ニュース

コナミスポーツクラブダンス選抜チーム「J.B.STAR」
ヒップホップダンス世界大会に出場しバーシティ部門で準優勝!

2016年8月16日
株式会社コナミスポーツクラブ

コナミスポーツクラブの子ども向けダンススクール「ダンシングスターズ」から選抜されたトップチーム「J.B.STAR」が、8月8日(月)~13日(土)にアメリカ・ラスベガスで開催されたダンス世界大会「WORLD HIPHOP DANCE CHAMPIONSHIP 2016」に出場し、バーシティ部門で準優勝、メガクルー部門で6位、ジュニア部門も準決勝に進出するなど、好成績を収めました。

「WORLD HIPHOP DANCE CHAMPIONSHIP 2016」は、世界約50カ国から各国の予選を勝ち抜いたチームが集まるヒップホップダンスの最高峰の大会で、年齢や人数で分かれた各部門において、ダンスパフォーマンスを競い合います。 「J.B.STAR」は2009年以来7年連続で上位入賞しており、今年は小学2年生~高校3年生まで27名のメンバーが3部門に出場しました。

緊張した面持ちでステージに上がったメンバーは、曲が始まると一転、最高の笑顔で堂々とダンシングスターズのテーマである「ハッピーダンス」を披露し、世界中から集まった観客を魅了しました。
バーシティ部門の大技が決まると会場は称賛の声で沸き立ち、チーム最年長の岡澪里さん(高校3年生)は「会場で世界トップレベルのダンスをたくさん見て刺激を受けました。これまでダンスを続けられて本当に良かった、と思いました。メンバーやコーチ、支えてくれた家族に感謝していています。」と感動の思いや感謝の気持ちを語りました。
初めて世界大会に挑戦しジュニア部門に出場した、チーム最年少の菊池桜生さん・西岡世楽さん(ともに小学2年生)は「みんなで気持ちを合わせて踊ることができてとても気持ちよかったです。」(菊池さん)「もっともっと練習してJ.B.STARとしてまたここに来たいです。」(西岡さん)と力強く今後の目標を語りました。

「J.B.STAR」のメンバーたちは、5日間の大会の中で、世界の舞台でダンス技術を競い合うだけでなく、各国のダンサーたちとのコミュニケーションを通じて国際感覚を養う貴重な体験をすることができました。

株式会社コナミスポーツクラブは、今後も良質な運動プログラムの提供を通じて、子ども達の体力向上と健康増進に貢献し、世界へ羽ばたく子ども達をサポートしていきます。

※ジュニア部門(7歳~12歳)・バーシティ部門(13歳~17歳)・メガクルー部門(15名~40名)
※画像はすべて予選時のもの


  • 高度なパフォーマンスで準優勝を獲得したJ.B.STAR バーシティ

  • 見事なチームワークで6位を獲得したJ.B.STAR メガクルー

【コナミスポーツクラブ子ども向けダンススクール「ダンシングスターズ」について】

「ダンシングスターズ」は2000年の開講以来、幼児から高校生までのお子さまを対象にレッスンを提供しているダンススクールで、全国129のコナミスポーツクラブで展開しています。「ハッピーダンス」をテーマに、音楽に合わせてリズミカルに踊る楽しさや表現する楽しさを身につけながら、レベル別のクラスでステップアップしていきます。チームでの練習や発表会を通じて向上心と協調性を養い、ルールやマナーを守る事や共に努力する仲間の大切さを学びます。

【ダンシングスターズの最高峰「J.B.STAR」について】

全国の「ダンシングスターズ」に通うお子さまの中からオーディションによって選抜されたダンスチームで、各種イベントや大会に参加し、ダンシングスターズの最高峰のチームとして世界の舞台でも活躍しています。

【関連リンク】

以上