともとコナミスポーツクラブ 西新井でスイミングを習っていて、2歳上の姉が体操を習っていました。母が僕にスイミングを習わせたくて、小学校に入学する前からスイミングをやっていました。姉が体操スクールに通っていて、その様子を見ているうちに体操を好きになりました。そしたら、体操のコーチから「やってごらん」なんて声をかけられたり。

すぐそばで別のスポーツが始められるという環境が良かった?

良かったと思います。母に言われて始めたスイミングは自分から始めたものじゃなかったので。体操は自分から好きになって、始めました。

スイミングから体操にスパッと切り替えたという感じですか?

小学5年生の時に体操の選抜クラスに入ったのをきっかけに、体操に専念しました。それまではスイミングと体操を両方やっていました。

スイミングと体操を小学4年生まで続けたのは?

スイミングは4泳法もマスターして、タイムを計るところまで続けました。泳ぐことに苦手意識はなかったのですが、小さい頃はあまり水が好きじゃなかったんです。

両方ある程度やった上で続けるスポーツを選べるのはいいですね。

そうですね。運動塾はスポーツの選択肢があって、好きなスポーツを選べるのは魅力だと思います。子どものころからいろいろ経験できたので。

西新井の運動塾でやっていたことで印象に残っていることは?

進級のタイミングで、ワッペンをもらえるのが嬉しかったです。「次も頑張ろう」とモチベーションも上がりました。小さいころは、体操服にワッペンが増えていくことがとても嬉しかったです。

特に心に残るエピソードはありますか?

コーチがすごく面白くて。いつも笑わせてくれたので、楽しく通うことができました。新しいことにチャレンジするとき、何かできないことがあっても、「絶対できるよ!」「次はできるよ!」と応援してくれて。常にチャレンジさせていくような声掛けをしてくれました。たとえ成功しなくても、その中でできたことを褒めてくれました。「ダメだよ」と否定するような言葉は全く言われたことはなかったです。怒られたこともなかったと思います。蹴上がりが全然できなかった時期があるのですが、そのときは、補助も含めて教え方が分かりやすかったことが印象に残っています。
あとは、すごく大きな声で名前を呼んでくれて、僕も自然と「はい!」と返事をしていました。気合いが入るというか。やる気になりますよね。僕たちのやる気を引き出そうという工夫をしてくれていたと思います。

コナミスポーツクラブ 西新井で練習する星野力維選手

バク転でクラスのヒーローに

何か他のスポーツをやっていましたか?

小学3年生から4年生まで野球をやっていました。野球も好きでした。友達も結構やっていて、自分から「やりたい」と言って始めました。5年生になり、体操で選抜クラスに入ったことをきっかけに辞めました。

小さいころから体操を習っていた経験は野球に活きましたか?

守備のときに体勢が崩れてもすぐに立て直せたりと、活きていたと思います。捕球してから送球するまでのバランスを立て直す時間が他の人より速かったです。体操で培ったバランス感覚はいろんな場面で活きました。

その他、体操を習っていて良かったことはありますか?

小さいころ、体育の授業などでマット運動をするとみんなから注目されましたね。ヒーローでした。バク転ができたので、みんなから「やって!」と言われたり。サッカーや野球など他のスポーツも、身体をイメージ通り動かしやすかったので、他の人たちより覚えが早かったと思います。

日常的なシーンで、体操をやっていて良かったと感じることはありましたか?

小さいころ、つまずいたときとか、転びそうになったときに、大きなけがを回避できるように対処できました。ちょっと転がりながら反射的にけがを回避するような動きをしたり、衝撃を少なくするような感じです。

大人になっても「まだ伸びる」と信じられる環境

選抜クラスに入った当時のことを教えてください。

小学5年生から選抜クラスに所属しました。種目も増え、環境も変わり、全員年上だったので最初は緊張しました。でも、先輩たちから気さくに声を掛けていただいて、最後はみんなとなんでも話せる仲にまで打ち解けました。

刺激になるライバルができたり、目標となる選手は?

ずっと追い掛けたのは、加藤凌平選手です。選抜クラスでずっと凌平選手を見ながらやっていました。

どうしてコナミスポーツ体操競技部に入ろうと思ったのですか。

小さいころから運動塾、選抜クラスとずっとやってきて、選抜クラスに入ったときから競技部の社会人選手と一緒に練習していたので。自然と大人になったら競技部で体操を続けたいなと思っていました。そういう「社会人として体操を続ける」イメージがつきやすかったんです。小さいころから慣れ親しんできたコナミスポーツクラブでの体操だったからこそ続けられたと思います。

ちなみに体操の選手以外でやってみたかったこと(仕事)はありましたか?

ちょっとはありました。大学3、4年くらいのとき。周りが就職活動をするようになってきて、自分はこのまま体操を続けてもいいのだろうかと思うこともありました。中高の体操教師になろうと考えたときも。

それでも体操選手の道を選んだのは?

自分が限界だと思わなかったからです。まだ伸びるかなと思ったので。自分の可能性を信じて体操選手になりました。とにかく、体操が好き、もっとうまくなりたい、上に行きたいという目標があり、それが続けられた理由です。好きじゃなかったら続けられなかったと思います。

運動塾に子どもを通わせようか悩んでいる保護者の方にメッセージを。

僕は、小さいころから体操やスイミング、野球などいろいろなことにチャレンジしてきました。そのたびに「できた!」という達成感を積み重ねてきて、充実感が得られました。体操は、器具の種類が多く、そのぶん技の種類も多いので、いろいろなタイミングで「できた!」を感じやすいスポーツだと思います。一つ一つ「できた!」を積み重ねていくことで、身体の動きの引き出しが増えていきます。それは、お子さまにとって、大きな自信につながるはずです。 また、自分の実感として、小さいときから運動を始めることで、身体で技を覚える吸収力が高く、上達が早かったのかなと思います。ぜひ、お子さまの興味があるスポーツを体験させてみてください。その経験はきっとお子さまの可能性を広げると思います。

体操

ほしの りきい

星野 力維
生年月日 : 1994年12月8日
出身地 : 埼玉県草加市
過去の戦歴

2015年第69回全日本体操種目別選手権大会 ゆか7位
2015年第69回全日本学生体操競技選手権大会 個人総合5位