東日本大震災に伴う節電への取り組みについて

2011年04月28日

コナミ株式会社

コナミグループは、東日本大震災に伴う電力供給不足に対する自主的な節電を実施しており、この度、節電対応勤務シフトを5月16日から導入することを決定しました。


■節電への取り組み

(1)勤務に関する取り組み

・グループ各事業所の社員を対象に、節電対応勤務シフトを導入。(5月16日から実施予定)
  始業を1時間早め、午前8時~午後4時45分を基本就業時間とします。

・空調温度設定に対応したクールビズを推進。(6月から実施予定)

※一部適用除外部署あり



(2)オフィスでの取り組み (実施中)

・オフィス内や廊下などでの照明の減灯・消灯

・空調の温度調整の徹底

・エスカレーター、エレベーターの使用抑制、階段利用の励行(2アップ・3ダウン)

・事務機器の不使用時の電源オフ

・屋外広告灯の消灯



(3)社員への啓蒙 (実施済)

・「節電マニュアル」を配布し、職場および家庭内での節電の必要性と方法の理解を促進します。

以上