働く環境づくり

人材の育成

社長ごあいさつ

平素からコナミグループの商品やサービスをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
弊社グループは、新しい楽しさをつぎつぎと生み出してゆくコンテンツメーカーとして、商品やサービスの提供に努めてきましたが、それらの創造力の源泉は、「人材」と考えております。
「人材」の成長なくして会社の成長はありません。会社を創り上げるのは一人ひとりの社員なのです。

安心して働くことができる環境を用意することで、創造力が生まれます。
会社は、社員が成長できる環境をこれまでも整えてきましたが、さらに安心して働きやすい環境を創り上げていきます。
そのために社員の適性を見て、適材適所に努め、その能力が十分に発揮できる環境を整え、今後とも社員と会社が共に成長できる関係を構築することが重要であると考えております。

この考え方は、コナミ創業当時から一貫しております。これにより、良質な商品やサービスの提供を継続的に生み出すことが、お客様満足と社会への貢献につながるものと考えております。


コナミホールディングス株式会社 代表取締役社長 上月拓也

人材育成の体制

コナミグループでは、社員の育成が会社の成長には必要不可欠と考えており、積極的に人材の育成に力を入れています。
市場環境やトレンドの変化が非常に激しい中でも、コンプライアンスや企業理念といった社員の行動の基盤となる考え方は、今後もコナミグループが大切にしていきたい要素と捉え、重点的に教育を行っています。
その上で、階層や職種に応じたプログラムを実施しています。

コンプライアンス・ハラスメント・行動規範

コナミグループでは、多種多様な事業に取り組んでいることから、グループ全体でコンプライアンスの重要性を意識し、社員教育にも取り入れています。
法令遵守はもちろんのこと、情報管理や日常のマナーまで、「当たり前のことが当たり前にできる」社員が活躍できる人材になり、キャリアステップが可能となると考えています。
また、主に社内の良い労働環境を維持するため、行動規範のガイドラインを設け、社員同士が快適に協力し合える職場環境作りに取り組んでいます。

階層別研修

各階層に必要なビジネススキル習得を目的に研修プログラムを実施しています。
新入社員から若手・中堅層、マネジメント・幹部層といった階層に分け、それぞれのニーズに合わせた研修を行っています。
例えば新入社員では基本ビジネススキルの徹底、若手層では「自ら考え、行動する」ことの意識付け、中堅層ではリーダーとなるために「周りを巻き込んでチャレンジしていく」スキルの取得を目指しています。

階層別研修
階層別研修

目的別研修

技術やサービスの変化が激しいエンタテインメントビジネスに一人一人の社員が対応していくため、「目的別研修」では、最新技術、最新ツールの活用方法など、より専門的な知識・スキルの習得を目的に研修プログラムを実施しています。
また、技術スキル以外に、法律・財務・知的財産など、ビジネス基礎知識の教育にも取り組んでいます。

目的別研修
目的別研修

人材開発プログラム体系図

人材開発プログラム体系図