スタジオ・プールプログラム検索
全国のタイムテーブルから実施中のプログラムを検索できます
 
インストラクター情報
 
    
 

「もっと速く・もっと長く泳ぎたい」という方だけでなく、「ダイエットをしたい」、「体力をつけたい」、「肩こり・腰痛を緩和したい」…、 そんな方々向けにも広々プールを利用したたくさんのプログラムをご用意しています。

プルプログラム カテゴリラインナップ
プールエクササイズ

プールエクササイズ

泳げない人でも安心!脂肪燃焼から筋力トレーニングまで、“水中ならでは”の楽しさと高い効果を体験して下さい。
スイミング

スイミング

記録アップを目指すだけでなく、気持ちよく泳ぐことで体力増進や心身のコンディショニング、リラクゼーションを得られます。

スイミングは全身を使った有酸素運動

水の中を泳ぐことで心肺機能が上がり、持久力がつきます。
全身を使って運動をするため、 脂肪燃焼効果が高まり、 多くのカロリーを消費できるのもスイミングの魅力です。

広々としたコースで
ゆったり
室内・温水
清潔なプール
知っておくべき
プールのマナー

コースが分かれている

プールは泳ぐ、歩く、アクアプログラムなど各コースに分かれています。

スポーツ水着がおすすめ

露出の高い水着やファッション水着は泳ぎにくいため、スポーツ水着やフィットネス水着がおすすめです。

水の特性

水中では浮力で関節への負担が少なく、また水の圧力は心臓の負担を軽減する働きもあるので運動に自信がない方もおすすめです。

室温・水温は30℃前後

プールの室温・水温は30℃前後に設定されています。

水分補給

水中運動では思っている以上に汗をかくため、こまめに水分補給をしましょう。プールエリアには水及びスポーツドリンクのみ持ち込みが可能です。

泳ぐときはゴーグルを

プールの塩素や感染症から目を守るため、泳ぐときはゴーグルをしましょう。

スイムキャップは必須アイテム

水中やプールサイドに髪の毛が落ちるのを防いでくれます。スイムキャップをかぶらずに泳ぐことはご遠慮いただいております。

プールに入る前にシャワーを浴びます

プールを清潔に保つため、お化粧や日焼け止め、整髪料は洗い流してからプールに入りましょう。

アクセサリーは外して

時計やアクセサリーを身に付けたままプールに入ると思わぬ怪我の原因になるので外しましょう。