環境とともに

コージェネレーションシステムの導入

コナミスポーツクラブでは、2008年7月から、熱源となるボイラーの燃料を重油から天然ガスに転換し、CO2の排出量削減に努めています。

燃料転換は、ESCO(注1)や自社投資のスキームで、順次実施しています。

■実施施設数
8施設 (2014年3月末現在)

コージェネレーションシステムを利用したCO2削減量 最近3ヵ年の実績

 
削減量
スギの年間CO2吸収量に換算すると (注2)
2011年度
1,086トン
77,598本分
2012年度
1,374トン
98,161本分
2013年度
1,374トン
98,161本分
(注1) コージェネレーションシステム
1種類のエネルギーから、電気や熱など2種類以上のエネルギーを発生させるシステム。
ガスなどを燃料にエンジンやタービンを動かして発電し、その排熱を「暖房」「給湯」「蒸気」などに利用できます。
投入したエネルギーを余すことなく活用するため、省エネルギーを実現できます。
(注2) 50年生のスギが1本当たり1年間約14kgのCO2を吸収するものとして算出。(環境省/林野庁発行資料「地球温暖化防止のための緑の吸収源対策」より)
コージェネレーションシステムの導入
このページの上へ