ニュース

    2014年07月06日

    〜第68回全日本体操種目別選手権〜

    コナミスポーツクラブ体操競技部 内村航平、田中佑典が世界選手権代表、白井勝太郎がアジア競技大会代表に

    7月5日(土)〜6日(日)、千葉ポートアリーナ(千葉・千葉市)にて、「第68回全日本体操種目別権 兼 第45回世界体操選手権 兼 第17回アジア競技大会日本代表決定競技会」が開催されました。
    本大会は、初日に予選競技、2日目に決勝競技が行われ、種目別の日本一を決めると共に世界体操選手権・アジア競技大会の日本代表が選出されました。
    コナミスポーツクラブ体操競技部からは、小林研也、植松鉱治、山室光史、田中佑典、白井勝太郎、今井裕之の6選手が出場しました。
    各種目のスペシャリストが出場した決勝競技では、つり輪で山室光史が力強い演技で優勝。鉄棒では田中佑典が安定した演技で優勝しました。
    先に開催された全日本個人総合選手権とNHK杯の結果も加味し、コナミスポーツクラブ体操競技部から内村航平、田中佑典が世界体操選手権に、白井勝太郎がアジア競技大会の代表に選出されました。
    引き続き皆さまのご声援をお願いします。

    • 【ゆ か】白井 勝太郎 15.200 4位
    • 【あん馬】今井 裕之  12.050 8位
    • 【つり輪】山室 光史  15.300 1位  小林 研也 13.700 8位
    • 【跳 馬】白井 勝太郎 13.700 8位
    • 【平行棒】田中 佑典  13.100 8位
    • 【鉄 棒】田中 佑典  15.750 1位  植松 鉱治 14.450 6位
    image
    コナミスポーツクラブ体操競技部
    内村 航平
    image
    コナミスポーツクラブ体操競技部
    田中 佑典
    image
    コナミスポーツクラブ体操競技部
    白井 勝太郎
    ※本ウェブサイトの画像の無断複製・転載を禁止します。