2015年4-9月期 連結業績のお知らせ(IFRS)

2015年10月30日

コナミホールディングス株式会社

コナミホールディングス株式会社の2015年4-9月期における連結業績は、売上高1,077億18百万円(前年同期比109.1%)、営業利益124億44百万円(前年同期比192.1%)となりました。

税引前四半期利益は121億86百万円(前年同期比178.5%)、親会社の所有者に帰属する四半期利益は78億47百万円(前年同期比201.6%)となりました。

デジタルエンタテインメント事業におきましては、モバイルゲーム「実況パワフルプロ野球」が引き続き好調に推移するとともに、家庭用ゲーム「METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN(メタルギア ソリッド V ファントムペイン)」や、「PES 2016 - Pro Evolution Soccer -」の最新作を発売し、前期比増収増益となりました。

健康サービス事業におきましては、お客様の利用頻度に応じて選択できる料金プランや複数の施設を手軽に利用できる施設利用制度の展開を推進するとともに、“続けられる”をコンセプトにコナミスポーツクラブのサービスの拡充と浸透に努めました。

ゲーミング&システム事業におきましては、ビデオスロットマシン「Podium」及びカジノマネジメントシステム「SYNKROS」の販売が北米、豪州市場を中心に堅調に推移いたしました。

遊技機事業におきましては、新商品として人気アニメ作品を題材にしたパチスロ「ガン×ソード」や、当社グループオリジナルコンテンツ「スカイガールズ」のシリーズ最新作、パチスロ「スカイガールズ~ゼロ、ふたたび~」を発売いたしました。


1. 経営成績(連結)の進捗状況

単位:百万円
 
2015年4-9月期
2014年4-9月期
売上高
107,718
98,719
営業利益
12,444
6,478
税引前利益
12,186
6,827
親会社の所有者に
帰属する四半期利益
7,847
3,892

2. 事業セグメント売上高

単位:百万円
 
デジタルエンタテインメント事業
健康サービス事業
ゲーミング&システム事業
遊技機事業
消去
連結合計
2014年4-9月期
43,993
36,959
13,640
4,473
△346
98,719
2015年4-9月期
51,702
35,889
14,979
5,354
△206
107,718
前年同期比 (%)
117.5
97.1
109.8
119.7
-
109.1

3. セグメント損益

単位:百万円
 
デジタルエンタテインメント事業
健康サービス事業
ゲーミング&システム事業
遊技機事業
全社及び消去
その他の収益及びその他の費用
営業利益合計
2014年4-9月期
7,366
833
2,011
△829
△1,783
△1,120
6,478
2015年4-9月期
12,695
1,506
1,732
247
△1,856
△1,880
12,444
前年同期比 (%)
172.3
180.8
86.1
-
-
-
192.1

4. 2015年4-9月期の概況

デジタルエンタテインメント事業

  1. モバイルゲーム「実況パワフルプロ野球」が配信開始以降10ヶ月間で1,600万ダウンロードに到達し、事業業績に貢献
  2. モバイルゲーム「ウイニングイレブン クラブマネージャー」(英語名「PES CLUB MANAGER」)や、海外市場に向けた「Star Wars?: Force Collection(スター・ウォーズ フォース コレクション)」等のタイトルも堅調に推移
  3. 家庭用ゲーム「メタルギア」シリーズの最新作「METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN」を9月に全世界に向けて発売
  4. 発売から20周年を迎えた「ウイニングイレブン」シリーズの最新作「PES 2016 - Pro Evolution Soccer -」を9月に北米・中南米・欧州・アジア向けに発売
  5. アーケードゲームでは「麻雀格闘倶楽部」や音楽ゲームを中心とした「e-AMUSEMENT Participation」タイトル等が安定稼動
  6. 「遊戯王トレーディングカードゲーム」の世界大会を8月に京都で開催するなど、引き続きグローバルに展開

健康サービス事業

  1. 多様化するお客様のニーズにお応えするため、利用頻度に応じて選択できる料金プランに加え、フリープランの増設や回数券を通年販売とするなど、サービスを拡充
  2. 「那須ハイランドゴルフクラブ コナミスポーツクラブ 初心者用ゴルフコース」を8月に新規オープン
  3. 9月には「グランサイズ恵比寿ガーデン」を新たにリニューアルオープン
  4. ボディメイクプログラム「V-BODY(ブイ-ボディ)」やダイエットプログラム「BIOMETRICS(バイオメトリクス)」等をリニューアルしたパーソナル・トレーニングが好評
  5. ヘルスケア関連商品では、OyZスクールのお客様の声から生まれたアミノ酸飲料「ロコピン」や、女性向けに、 トレーニング直後のたんぱく質補給で、より効果的にカラダ作りをサポートする「プロテインプロ10(テン)」を発売
  6. 正しい運動方法や練習方法を「コナミメソッド」として体系化し、動画コンテンツ「コナミメソッドまとめ」を制作するなど、ブランド力強化を推進

ゲーミング&システム事業

  1. 北米市場の厳しい市場環境の中、ビデオスロットマシン「Podium」シリーズのカテゴリ拡大と市場ニーズに対応した商品を展開
  2. アジア・オセアニア市場では、「Podium Stack」を中心としたバラエティー豊かな商品ラインアップで特に成長著しいフィリピン市場を始め、マレーシア市場への商品販売が好調に推移
  3. オーストラリア・シドニーで開催されたオセアニア最大級の展示会「Australasian Gaming Expo(オーストラレーシアン・ゲーミング・エキスポ)」やアメリカ・ラスベガスで開催された世界最大級の展示会「Global Gaming Expo(グローバル・ゲーミング・エキスポ)」において初めての展示となる次世代機の「Concerto(コンチェルト)」をはじめとした豊富な商品群と最新ラインアップを披露し、オペレーターから高い評価を獲得

遊技機事業

  1. 試験方法変更後の新基準にいち早く対応した最新作として、パチスロ「ガン×ソード」に続き、2機種を発売
  2. 当社オリジナルコンテンツ「スカイガールズ」のシリーズ最新作、パチスロ「スカイガールズ~ゼロ、ふたたび~」を発売し、斬新なゲーム性を特徴に市場での稼動は好調に推移

以上

※ ニュースリリースの内容は発表日現在の情報です。予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。