ゴルフ上達のコツ

2015.06.22.mon

自分に合ったゴルフクラブを選ぼう!

ゴルフは、道具との相性も大切。特にゴルフクラブとの相性は、スコアや上達にも大きく関わってきます。そこで、自分に合ったゴルフクラブ選びのヒントを紹介しますので参考にしてください。

ドライバー選びは飛距離がポイント

ゴルフクラブの中でのドライバーの役割は、ボールを少しでも遠くに安定して飛ばすことにあります。遠くに飛ばすためにはドライバー自身の重量は重ければ重いほど有利だということになります。しかし、当然のことながら、あまり重いと振り抜くことができず、それでは逆に飛距離は伸びません。そこで、手に持ってみて少し重いかなと思うぐらいのドライバーを選ぶのが最適だということになります。

また、飛距離を伸ばすにはシャフトの長さも重要です。シャフトが長いと、ヘッドスピードも上がるのでボールは遠くまで飛びますが、コントロールは不安定になります。逆に、シャフトが短いとミートしやすいのでコントロールは安定しますが、飛距離は伸びません。したがって、ボールを安定して打てる範囲で最長のシャフトの長さを知ることもドライバー選びのポイントになります。

パターは安定感と繊細さの二択

ゴルフクラブにおいて最後のグリーンで使用するパター選びはとても重要です。パターは正確さが命なので、ヘッドは大きい方が良いと思うかもしれません。確かに、ヘッドが大きければボールが当たりやすく、まっすぐ転がっていく確率は高くなります。さらに、大きなヘッドはフォームのブレを抑制してくれる効果もあるのです。しかしその反面、ヘッドが大きくなるほど繊細なタッチのアプローチは難しくなります。

また、ヘッドと同じぐらい大切なのがグリップの太さです。グリップが太いと手首のぶれがなくなり、ストロークは安定します。グリップが細いと安定が難しくなりますが、反面、手首の感覚を生かした微妙な力加減が可能になります。したがって、初心者ならばヘッドが大きくてグリップが太いものをお勧めしますし、微妙な感覚の違いが分かるようであれば、繊細なコントロールが可能なヘッドは小さめでグリップの細いものがお勧めです。

ゴルフクラブを選ぶときは、インストラクターやショップの店員に相談しよう

その他にもゴルフクラブ選びにはたくさんのポイントがありますが、色々試しているうちにどれがベストのクラブなのか分からなくなってしまうことがよくあります。そうしたときには、インストラクターやゴルフショップの店員に相談してみましょう。そんな安易な方法でよいのかと思うかもしれませんが、意外と大きな気づきが得られるものです。

ある程度の規模のゴルフスクールやショップになると店内に測定器が設置してあり、分析結果を元にあなたにあったお勧めのゴルフクラブを選んでくれます。試打用のゴルフクラブを置いてあるところもあるので、実際にボールを打ってみて選ぶことも出来るかもしれません。

ゴルフクラブ選びに関しては、決して安い買い物ではないのですから、出来るだけたくさんのゴルフクラブを比較してベストマッチなゴルフクラブに出会えると良いですね。

  • ゴルフが上手くなる! KONAMI SPORTS CLUB 選べるレッスン キャンペーン実施中!