ニュース

2020年、未来へつなぐ東京での頂上決戦
世界で活躍するトップスイマーと全国のジュニアスイマーが集結
「第36回 コナミオープン 水泳競技大会」2月15日(土)・16日(日)開催

2020年1月10日15:00
コナミオープン 水泳競技大会 実行委員会

コナミオープン 水泳競技大会 実行委員会は、来る2月15日(土)・16日(日)の2日間、東京辰巳国際水泳場(東京都江東区)で「第36回 コナミオープン 水泳競技大会」を開催します。
本大会は、小学生から日本代表選手までが同じ舞台で競うことができる公益財団法人 日本水泳連盟が公認する国内有数のオープン水泳大会で、今年で36回目を迎えます。2019年の世界水泳選手権で活躍した日本代表選手をはじめ、国内外で活躍するトップスイマーが集結し、全国各地の学校やスポーツクラブ、スイミングスクールで練習を積んで厳しい標準記録を突破した約910人の選手たちと熱戦を繰り広げます。

<本大会のみどころ>


瀬戸大也

大橋悠依

世界水泳の日本代表など、34人の招待選手が出場

招待選手には、前回大会の男子最優秀選手で、2019年の世界水泳選手権で200mと400mの個人メドレー2冠に輝いた瀬戸大也、前回大会の女子最優秀選手で、2019年の世界水泳選手権400m個人メドレー銅メダリストの大橋悠依、同じく世界水泳で活躍した入江陵介、青木玲緒樹、白井璃緒、酒井夏海ら、34人の豪華な顔ぶれが揃いました。
前々回、東京辰巳国際水泳場で行われた本大会では、日本新記録が3つ誕生するなど、毎年ハイレベルなタイムで決着しています。今年も新記録達成なるか、2020年に飛躍を誓う招待選手のレースに注目です。

(※敬称略、以下同)

大会 2日間の競技をBS朝日でライブ中継

トップスイマーとジュニアトップスイマーたちの本気戦いが、テレビ で観られる!

BS朝日で大会2日間の競技をライブ中継(一部録画含む)いたします。
会場で、テレビで、大会の生の臨場感を体感いただけます。

瀬戸大也と江原騎士の自由形対決にも注目

瀬戸大也が自由形と平泳ぎにエントリーするなど、オープン大会ならではのみどころ満載

世界水泳では個人メドレーとバタフライでメダルを獲得している瀬戸大也が、専門種目ではない200m自由形と100m平泳ぎの2種目でエントリー。
前年のコナミオープン200m自由形優勝者でリオ五輪4×200mフリーリレー銅メダリストの江原騎士との直接対決や、100m平泳ぎでのレースぶりに注目が集まります。
また本大会には、中国と韓国からも未来へ羽ばたくスイマーが参戦。オープン大会ならではの国際色豊かなスイマーたちにも注目です 。

<本大会の特色>

次世代を担う、招待選手「ネクストジェネレーション」枠を設定

本大会の特色として、今後の活躍が期待される若い選手たちを応援するため、ジュニア選手を対象とした招待選手「ネクストジェネレーション」枠を設けており、日本代表選手をはじめとするトップスイマーとの対決が実現します。今回は24人のジュニア招待選手が出場します。

大会キャッチコピーは「未来へつなげ」

大会キャッチコピーの決定にあたっては、今大会を後援する一般財団法人 上月財団の「第16回(2019年度)クリエイター育成事業」で認定された支援対象者の皆さんに協力いただき、大会のコンセプトに合うキャッチコピーを提案していただきました。審査の結果、仲井間愛乃さんが考案した「未来へつなげ」が採用されました。トップスイマーとして活躍している選手から、次世代を担うジュニア選手へバトンを繋ぐイメージを表現したものです。

観戦チケットは1月12日(日)より前売り開始
大会初の”プレミアムな”指定席の販売も実施

2年ぶりに東京辰巳国際水泳場で開催される今大会の観戦チケット(自由席)の前売りを、1月12日(日)午前10時よりキョードー東京、チケットぴあ、ローソンチケット等で開始します。また今大会で初めて設定する、プールサイドでスタートの緊張とゴールの興奮を味わえる「プレミアムシート」の販売も行います。


優秀な成績を収めたジュニアスイマーは
憧れの選手と記念撮影

プレミアムシートからは臨場感あふれる
レースシーンを観戦可能(イメージ)

<大会概要>

コナミオープン・ロゴ
名称 第36回 コナミオープン 水泳競技大会 KONAMI OPEN 2020 大会ロゴ
コナミオープン・ロゴ
場所 東京辰巳国際水泳場(東京都江東区)
日程 2020年2月15日(土)・16日(日)
主催 コナミオープン 水泳競技大会 実行委員会
主管 公益財団法人 東京都水泳協会
公認 公益財団法人 日本水泳連盟
後援 スポーツ庁、東京都、一般財団法人 上月財団
特別協力 株式会社 テレビ朝日
特別協賛 コナミグループ

<前売り観戦チケット販売について>

2020年1月12日(日)午前10時より下記前売り観戦チケットを販売します。

プレミアムシート 4,000円
指定席 最前列シート 2,500円
自由席 大人 1,500円
幼小中 1,000円
※限定 20席
※限定 33席(先行販売で完売しました)
  • ※プレミアムシート:バックヤードツアー、プログラム、オリジナルパス付
  • ※プレミアムシートのお客様は、飛込プール横で行う表彰式の様子をモニターでご覧いただけます。
  • ※3歳未満無料(但し、席を占有する場合はチケットが必要となります)
  • ※前売りで完売した席種の当日券販売は行いません。
  • ※当日券はすべて500円増となります。
  • ※再入場可能です。ただし、自由席において、長時間にわたり座席を確保した上で、席を外すことはご遠慮ください。
  • ※客席を含む会場内に、主催者やテレビ局の収録用カメラが入る可能性がございます。また、収録した映像や写真は、放送・配信・複製・頒布等を行う場合がございますので、予めご了承ください。

■販売所

キョードー東京 0570-550-799
http://www.kyodotokyo.com
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:845-158)
https://w.pia.jp/t/konamiopen/
ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:33419)
https://l-tike.com/st1/konamiopen2020
e+ https://eplus.jp/konamiopen/

■チケット全般お問い合わせ

キョードー東京  0570-550-799

第36回 コナミオープン 水泳競技大会 特設サイト http://konamiopen.jp/

             
招待選手(34名)※敬称略、五十音順/所属・出場種目は2020年1月10日現在の情報
氏名 ふりがな 所属 出場種目1 出場種目2 出場種目3 出場種目4
青木 智美 あおき ともみ ATSC.YW/あいおいニッセイ 100m自由形 200m自由形    
青木 玲緒樹 あおき れおな ミズノ 50m平泳ぎ 100m平泳ぎ 200m平泳ぎ  
五十嵐 千尋 いがらし ちひろ T&G/JSS 200m自由形 400m自由形    
池本 凪沙 いけもと なぎさ イトマン 50m自由形 100m自由形 200m自由形  
石川 愼之助 いしかわ しんのすけ 日本大学 50mバタフライ 100mバタフライ 200mバタフライ  
今井 月 いまい るな 東洋大学/コカ・コーラ 200m平泳ぎ 200m個人メドレー    
入江 陵介 いりえ りょうすけ イトマン東進 100m背泳ぎ 200m背泳ぎ    
江原 騎士 えはら ないと 自衛隊/フィッツ竜王 100m自由形 200m自由形 400m自由形  
大橋 悠依 おおはし ゆい イトマン東進 200mバタフライ 400m個人メドレー    
小堀 倭加 こぼり わか セントラル戸塚/日本大学 100m自由形 200m自由形 400m自由形 400m個人メドレー
酒井 夏海 さかい なつみ スウィン美園/武南高校 100m自由形 100m背泳ぎ 200m背泳ぎ  
佐藤 綾 さとう あや 新潟医福大職 50m自由形 100m自由形    
塩浦 慎理 しおうら しんり イトマン東進 50m自由形 100m自由形    
白井 璃緒 しらい りお 東洋大学/JSS宝塚 100m自由形 200m自由形 100m背泳ぎ  
鈴木 聡美 すずき さとみ ミキハウス 50m平泳ぎ 100m平泳ぎ 200m平泳ぎ  
関 海哉 せき かいや 日本大学 50m自由形 100m自由形    
瀬戸 大也 せと だいや ANA/JSS 200m自由形 100m平泳ぎ    
相馬 あい そうま あい 中京大学 50mバタフライ 100mバタフライ    
髙橋 航太郎 たかはし こうたろう 自衛隊 100m自由形 200m自由形    
田中 大貴 たなか だいき 山梨学院大学 100mバタフライ 200mバタフライ    
中村 克 なかむら かつみ イトマン東進 50m自由形 100m自由形    
難波 暉 なんば あきら 新東工業/四日市SC 50m自由形 100m自由形    
難波 実夢 なんば みゆ MGニッシン/天理高校 400m自由形 800m自由形    
長谷川 涼香 はせがわ すずか 東京ドーム/日本大学 50mバタフライ 100mバタフライ 200mバタフライ  
平井 彬嗣 ひらい あやつぐ 郵船ロジスティクス 400m自由形 1500m自由形    
本多 灯 ほんだ ともる 日大藤沢高校 200mバタフライ 400m個人メドレー    
牧野 紘子 まきの ひろこ 東京ドーム/早稲田大学 100mバタフライ 200mバタフライ 200m個人メドレー  
松井 浩亮 まつい こうすけ 新潟医福大職 50m自由形 100m自由形    
水沼 尚樹 みずぬま なおき 新潟医福大職 100m自由形 100mバタフライ    
溝畑 樹蘭 みぞはた じゅらん コナミスポーツ/明治大学 200m自由形 200m個人メドレー    
宮本 一平 みやもと いっぺい スウィン大宮/法政大学 200m個人メドレー 400m個人メドレー    
吉田 啓祐 よしだ けいすけ 日本大学 200m自由形 400m自由形    
吉田 冬優 よしだ ふゆ 三菱養和SS 100m自由形 200m自由形 200m個人メドレー  
渡部 香生子 わたなべ かなこ JSS 100m平泳ぎ 200m平泳ぎ    

招待選手・「ネクストジェネレーション」枠(24名)
※ネクストジェネレーションはジュニア招待選手枠

  • 荒井 悠太
  • 榎田 大己
  • 近江 ハリー
  • 大内 紗雪
  • 緒方 温菜
  • 小方 颯
  • 鍵本 彩夏
  • 黒川 紫唯
  • 齋藤 堅生
  • 佐藤 翔馬
  • 田嶋 玲奈
  • 田中 大寛
  • 谷川 亜華葉
  • 田淵 海斗
  • 徳淵 凛
  • 中村 葵
  • 林 希菜
  • 林 太陽
  • 廣島 偉来
  • 松本 信歩
  • 三井 愛梨
  • 柳川 大樹
  • 山尾 隼人
  • 山口 愛斗

以上