環境保全

環境保全への取り組み

省エネルギー活動

KONAMIは、グループ全社で施設や事業所のCO2削減や省エネルギー活動に取り組んでいます。


「Fun to Share」に賛同

コナミグループは、省エネ活動で低炭素社会の実現を目指していくために、環境省の推進する気候変動キャンペーン「Fun to Share」に賛同しています。

「Fun to Share」ロゴ

※「Fun to Share」とは、最新の知恵や技術をみんなで楽しくシェアしながら、豊かな低炭素社会をつくっていこう、という取り組みです。

ECO温度基準の設定

・COOL BIZ(クールビズ) / WARM BIZ(ウォームビズ)の実施
空調の設定温度を夏場は28℃に、また、冬場は20℃に設定することにより、冷暖房の消費電力抑制に努めています。

・コナミスポーツクラブでの取り組み
コナミスポーツクラブでは、お客様にとっての快適性を保ちながら、夏季と冬季に施設内の温度を変更し、省エネルギーを推進しています。


LED照明の導入

コナミグループは、省エネルギーとCO2 排出量の削減のため、事業所やスポーツクラブなどの施設でLED照明への置き換えを進めています。
コナミスポーツクラブ体操競技部の体育館では、全面LED照明にしたことで、電気使用量を53%削減することができました。


水道使用量の低減

コナミスポーツクラブでは、お客様の快適さも考慮したシャワーヘッドなど節水器具の導入で水道使用量の低減に努めています。


電気使用量の低減

・OA機器の節電
OA機器を使用していない時間帯は、電源OFFや節電モードへの設定を徹底するほか、ペーパレス化の推進によってコピーや印刷の量を必要最小限にするなど、OA機器の節電に努めています。

・照明の消灯
オフィス内で、社員が不在となるエリアや、会議等で空席になるエリア、使用していないミーティングスペース、定時後の退社による空席エリアなど、照明が不要なエリアでは、消灯の徹底に努めています。

・時間外空調の抑制
効率的な業務運営による残業時間の短縮に併せて、時間外空調の抑制、短縮に努めています。

・蛍光球ランプの利用
コナミスポーツクラブでは、施設内照明のシリカ球(白熱)・クリプトン球を蛍光球ランプに変更し、電気使用量を低減しています。