施設の概要

「うきは市立総合体育館」(うきはアリーナ)は、平成21年6月20日にオープンしました。

うきは市立総合体育館は、アリーナとプールの屋根架構に地域材の「耳納杉」を2,300本使用しています。

皮剥ぎ・自然乾燥させた杉丸太は、生命感に富み、一本一本が個性的で、集まった姿は地域性を豊かにかもし出します。

太くてたくましい丸太を組み合わせた屋根架構と、温かく・柔らかく・優しさに充ちた美しい木目の地元杉の圧縮材を利用したメインアリーナの床、また、壁部分や屋根部分にもふんだんに地元杉を使用した「うきはアリーナ」の内装は、健康や環境への配慮にとどまらず、地域の誇りや未来への夢、そして、人々の交流と連携の大切さを物語る心のふるさとのシンボルとなることを目指しています。

施設の内容

【メインアリーナ棟】

バスケットコート2面、バレーコート3面、バドミントンコート10面がゆとりをもって確保できる広さを持ちます。

観客席は、1階部分に280席、2階部分に140席があります。

 

【多目的アリーナ棟】

柔道場1面、剣道場1面がそれぞれ確保されている広さです。

その他、和室の選手控え室も設置されており、大会等の開催も可能です。

 

【室内温水プール棟】

更衣室ロッカー(男女各95名)、シャワー室、サウナ、25メートル公認温水プールが設置されています。

温水プールは、25メートル×8コース、水深135センチメートルの公認コースです。 (通常は水深110センチメートルに設定し、歩行や水中運動がしやすい状態に調整可能です。)

ジャグジー(2メートル×4メートル)ほどのひょうたん型をしています。

リハビリプール(3メートル×5メートル)水深は、0メートル×2メートルの可動床です。

3~4名が汗を流せるサウナがあります。

 

【トレーニングルーム棟】

事務室、研修室、ギャラリー、総合受付があり、施設全体の管理を行っています。

各種トレーニングマシン(37台)を設置しています。

健康体操教室やエアロビクスなど、各種教室が開催できるエクササイズスタジオも整備しています。