• Twitter
  • Facebook
  • Google+

パワフェス2016優勝記念 プロ野球春季キャンプ地視察2017

KONAMIパワフェス2016優勝者が行く! ゲームソフト部門 坂本さん

視察担当 坂本さん(パワフェス2016 ゲームソフト部門優勝者)
取材協力 ベースボール・タイムズ(以下「BT」)
日時・場所 2017年2月18日(土)
埼玉西武ライオンズ 南郷スタジアム(南郷中央公園)

2017年2月18日、視察チームは、快晴の宮崎・南郷スタジアムに午前11時に到着。
この日は紅白戦が行われる予定でスタジアムでは、すでに打撃練習が始まっていました。

ゲームソフト部門のチャンピオン・坂本さんは、真っ先に埼玉西武の打撃陣を牽引するWBC戦士・秋山翔吾選手の元へ。
キャンプ初視察に緊張するパワフェス優勝者に対して、秋山選手が優しく、記念撮影に応じてくれました。

午後になり、いよいよ試合がスタート。 4回裏、坂本さんがパワプロ内で信頼を置く白組・浅村栄斗選手が、4回裏に2点タイムリー2塁打を放つと直後の5回表、 今度は坂本さんを温かく迎えてくれた紅組・秋山翔吾選手が、初球ホームラン! 埼玉西武主力陣の打棒が、南郷スタジアムを大いに盛り上げたのでした。

BT
初めてのプロ野球春季キャンプ視察、いかがでしたか?
坂本さん(以下、坂本)
目の前で見るプロ選手の打球は、やはり迫力がありました。特に、浅村選手の2塁打は凄かったです。
今シーズンは、山川選手が打ちそうだな、と感じました。
BT
パワプロをプレイするときは、埼玉西武の選手を、よく起用しているのですか?
坂本
12球団の対戦では、埼玉西武で戦っています。浅村選手、メヒア選手、山川選手を多用しています。
アウトコースの球でも対応可能な広角打法を使って、相手を倒すようにしています。
BT
埼玉西武が好きになったきっかけは?
坂本
小学生だった1988年、中日対西武の日本シリーズで西武が日本一を勝ちとったシーンをテレビでみたのがきっかけです。
BT
小学生以来、好きな埼玉西武選手を知り尽くして、パワプロで起用しているのですね。 ちなみに、埼玉西武の2017年シーズン開幕スタメン予想をお願いします!
坂本
1番 秋山
2番 金子(侑)
3番 浅村
4番 メヒア
5番 中村
6番 山川
7番 森
8番 呉念庭
ですかね。炭谷選手ではなく、森選手が開幕マスクだと予想します。
BT
ピッチャー陣はいかがでしょう?
坂本
菊池投手が最多勝、今井投手、多和田投手、高橋光成投手が2桁勝利して、埼玉西武が優勝ですよ!
BT
打線が強力なだけに、このローテーションがシーズン通じて機能すれば優勝の可能性が高まりますね! ところで、坂本さんがパワプロの対戦で勝つために励んでいることはありますか?
坂本
大会用に対戦相手のデータをノートに記載して、試合時には頭に叩き込んで試合に臨むようにしています。 記憶した相手の配球をもとに、どのコースでストライクを取る傾向があるのかを予想しながらプレイしています。
BT
その日々の積み重ねが、“勝利を掴みとるコツ”なんですね。普段プレイしているときと大会のときで、戦い方を変えたりしますか?
坂本
特に変えていません。遊びの段階から大会を意識して、データを積み重ねることが大切だと思っているので。 2016年大会では優勝することが出来ましたが、準備は不完全でした。2017年大会では、完璧な準備をして臨みたいと考えています!
BT
2017年大会に向けて、熱い意気込みを感じます。2016年の大会を通じて、もう一度対戦したい記憶に残ったプレイヤーはいますか?
坂本
埼玉西武ライオンズ大会で対戦したバックちゃん!さんですね。 普段は北海道日本ハムを使っているのですが、広島カープや福岡ソフトバンクも使用するプレイヤーで、打撃が上手いのが特徴です。
BT
ところで、パワフェス開催は、どこで知りましたか?
坂本
ニコ生で知りました。
BT
実際に大会に参加してみた感想は?
坂本
パワプロの大会が今までなかったので、大会への参加はとても楽しかったです。
BT
徳島から遠路、埼玉西武ライオンズ大会※に出場されたことに、大会への意気込みを感じます。全国大会出場が決まった時の感想は?
※西武プリンスドームにて開催 (現 メットライフドーム)
坂本
埼玉西武ライオンズ大会では、調子は良くなかったです。バックちゃん!さんのほうが試合内容が良かったのですが、結果として勝つことができました。
BT
勝ち上がった翌年2017年1月8日決勝大会、実際に参加した感想をお聞かせください。
坂本
素晴らしい大会でした。埼玉西武・秋山選手、北海道日本ハム・大谷選手らと直接お会いすることができたのもいい思い出です。
BT
さて、2017年大会はディフェンディングチャンピオンとして参加することになります。対戦したいプレイヤーはいますか?
坂本
今大会にも出場された、シルリンさんとカイさんですね。とにかく打撃が強い。アナログスティックの持ち方に特徴があり、配球も見事でした。
BT
2017年大会に希望することは、ありますか?
坂本
大会全体の企画は、とても面白かったです。プレイで気になったことは、モニターの遅延でしたね。 あと、ゲームシステムにおけるカーソルスピードを調整する機能について、デジタルに加えて、アナログにも対応してほしいです。
BT
KONAMIさんに伝えておきます。それでは最後に、2016年大会優勝者として、対戦するライバルにひと言お願いします!
坂本
野球ゲームでは、僕に勝つことはできない!僕を倒したいプレイヤーとの対戦を臨みます!

坂本さんは、2017年大会に向けて力強い意気込みを残して、埼玉西武ライオンズキャンプ地視察を終えました。 小学生の頃から続く埼玉西武愛、パワプロ愛を胸に、次回大会に向けての日々の積み重ねが再びスタートしたことでしょう。

福岡ソフトバンクホークス埼玉西武ライオンズ東北楽天ゴールデンイーグルスオリックス・バファローズ北海道日本ハムファイターズ千葉ロッテマリーンズ 広島東洋カープ阪神タイガース横浜DeNAベイスターズ読売ジャイアンツ中日ドラゴンズ東京ヤクルトスワローズ

一般社団法人日本野球機構承認データ提供: 共同通信デジタル

データは(株)共同通信デジタルが独自に収集したものであり、公式記録とは異なる場合があります。
提供情報は手段を問わず、いかなる目的であれ無断で複製、転送、販売等を行う事を固く禁じます。