スペシャル

コナミスポーツクラブのダンススクール「ダンシングスターズ」の中でも、頂点に君臨する選抜チーム、「KONAMI J.B.STAR」。チームディレクターのイケダタク氏の指導のもと、「ハッピーダンス」をテーマに、ヒップホップダンスの世界大会で優勝を目指し、奮闘しています。

KONAMI J.B.STAR奮闘記 第14回

樋口セーラグレイス七海「『OHKA DANCE FES 2019』に出演」

ゲストチームとして参加していたKONAMI J.B.STARの卒業生と記念撮影

初めまして!KONAMI J.B.STARの樋口セーラグレイス七海(ひぐち せーらぐれいす ななみ)です。
11月9日(土)に、東京都小平市にある小平市民文化会館にて開催された「OHKA DANCE FES 2019」に、私たちKONAMI J.B.STARが参加させていただきましたので、今回はその時の様子をお伝えしたいと思います。

「OHKA DANCE FES」は、日本体育大学付属桜華高等学校のダンスパフォーマンス専攻に通われている方と、ダンス部の方の作品の発表会で、今年が初めての開催だそうです。
同校のダンスパフォーマンス専攻ではKONAMI J.B.STARのTACコーチが、ダンス部ではKONAMI J.B.STARの卒業生 岡澪里さん、増田琳花さんがそれぞれコーチを務めています。さらに、日本体育大学付属桜華高等学校のスポーツ科に、KONAMI J.B.STARのリーダーである瀧澤瑠夏さん、その妹 萌優さんが在籍しています。
こうした繋がりから、今回KONAMI J.B.STARがゲストとして「OHKA DANCE FES 2019」に参加させていただくことになりました。

リハーサルにて立ち位置を確認中

今回は、今年の8月にアメリカのアリゾナ州で行われた、ヒップホップダンスの世界一を決定する大会「World Hip Hop Dance Championship」で披露した、メガクルー部門(11人~40人で編成されたチームで競う部門)の作品を披露させていただきました。
受験勉強などで参加できないメンバーもいたため、今年度加入した15期生をメンバーに加えた新構成で踊りました。

世界大会とは大幅にポジションの変更を行い、限られた練習時間で、この日のために繰り返し練習を重ねてきました。
本番当日は、リハーサルが予定されていましたが、学校の授業で間に合わないメンバーも数人いたため、全員揃っての立ち位置確認や、振り付け合わせを行うことができませんでした。
そのような状態で本番に臨むことはとても不安でしたが、遅れてきたメンバーと一緒に楽屋でリハーサルを撮影したビデオを見返しながら、一つ一つの振りを確認し、ベストパフォーマンスを出せるよう、メンバー全員で頑張りました。

  • 本番前にビデオで振りや位置を確認
  • 本番直前のKONAMI J.B.STAR紹介映像

本番では日本体育大学付属桜華高等学校の生徒の方や先生方がたくさん観ていらっしゃって、とても緊張しましたが、観客席から温かいご声援を頂き、楽しく踊ることができました。

パフォーマンス終了後、他の出演者の方や先生方、踊りを観てくださった様々な方からお褒めの言葉を頂き、嬉しい気持ちでいっぱいでした。
ダンスパフォーマンス専攻とダンス部の合同パフォーマンスを見せていただきましたが、完成度が高く大変素晴らしいものでした。
私たちKONAMI J.B.STARにとって非常に刺激となり、メンバーのダンスに対するモチベーションが上がりました。
今回このような機会を頂くことができ、本当に光栄に思います。
ありがとうございました。

本番の様子

樋口 セーラグレイス 七海(ひぐち せーらぐれいす ななみ)

いつも元気いっぱいで前向き。
KONAMI J.B.STARの中でも、後輩たちへダンスのレベルアップのためのアドバイスをするなど、チームワークを大切にしているひとり。
ダンス歴は5歳から。得意技は側宙。将来の夢は医療従事者。好きな食べ物は甘いもの。

ニックネームは、セーラ
身長157cm、血液型AB型

KONAMI J.B.STARについて

コナミスポーツクラブのダンススクール「ダンシングスターズ」の中でも全体の約1%しか入ることのできない、選抜チームです。過去2010年と2014年にHIPHOPダンス大会で、世界チャンピオンに輝くなど、実力は、国内トップクラス。36人で構成されています。

【関連リンク】
※本ウェブサイトの画像の無断複製・転載を禁止します。