ニュース

神奈川県の未病産業創出モデル事業に採択
生活習慣病予防・健康管理サービスを2月からスタート

2015年1月30日
株式会社コナミスポーツ&ライフ

株式会社コナミスポーツ&ライフの「ドラッグストアでの簡易血液検査実施者への運動サービス提供事業」は、1月30日、神奈川県の「未病産業の創出に係るモデル事業」に採択されました。

弊社はこれまでも人々の健康づくりをサポートするため、生活習慣病やロコモティブシンドロームの予防プログラムなどを提供してきました。今回のモデル事業への採択を受けて、健康寿命延伸への各種取り組みをさらに加速させていきます。

本事業では、健康ライフコンパス株式会社の協力のもと、本年2月から神奈川県内のコナミスポーツクラブ3施設(新百合ヶ丘、たまプラーザ、相模大野)で無料の施設体験やパーソナルトレーニングなどの運動サービスを提供し、運動実施による生活習慣病予防や改善を推進します。事業実施予定期間は2月上旬~3月20日(金)です。

<モデル事業のスキーム>

・じぶんからだクラブ(健康ライフコンパス株式会社)が提供するドラッグストアにおける簡易血液検査実施者に対して薬剤師が運動実施を推奨し、コナミスポーツクラブを紹介。

・実施者にコナミスポーツクラブの優待チケットを配布し、運動実施を促進。

・コナミスポーツクラブでは生活習慣病予防のための様々なプログラムから、簡易血液検査実施者が手軽に参加できるプログラムを案内。

・スポーツクラブ施設利用者には一定期間経過後に簡易血液検査の再実施を推奨し、利用者が運動による検査結果数値の変化を確認。サービス利用者の生活習慣病予防や改善へつなげていく。

<本事業における神奈川県内の運動サービス実施施設>
コナミスポーツクラブ新百合ヶ丘
コナミスポーツクラブたまプラーザ
コナミスポーツクラブ相模大野

じぶんからだクラブ

※ロコモティブシンドロームとは・・・・筋肉・関節など運動器の障害により、要介護や、要介護になる危険性が高い状態を言います。健康寿命を延ばすためにも、ロコモティブシンドロームを予防することが大切とされています。

以上