ニュース

コロナ禍における新安全基準
子ども向けスイミングスクール全施設で「プールマスク」を導入

2021年9月24日8:30
コナミスポーツ株式会社

コナミスポーツ株式会社(以下、「弊社」)は、新型コロナウイルス感染拡大防止の施策として、子ども向けスイミングスクール全施設で、10月8日(金)からプールマスクを導入します。
これにより、ロッカーやプールサイドなど水着を着用した場面でも、飛沫感染を予防することで、より一層、安心・安全にスイミングスクールを受講していただけることになります。

お子様の年齢や泳力に応じてクラスごとにガイドラインを定め、スイミングインストラクターの指導のもと、安全第一で運用をしてまいります。

  • image
    プールマスクをつけている様子
  • image
    プールマスクをつけて泳いでいる様子

▼経緯

プール内では、湿度や塩素の関係で新型コロナウイルスの感染リスクは低いとされていることもあり、マスクの着用を義務付けていませんでしたが、感染力の強い変異株の影響等により、一層の感染対策の強化が必要となっています。
このような状況を受け、弊社はより一層、安心・安全に受講いただけるよう子ども向けスイミングスクールにおける安全基準を見直し、水着に着替えた後、泳ぐとき以外(ロッカー、シャワー、プールサイドなど)に着用できるプールマスクを導入します。
既存の会員様、および10月中にご入会いただいた皆様には、無料で配布することとします。

▼目的

プール内でもマスクを着用することで、感染のリスクをより一層、低減することができます。
また、飛沫感染防止の観点から言葉を発する指導の一部を控えていましたが、これにより、スイミングインストラクターが会員様と円滑にコミュニケーションをとり、指導品質の維持・向上を目指します。

▼プールマスク使用方法

ロッカー、シャワー、プールサイドなど、水着に着替えた後も泳ぐとき以外はマスクで鼻口部分を覆い、泳ぐときにはマスクを外して首にかけたまま泳ぎます。
動画にてお子様や保護者の方にも使用方法をご理解いただくとともに、年齢や泳力などを考慮し、クラスごとにガイドラインを定め、スイミングインストラクターの指導のもと、安全第一で運営します。


※ 10月14日付の運用変更に関するご案内に伴い、動画は削除させていただきました。

10月14日のご案内
(更新)子ども向けスイミングスクールにおける感染予防対策について



弊社施設では、これからも感染防止対策を徹底するとともに、お客さまの安心と安全を最優先に考え運営してまいります。

以上