2015年4-6月期 連結業績のお知らせ(IFRS)

2015年08月06日

コナミ株式会社

コナミ株式会社の2015年4-6月期における連結業績は、売上高512億2百万円(前年同期比105.3%)、営業利益64億84百万円(前年同期比186.7%)となりました。

税引前四半期純利益は68億62百万円(前年同期比235.1%)、親会社の所有者に帰属する四半期利益は42億82百万円(前年同期比259.9%)となりました。

デジタルエンタテインメント事業におきましては、スマートフォンやタブレット等のスマートデバイスに配信している「実況パワフルプロ野球」や「ワールドサッカーコレクション」シリーズを始めとするモバイルゲームが引き続き堅調に推移し、前期比増収増益となりました。

健康サービス事業におきましては、お客様の利用頻度に応じて選択できる料金プランや複数の施設を手軽に利用できる施設利用制度の展開を推進するとともに、“続けられる”をコンセプトにコナミスポーツクラブのサービスの拡充と浸透に努めました。

ゲーミング&システム事業におきましては、ビデオスロットマシン「Podium」及びカジノマネジメントシステム「SYNKROS」の販売が北米、豪州市場を中心に堅調に推移いたしました。

遊技機事業におきましては、好調な稼働を背景にパチスロ機「戦国コレクション2」の再販受注に加え、新商品として人気アニメ作品を題材にしたパチスロ「ガン×ソード」を発売いたしました。


1. 経営成績(連結)の進捗状況

単位:百万円
 
2015年4-6月期
2014年4-6月期
売上高
51,202
48,606
営業利益
6,484
3,472
税引前利益
6,862
2,918
親会社の所有者に
帰属する四半期利益
4,282
1,647

2. 事業セグメント売上高

単位:百万円
 
デジタルエンタテインメント事業
健康サービス事業
ゲーミング&システム事業
遊技機事業
消去
連結合計
2014年4-6月期
20,420
18,042
6,817
3,474
△147
48,606
2015年4-6月期
23,829
17,584
6,829
3,061
△101
51,202
前年同期比 (%)
116.7
97.5
100.2
88.1
-
105.3

3. セグメント損益

単位:百万円
 
デジタルエンタテインメント事業
健康サービス事業
ゲーミング&システム事業
遊技機事業
全社・消去
その他の収益及びその他の費用
営業利益合計
2014年4-6月期
3,613
201
1,276
△560
△839
△219
3,472
2015年4-6月期
6,449
453
636
238
△948
△344
6,484
前年同期比 (%)
178.5
225.4
49.8
-
-
-
186.8

4. 2015年4-6月期の概況

デジタルエンタテインメント事業

  1. 「実況パワフルプロ野球」が昨年12月の配信開始以降、7ヶ月間で1,300万ダウンロードを達成し、順調に収益を伸長
  2. 家庭用ゲーム「ウイニングイレブン」シリーズの最新作「ワールドサッカー ウイニングイレブン2015」(欧米向け「Pro Evolution Soccer 2015」)のゲームエンジンをモバイルゲームに最適化したクラブマネージメントゲーム「ウイニングイレブン クラブマネージャー」(英語名「PES CLUB MANAGER」)を全世界に配信
  3. 海外市場向けには、映画「スター・ウォーズ」を題材にした「Star Wars ™ :Force Collection」や「PES COLLECTION」及び「実況倶楽部」が安定した収益を獲得
  4. アーケードゲームでは「e-AMUSEMENT Participation」タイトル等が安定稼動
  5. 「遊戯王トレーディングカードゲーム」シリーズを引き続きグローバルに展開

健康サービス事業

  1. 多様なお客様のニーズにお応えするため、近隣施設と距離のある一部の施設では利用回数に上限のないフリー会員プランを設置
  2. ボディメイクプログラム「V-BODY(ブイ-ボディ)」やダイエットプログラム「BIOMETRICS(バイオメトリクス)」等をリニューアルしたパーソナル・トレーニングがお客様に好評
  3. ヘルスケア関連商品では、OyZスクールのお客様の声から生まれたアミノ酸飲料「ロコピン」を発売
  4. スマートフォン向けの「ヘルスケアアプリ」シリーズの第3弾として、睡眠の質を向上させる「快眠生活。」を配信する等、健康づくりをサポート

ゲーミング&システム事業

  1. 北米市場の厳しい市場環境の中、ビデオスロットマシン「Podium」シリーズのカテゴリ拡大と市場ニーズに対応した商品展開
  2. マカオで開催されたアジア最大級の展示会「Global Gaming Expo Asia」において「Podium」シリーズや、垂直に積み上げたリールが特徴の「Rapid Revolver」等がオペレーターから高い評価を獲得
  3. 新商品ラインナップ拡充に伴う開発及びメンテナンスサービス強化に向けた人件費増加や商品許認可費用の先行投資により費用増加し減益

遊技機事業

  1. 試験方法変更後の新基準にいち早く対応した最新作として、多彩な演出を特徴とする専用筐体「オリジナル7」に搭載したパチスロ「ガン×ソード」を発売
  2. 前期に発売したパチスロ「戦国コレクション2」が好調な稼働を受け再販受注が堅調

以上

※ ニュースリリースの内容は発表日現在の情報です。予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。