環境保全

環境保全への取り組み

太陽光発電の活用

神戸事業所では、地球環境への配慮として、1997年4月から太陽光による自家発電システムを取り入れています。
この自家発電システムによって、年間 2,757kg のCO2排出量を削減できます(注1)。
これは、197本のスギの年間CO2吸収量に相当します(注2)。

(注1) 1997年4月から2014年12月までの自家発電システムによる総発電量118,226kw/h に、株式会社エネット(注3)によるCO2排出係数0.443を掛け合わせ、1年分のCO2排出量を算出。

(注2) 50年生のスギが1本当たり1年間約14kgのCO2を吸収するものとして算出。(環境省/林野庁資料「地球温暖化防止のための緑の吸収源対策」より)

(注3) 電力会社変更に伴い、2013年9月以前は関西電力株式会社、2013年10月以降は株式会社エネットのCO2排出係数を適用

太陽光発電
神戸事業所