KONAMI

学生限定!第3回パワプロアプリ ファンミーティング in 東京 イベントレポート

学生同士の交流を目的とした、パワプロアプリ ファンミーティングを3月3日(土)にKONAMI本社にて開催いたしました。
抽選で当選した方の中から、51名の学生のみなさんにご参加いただきました。

第1部:ゲームイベントによる交流会

ファンミーティングではすっかりお馴染みとなった、パワプロアプリのチーム戦「サクセス・ビンゴ・ミッション」を行いました。

まずは、チーム内による作戦タイム。ミッションが書かれたビンゴシートが3種類配られ、その中からどのビンゴシートにチャレンジするかを決定致します。
その後、誰がどのイベキャラを使用し、どの高校を使用するかを決定し、全チーム同時にサクセス開始となります。
チーム内のメンバーがどのイベキャラを持っているかによって、選ぶビンゴシートやどのミッションを誰が達成するかの役割分担が変わってくるため、この作戦タイムが最も重要になってきます。
みなさん初対面でチームを組むのがほとんどでしたが、活発に自分の持つイベキャラ情報を交換し、慎重に作戦を練る姿が印象的でした。

今回のファンミーティングでは、「超えろ30%の壁(30%以上の怪我率で練習成功)」と「狙え!甲子園新記録(甲子園で1試合4本以上のHRを打つ)」といった新ミッションが追加され、事前にスタッフを呼び目の前でチャレンジを行う形をとりました。
チャレンジは1チームにつき1回限りということもあり、特に「狙え!甲子園新記録」は今まで味わったことの無い緊張感の中でのプレイとなったようです。
あえて甲子園決勝でチャレンジして成功する方もいれば、最終打席で四球になる方や、そもそも4打席目がギリギリ回ってこない方もいて、明暗分かれる結果となり大いに盛り上がりました。

さらに、サクセス・ビンゴ・ミッションは最後の最後まで盛り上がりをみせます。「五十歩百歩(3人全員が同じ選手ランクになる)」というミッションがあるためです。
チーム内で「S2で合わせよう」などと相談しながら、選手能力を調整します。そして、みんな一緒に選手能力確定!ぴったり全員が同じ選手ランクとなり歓声があがるチームがいれば、ひと目盛り合わずにガックリするチームもあり、見ているスタッフもハラハラする展開となりました。
今までほとんど体験することのなかったパワプロのチーム戦ということで、非常に楽しんでもらえた様子でした。

第2部:立食形式による交流会

KONAMI本社から場所を変え、立食形式の交流会を行いました。 学生同士で連絡先の交換も行われており、同年代の「パワプロ友だち」がたくさん出来た様子でした。
また、パワプロ女子で盛り上がる様子もあり、今後パワプロ女子の割合が上がっていくことを予感させました。

おわりに

今後もファンミーティングの継続的な実施や規模拡大を進めていく予定です。今回ご参加いただいた方、ご応募いただいた方、ご参加を見送った方も、今後の交流イベントの活動に是非ご注目くださいね!