ニュース

コナミスポーツクラブ体操競技部
内村、山室、田中、加藤の4名が「紫綬褒章」を受章

2016年11月2日
株式会社コナミスポーツクラブ

株式会社コナミスポーツクラブは、コナミスポーツクラブ体操競技部 内村航平、山室光史、田中佑典、加藤凌平の4名が、平成28年秋の褒章において「紫綬褒章」を受章したことをお知らせします。

「紫綬褒章」は、科学技術分野における発明・発見や、学術及びスポーツ・芸術文化分野における優れた業績を挙げた方に贈られる褒章です。

コナミスポーツクラブ体操競技部 内村航平、山室光史、田中佑典、加藤凌平は、第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)体操団体総合で金メダルを獲得、内村航平は個人総合2連覇も達成しました。このたび、こうした活躍が評価され「紫綬褒章」を受章しました。

弊社は、今後も選手を全力でサポートしながら、世界で活躍する選手を育成、輩出し、スポーツの普及、発展に貢献いたします。引き続き、コナミスポーツクラブ所属選手へのご声援をよろしくお願いします。

株式会社コナミスポーツクラブ
代表取締役社長 落合 昭

「紫綬褒章」受章者
コナミスポーツクラブ体操競技部 内村航平 コナミスポーツクラブ体操競技部 山室光史
コナミスポーツクラブ体操競技部
内村航平
コナミスポーツクラブ体操競技部
山室光史
コナミスポーツクラブ体操競技部 田中佑典 コナミスポーツクラブ体操競技部 加藤凌平
コナミスポーツクラブ体操競技部
田中佑典
コナミスポーツクラブ体操競技部
加藤凌平

以上