ニュース

コナミスポーツクラブ 子ども向けダンススクール選抜チーム「J.B.STAR」
ヒップホップダンス世界大会に日本代表として出場

2017年8月15日
株式会社コナミスポーツクラブ

コナミスポーツクラブの子ども向けダンススクール「ダンシングスターズ」から選抜されたチーム「J.B.STAR」が、8月9日(水)~13日(日)※1にアメリカ・フェニックスで開催されたヒップホップダンスの世界大会「WORLD HIPHOP DANCE CHAMPIONSHIP 2017」に、日本代表として全部門※2(ジュニア部門、バーシティ部門、メガクルー部門)に出場し、ハイレベルなダンスパフォーマンスで観客を魅了しました。


  • コナミスポーツクラブ ダンスチーム「J.B.STAR」のメンバー

「WORLD HIPHOP DANCE CHAMPIONSHIP 2017」は、世界約50カ国から各国の予選を勝ち抜いたチームが集まるヒップホップダンスの世界大会で、年齢や人数で分かれた各部門において、ダンスパフォーマンスを競います。

今年の大会には、「J.B.STAR」の小学3年生~高校3年生の27名のメンバーが参加しました。緊張した面持ちでステージに上がったメンバーは、曲が始まると一転、最高の笑顔で堂々とダンシングスターズのテーマである「ハッピーダンス」を披露しました。バーシティ部門に出場した高校3年生の高橋優亜さんと増田琳花さんは、「世界の舞台で踊ることができ、とても感動しました」、「多くの方々に支えていただき、これまでダンスを続けることができて本当によかったと思っています」と感動の思いや感謝の気持ちを語りました。ジュニア部門に出場した小学3年生の菊池桜生さんは、「すごく緊張しましたが、みんなにたくさん応援していただけて、楽しく踊ることができました。もっと練習して上手になって、またこの場所で踊りたいです」と今後の目標を語りました。「J.B.STAR」のメンバーたちは、今回の大会を通じて、世界の舞台でダンス技術を競い合うだけでなく、各国のダンサーたちとのコミュニケーションを通じて国際感覚を養う貴重な体験をしました。

株式会社コナミスポーツクラブは、今後も良質な運動プログラムの提供を通じて、子どもたちの体力向上と健康増進に貢献し、世界へ羽ばたく子どもたちをサポートしていきます。

※1 日本時間     ※2 ジュニア部門(7歳~12歳)、バーシティ部門(13歳~17歳)、メガクルー部門(15名~40名)



コナミスポーツクラブ ダンスチーム「J.B.STAR」 世界大会でのパフォーマンスの様子


  • ジュニア部門

  • パーシティ部門

  • メガクルー部門

【コナミスポーツクラブ 子ども向けダンススクール「ダンシングスターズ」について】

「ダンシングスターズ」は2000年の開講以来、幼児から高校生までのお子さまを対象にレッスンを提供しているダンススクールで、全国のコナミスポーツクラブで展開しています。「ハッピーダンス」をテーマに、音楽に合わせてリズミカルに踊る楽しさや表現する楽しさを身につけながら、レベル別のクラスでステップアップしていきます。チームでの練習や発表会を通じて向上心と協調性を養い、ルールやマナーを守る事や共に努力する仲間の大切さを学びます。

【ダンシングスターズの最高峰「J.B.STAR」について】

全国の「ダンシングスターズ」に通うお子さまの中からオーディションによって選抜されたダンスチームで、各種イベントや大会に参加し、ダンシングスターズの最高峰のチームとして世界の舞台でも活躍しています。

【関連リンク】

以上