スタッフの喜びは自分の喜び コナミビジネスエキスパート株式会社 宮本真由美 特集

スタッフの喜びは自分の喜び

コナミビジネスエキスパート株式会社
宮本真由美

コナミグループ共通の専門業務を担うコナミビジネスエキスパート株式会社で、
およそ30人のスタッフをマネジメントする宮本。

営業アシスタントとして入社して以来、
カスタマーサポートなど、
コナミグループの事業活動に関わる従業員やお客さまなど、
「人」を支える仕事に従事してきました。

「営業アシスタントをしていた頃は、
一緒に働く営業担当者から褒められるのはとても嬉しいことで、
それが自分のやる気になっていました。
立場が変わった今は、自分が褒められることよりも、
スタッフが“お客さまに喜んで頂きたい”
という姿勢で仕事に取り組んでくれること、
そしてその結果、お客様からお褒めの言葉を頂き、
スタッフ自身が喜んでいる姿を見られることが、
自分の仕事の原動力となっています。」

スタッフの喜びは自分の喜び コナミビジネスエキスパート株式会社 宮本真由美

宮本の部門では現在、
男性を含む複数のスタッフが労働時間を短縮する、いわゆる時短で働いています。

時短勤務のスタッフと接していく中で、宮本はあることに気付きました。

「時短勤務のスタッフは、時間管理がしっかりしています。
自身では気づいていないと思うのですが、
業務を滞らせないようにするために周りのチーム員を巻き込んで、
仕事を円滑に進めているのです。
私は、そういう人こそ、リーダーに向いていると思っていますし、
時短勤務者の中に、役職者になれる能力を持った人が
沢山いるのではないかと思っています。」

スタッフの喜びは自分の喜び コナミビジネスエキスパート株式会社 宮本真由美

実際に宮本の部門では、時短勤務の複数名が役職者として活躍しています。

結婚・出産・子育てと様々なライフイベントによって変わる女性の働き方。
そうした変化に対応し、仕事とプライベートを両立するのは大変な事ですが、
チャレンジする気持ちは常に大切にしていたいと、宮本は考えています。

「コナミグループは働く上で、
自分を変えるきっかけを与えてくれる会社だと思っていて、
誰にでもチャンスは必ず訪れます。
その時に、やらないで後悔するより、まずは飛び込んでみる。
精一杯挑戦して、結果を見てみることが一番必要なことだと思うんです。
家庭と仕事を両立する女性のロールモデルの一つとして、
時短勤務のスタッフにはチャレンジする気持ちを大切に、
皆の手本となって欲しいと思っています。」

スタッフの喜びは自分の喜び コナミビジネスエキスパート株式会社 宮本真由美

挑戦の末につかみ取ることができる成果と喜び。

お客さまの喜びを力に変えてきた宮本は今、
スタッフ一人ひとりの笑顔のために、仕事と向き合っています。

「今こういった役割をさせてもらえているのも、
その時チャンスをくれた上司のおかげであり、
仕事を続けていられるのも、
支えてくれる周りの人達のおかげであると感謝しています。
今まではチャンスを与えてもらっていた立場だったのですが、
この役割・立場になった今は、
私がスタッフにチャンスとなる“きっかけ”を作るので、
それを足がかりにどんどんと成長していって欲しいと思っています。
頑張っていれば、その頑張りを見ている人は必ずいます。
自分のスタッフの頑張りは、私が必ず見ていてあげたいと思っています。」

スタッフの喜びは自分の喜び コナミビジネスエキスパート株式会社 宮本真由美
このページの上へ
特集一覧に戻る